5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★この世で最も優れた思想は?★★j

1 :右や左の名無し様:04/01/19 00:42 ID:LpR3RFRN
貴方が選ぶこの世で最も優れてると思う思想を紹介するスレ

2 ::04/01/19 00:43 ID:LpR3RFRN
私は自由、平等、友愛の近代民主主義の思想が最も優れていると思う。

3 :右や左の名無し様:04/01/19 01:06 ID:???
>>2
多分、あんたの言う「近代民主主義」のうち80%ぐらいは
思想としてはリベラリズムの事だよ。

4 ::04/01/19 01:17 ID:LpR3RFRN
で、貴方はどんな思想が優れていると思うの?

5 :右や左の名無し様:04/01/19 01:25 ID:???
努力、友情、勝利。

6 :右や左の名無し様:04/01/19 01:26 ID:q3JfjXeO
池田大作=夜間短大卒=在日帰化人=元高利貸し
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1072789600/
★学会と北朝鮮がそっくりだと思う★
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1045972720/
東村山市議殺害事件
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1061174910/
【風化】伊丹十三自殺の真相【させるな】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1050498321/
拉致されても在日朝鮮人参政権かよ!
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1032391601/
■創価学会はカルト■
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1051703770/
大阪府知事【太田房江】を当選させるな!
http://society.2ch.net/test/read.cgi/giin/1070702446/

7 :3:04/01/19 01:32 ID:???
>>4
相対主義を乗り越えるのは不可能かもと思いつつ、
それを何とかかわそうとするリベラリズムしかないかなと思う。

8 :1:04/01/19 01:36 ID:LpR3RFRN
フランスの自由 平等 友愛の理念は相対主義ではない。
その思想を至高のものとするイデオロギーだ。

9 ::04/01/19 01:38 ID:LpR3RFRN
フランスが政教一致にうるさいのは近代民主主義の理念を侵害する危険があるためだ。

10 :右や左の名無し様:04/01/19 02:22 ID:haZEG2LO
阪京イズムがいま最も熱い思想です。
共産主義者・チョン・チャンコロを日本、いや地球から追い出そう(^o^)

11 :右や左の名無し様:04/01/19 02:41 ID:???
ことなかれ主義

12 :3:04/01/19 02:59 ID:???
1へ、
君の言う、「近代民主主義」と言うイデオロギーとは具体的にどんなものだ?
「自由 平等 友愛(or博愛)」とはどんな理念だ?
また、君と思想的に近い立場の思想家がいるとすれば誰だ?

君がどんな「思想」を指して「近代民主主義」と言っているのかを示してくれ。

13 :右や左の名無し様:04/01/19 03:06 ID:LpR3RFRN
フランス革命の思想をして近代民主主義と述べる。
ところで友情、努力、勝利ってなんか創価っぽいな(w

14 :3:04/01/19 03:32 ID:???
>>13
マジで?フランス革命モデルにするの?
あの人権宣言とか出しといて、自分たちがギロチン使いまくってたフランス革命を?
政教分離とは名ばかりで自分達の「思想」を「国教」として強制したフランス革命を?

それと、>>7は、
フランス革命の理念が「相対主義」だ、と言ったわけではなく(むしろ絶対主義なわけだが)
相対主義からの、「その理念は一つの価値観でしかなく、普遍的原理にはなりえない」
という反論に対して、説得力のある回答を出せる思想があるとすれば、という意味なのだが。

「フランス革命の理念である近代民主主義マンセー」なのなら、エドマンド・バークの
『フランス革命の省察』を読んでそれに対する反論を確立する事と、
ルードヴィッヒ・ヴィトゲンシュタイン の『論理哲学論考』ぐらい読んで、相対主義が
なぜ「乗り越えなければならない」のかを勉強してきなさい。

15 :右や左の名無し様:04/01/19 03:53 ID:???
フランスは国民国家すなわち「単一で不可分のフランス」を形成するための国民統合の手段として「自由・博愛・平等」というイデオロギーを用いた。
だから、このイデオロギーを信奉する限りは民族・人種の差異については比較的緩やかな対応をした。
これはドイツが血統・伝統・歴史的一体性を重んじたのと対照的だ。
両国のサッカーのナショナルチームは、それを象徴している。
フランスチームは肌の色はバラバラだが、ドイツチームは確か全員がドイツ民族によって構成されている。
国民統合の方法をイデオロギーに求めるか、血統に求めるか、どちらが好ましいかは難しいところだな。

16 :右や左の名無し様:04/01/19 03:55 ID:zTzmrJZe
>>15
戦前の日本はイデオロギーでしたな。
台湾人も朝鮮人も天皇陛下の赤子にされてしまった。

17 :右や左の名無し様:04/01/19 04:09 ID:???
>>16
内容としてはイデオロギーなのに、言葉としては血統を語ったのがいけなかっただろうか?

18 :保守を考える:04/01/19 08:23 ID:6GtO5XSg
>>15
何かサッカーについて知ったかがあるので、指摘しておくが
フランスが多様な人種をチームに入れる事ができるのは、勿論、フランス語圏の移民が
世界各地にいるからであり、例えばジダンはアルジェリア系の移民の子息であり、他の
黒人選手などもセネガルなどのアフリカ諸国及び、仏領地域(島)の移民である。
まあ、世界地図を引いて、西欧以外に仏の領土が何処にあるのかを確認し
過去の植民地の内、仏語を公用語として採用している国も併せて勉強しておいた方がよいな。

あと、独チームの『アサモア』って選手が何人なのかも知っておいたほうがよいな。

19 :仏陀:04/01/19 14:17 ID:NEJtNiTP
この世で最も優れた思想は、この世で最も優れた人に聞け。
「天上天下唯我独尊」
「この世界で自分より大切なものはない」という意味です。合掌。

20 :正義の見方:04/01/19 16:59 ID:zdOGhGDe
>>13
>フランス革命の思想をして近代民主主義と述べる。
自由、平等、友愛というのは革命思想だよ。革命が近代思想ならそれは血塗られた
思想になるのでは?そんなものローマ帝国のほうが遥かに民主的だよ。
21世紀の思想は仏教思想だよ。これほど突き詰めた平等思想は他のいかなる宗教
にもなんだ。人間どころか生きとし生けるものすべては仏になれる、これが仏性思
想です。差別はないんだし、一度滅んだインドでも仏教が見直されているんだ。階
級制度で近代化できないインドは仏教に未来を見始めているのです。
仏像の前に立つと誰でも心が和みます。奈良時代の真の仏教であり、新興宗教では
ありません。釈迦の時代に説かれた仏教です。

21 :右や左の名無し様:04/01/19 21:59 ID:LpR3RFRN
創価がうようよし始めたぞ(w

22 :19:04/01/19 22:05 ID:NEJtNiTP
創価は日蓮宗ネ。

23 :右や左の名無し様:04/01/20 00:01 ID:4p9aSCn4
>>22
厳密に言うと、違う

24 :日章丸之助:04/01/20 00:15 ID:liVHneTX
層化学会による公権力への浸透を阻止しなければ、やがては、広宣
流布、すなわち層化学会の勢力拡大にとって障害となる者は全て
「天魔」「悪鬼」として弾圧を受け排除されてしまうだろう。

日蓮正宗ホームページ
1991.11.28付 破門通告書
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/basics/pdf/hamon.pdf
創価学会では、この血脈付法の法主に信伏随従する信条を、「盲信
への強要」であると誹謗したり、また法主に対して、「二枚舌」
「悪鬼入其身」「天魔」「法滅の法主」「日顕宗」などと誹謗中傷
の限りを尽くし、本宗の命脈である唯授一人の血脈の尊厳を、甚だ
しく冒涜しているのであります。

2004年01月11日(日)
「十分政権取れる」小沢民主代表代行、公明との連携否定
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/seiji/20040111/K0011041419033.html
公明党について「宗教とイコールという感じの政党が政治を左右す
るのはよくない」と指摘。政権獲得のために民主党が公明党と連携
する可能性については「その必要は多分ないんじゃないか。民主党
といまの野党で十分政権が取れる」と否定的な考えを示した。

2004年01月13日 
【定期党大会】菅代表、国連待機部隊、憲法制定運動などを提唱
http://www.dpj.or.jp/news/200401/20040113_02kan.html
昨年の自民党総裁選と総選挙で小泉政権は大きく変質した。抵抗勢
力の代表、青木参院幹事長と手を握り、名実ともに改革政権でなく
なったことと、公明党に首根っこを押さえられた政権になったこと
だ。日本の政治が公明党を通して創価学会という一宗教団体に支配
されてはならない。このことをしっかり全国民に訴えれば必ず良識
的な保守層は自民党を離れ民主党を支持してくれる。


25 :右や左の名無し様:04/01/20 01:02 ID:r0Qo0qAg
日本でカルトが流行るのはカルトの定義がしっかりしていないからです。
カルトの定義をしっかりつけてから、対カルトについて考えましょう。

26 :右や左の名無し様:04/01/21 12:42 ID:5Q6ClVfC
団体で何かをしようとする時、様々な意見が出ます。

まず考えを打ち出すのは理想主義者。
理想主義的な意見は実現不可能な事が多いので、後に現実主義者に打倒されます。

現実主義者は、物事を実現可能な形にするのが得意です。
しかし現状に留まってしまい、そこから先の新しい考えを生み出すのは不得意のようです。

理想と現実を併せ持つことが必要になります。

理想主義は若者の発想(革新的)であり
現実主義は老人の発想(保守的)であると言われます。

両者共に良い発想を持ちます。

いくつかの意見だけでは考えが成熟し難いので、沢山の意見を取り入れて取捨し
実現実行させるのに一番良い形に仕上げなければならない様です。

現状の自分が
理想主義(革新的)寄りであっても
現実主義(保守的)寄りであっても
どんなに未熟な考えでも
とにかく意見を持つ事が大切だそうです。


自分一人の中でも、理想的、現実的な二つの極を持つ時が有りますよね。
葛藤して悩む時とか
理想:こうしたいんだけど
現実:そう巧く行かないんだよなーって感じで
そんな時、人に相談して意見を求めるのかもしれません。


27 :右や左の名無し様:04/01/21 14:10 ID:URVejLWL
こいつは正真正銘の赤だ!
http://www.tani.com/ch1_main.html

28 :右や左の名無し様:04/01/21 20:18 ID:???
>>27
ヴァッカもん!

29 :右や左の名無し様:04/01/21 20:29 ID:7FDOhIdD
周りと折り合いつけながら、だーれも痛い目みずに
世渡りできたらなぁ

30 :右や左の名無し様:04/01/22 02:57 ID:uj0YZ7B7
ウヨに思想ってあるの?

31 :右や左の名無し様:04/01/22 15:49 ID:Wbi35Mhb
誰が見ても、正しいって感じたり
間違ってるって感じることは本当に正しかったり、本当に間違ってることなのかな?
同じ考え(感じ方)の人が集まれば、自分の考えや行動に自信が持てる。
みんなそうしてるから。でも、それで良いのかな
まぁ良っか

本当に自分がそうしたいって事や本当にそう思うって事をしたい。
ちょっと間違うととんでもない我儘になちゃうから、そこは外さずに。
大きな流れから外れると「あいつ馬鹿じゃないの」って言われたり自分の中でも「自分ってダメなんじゃないかな」って不安になる。
うーん
独りは不安になる
それでも、本当の自分でやってみたい。
本当に好きな事とか、本当に嫌な事を感じてみよう。

その上で
自分を変え続けたい。自分は、いつもかなり間違えているから。
変わるって言うか、直すって感じかも。
正直、独りが辛いって時も有るけど、自律した考えを持ちたい。
面白い発想とか的確な判断が身に付くかも。あと偏見も無くせるかも。
集団でいると、排他的な偏見を持っちゃう時ってある。

精神的に成長したい。
今の自分じゃダメなんだ。


32 :キリクク:04/01/22 15:55 ID:TKC02p9N
そんなものはありません。人間が考える以上、完全な物など存在しない。


33 :右や左の名無し様:04/01/23 22:47 ID:qI+DF4PG
>>32
貴方が優れていると思う思想が無いって事?

34 :右や左の名無し様:04/01/24 13:30 ID:603453oU

 チュチェ思想 偉大なる金日成将軍万歳!


35 :右や左の名無し様:04/01/24 15:26 ID:WkJiQ3TI
「侵略は軍事力・国防力の存在を肯定することから発生する、だから全世界から
軍事力・国防力を否定してなくす不断の努力が必要なのだ。ok」

by kouei37

軍事力を必要としない平和教育を今から始めたとして、どのような教育も成果が現れるのは最低50年以上はかかる。
それまでの間は大戦を回避する為に軍事力の均衡に頼るしかない。



36 :隊士:04/01/24 15:47 ID:???
平和神軍の思想にきまり。

37 :右や左の名無し様:04/01/24 16:16 ID:???
良いか悪いかを考えなければ最も影響が
大きかった思想家はマルクス

38 :右や左の名無し様:04/01/24 23:41 ID:pgirGWeV
日本人にこの質問をして答えられる人間はそんなにいないだろうな。
思想なんか普段は何にも考えない人間の集まりだから。

39 :右や左の名無し様:04/01/25 09:20 ID:???
人間の価値判断として、思想は2番目に来る。

40 :正義の見方:04/01/25 16:11 ID:vuzXp3l6
>>39
>人間の価値判断として、思想は2番目に来る。
一番目はなにか教えてください。


41 :右や左の名無し様:04/01/25 16:21 ID:/MJpgodu
本能じゃないの?

42 :右や左の名無し様:04/01/25 17:58 ID:ql0Lnpzy
西部開拓期のカウボーイの思想。ワゴンに乗って旅をし、土地を原始取得して農耕牧畜し、
柵の中に無断で入ってくるいかなる者もライフルで追い払う。

地球に未開拓地が残っていた頃のみ許された、究極の自由思想。

43 :右や左の名無し様:04/01/25 19:40 ID:/MJpgodu
>>42
こんなんが思想か?倫理もへったくれもないだろ

44 :右や左の名無し様:04/01/25 19:51 ID:j4+wekD2
実証主義。
どんな思想も科学思想には敵わなかった。
無敵。


45 :右や左の名無し様:04/01/25 20:13 ID:/MJpgodu
科学的な命題と価値的な命題を混合しないように。
真理と倫理は違うものだ。
実証主義には真理の部分のみの思想であり、倫理の部分が抜け落ちている。

46 :39:04/01/25 20:27 ID:???
>>40
人格。といっても思想により人格も作られる。

47 :右や左の名無し様:04/01/25 20:34 ID:Rftw+rgi
>>44
ちょっと違うな。実証主義でどこら辺を指しているかにもよるけど。近現代に関してはね
形而上学は科学を避けた面がある。とくにWWT以降は(戦略的に)よりその傾向が顕著に
なった。科学技術が西ヨーロッパ文明を滅ぼしかけたから。ある種の人間主義に帰った訳。
人間の感覚とかに基づいていくわけでサイエンスの先端も押さえない。デカルトまでとは
大違いで科学をそもそも相手にしてないから痛くも痒くもないのが本音。
でもそれが問題ではある。それとか、43の如く観念論的な倫理学を信奉している手合いとかね。
実証性を放棄したり実効性のない空理空論で満足しているようじゃダメなんだ。

48 :右や左の名無し様:04/01/25 20:34 ID:j4+wekD2
科学こそ人間が生み出した最高の思想。
>>45
思想についての議論だろう?
実証主義も立派な思想だし、価値論は思想の総てではない。
価値論は哲学の一部門に過ぎない。

49 :右や左の名無し様:04/01/25 22:30 ID:/MJpgodu
価値論をふくまないで、思想なんていえるか!
何が正しくて何が悪いのかを決めるのが思想だ。
実証主義では物事の真理は決められても善悪は決められないんだよ。

50 :右や左の名無し様:04/01/25 22:32 ID:/MJpgodu
いうならば、唯物論が最も素晴らしい思想だ、とかほざいてるのと同じ。
そこには自由も平等も人間への尊厳もないな。

51 :右や左の名無し様:04/01/26 03:13 ID:???
国制のありかたを考察の対象とする政治思想のなかでは、
自由主義が一番「優れている」と思われる。
人々は実証主義を信奉していてもいいし、形而上学的合理主義を信奉してもいい。
自由に無謬性がないと言う出発点に形式上は立つけれども、
自由の内容に何を込めるかと言う点で反証可能性を受容するからok。



52 :右や左の名無し様:04/01/26 06:47 ID:???
ニヒリズム。

53 :右や左の名無し様 :04/01/26 18:16 ID:???
ストリップはいい


54 :右や左の名無し様:04/01/26 21:45 ID:48Py4nyQ
>>49
いやだから実証といってもラッセルとかを言っているのであれば論理、つまり言語だから
サイエンスでもないんで身構える程のことでもない。それもWWTの爪痕の一つに入る。
スレの最初の方で「論理哲学論考を読め」とかなんとか抜かしてた奴がいたけど、間に受け
なくていい。問題は形而上学の凋落で、どっかにあったけどマルクス主義とか、そういった
ものの付け入る隙も生まれたんだと思う。あるいは今幅を利かす法哲学的理論とかね。もう
自然と人間を繋ぐ大哲学がないもんだから法律家が出てくるわけ。そしてやけに専門的な理論
を振りかざすんだけど全部自分の造語なんだこれが..

55 : 森善朗、 『 向井って女、票になるな、ウハハ 』 鬼畜 :04/01/26 22:37 ID:???

        【 税金天国 】  酒池肉−森  【 年金天国 】

  鬼畜の所業 【 不妊の苦しみを、選挙に利用 】 森善朗、小泉純一郎

             橋本聖子、見てみぬ振り。


   森善朗 【 レイプ&不妊税 】 ← 橋本聖子を見てみぬ振り.

       子供を産まない役立たず女はレイプ。

                それでも、駄目なら、重税、強制労働。


        【 税金天国 】  酒池肉−森  【 年金天国 】


  鬼畜の所業 【 不妊の苦しみを、選挙に利用 】 森善朗、小泉純一郎

            橋本聖子、見てみぬ振り。


        【 税金天国 】  酒池肉−森  【 年金天国 】







56 :右や左の名無し様:04/01/27 23:30 ID:E+JeeA9I
真理=善と考える人間が多いが、真理に善悪はない。

ただ善悪を事象に照らして正確に判断するために真理とは何かを調べる必要がある。

真理と善悪は全くの別物である。



57 :右や左の名無し様:04/01/27 23:32 ID:E+JeeA9I
善悪は価値感の問題。

価値観は感情である。感情から善悪の価値基準が生まれてくる。

58 :右や左の名無し様:04/01/27 23:57 ID:ptYfUpcg
愛と皇室の架け橋・・・愛皇信用組合
軍国心を!愛国心を!そして、なにより相互扶助による皇室金融
貴様の為の信用組合でありたい。愛皇信用組合。
フレアイスレアイシンヨウクミアイ

59 :右や左の名無し様:04/01/28 00:30 ID:???
>>56
>真理=善と考える人間が多いが、

そんなことないと思うが。

60 :右や左の名無し様:04/01/28 00:41 ID:ld7u8X1D
科学的命題と価値的命題を混合している人間は極めて多い

61 :右や左の名無し様:04/01/28 07:15 ID:ZDVUfofw
>>1
「破滅思想」
人類は宇宙のガンです。

62 :右や左の名無し様:04/01/28 09:53 ID:al1/tiA6
老荘思想

63 :なんだかw:04/01/28 10:05 ID:0dm7TnhU
契約書の最後にある定型の文言
「おたがい誠意をもってよく話し合う」w 

これは、おたがい損をしないように良く話し合うが真髄w
なるほど、優れた思想だなと(爆

64 :右や左の名無し様:04/01/28 23:55 ID:rEwpyvDV
宇宙のガンって人類のどいうところがガンなの?

65 :右や左の名無し様:04/01/29 00:16 ID:XoQjpqzn
「価値相対主義」は何で乗り越えられなければならないのか?
多様な生き方を尊重するには優れた考え方だと思う。
 
 リベラリズムも悪くないが、当初の理念からのズレが大きすぎると思える。
個人の単なる欲求を「権利」などと聞こえのいい言葉で飾り政府の介入を招く
ようなところは感心しないな。

66 :右や左の名無し様:04/01/29 01:33 ID:SvEqCSmF
>>65
あればいいけど相対主義なんてもうないんだよ。「人権」概念一つで国連決議
出て先制攻撃出来る時代に突入してるわけ。「"人間の普遍的なあり方"が存在
する」に異論唱える勇者が(少なくとも国際政治の場で)いなくなっちゃったん
だよ。そういう世界。今生きてるのは。

67 :なんだかw:04/01/29 10:54 ID:JBkk2wQ8
>>価値相対主義
>>人間の普遍的なあり方
ていったって
ナショナリズムや宗教を一つのコンセプトに閉じこめることは
できないぜw

例えば海外に出て
・人種の事
・宗教のこと
・その国の政府の悪口

なんかは絶対的な3大タブーとして存在するじゃん
これなんか越えられない最たる物w
おたがい損をしないように良く話し合うは
トレーダー的な感覚では人類最古の考えだと思うなw

過去の歴史で価値相対主義を無視するやりかたは
スターリンやポルポトなどの手法があるけど
あまりにも悲しすぎる。

国を守る、政体を守る手法は色々あるけど
政治思想と言うことに限定すればトレーダー感覚しか
ないじゃんw 民主主義の基本的な投票による選出方法も
国民にとってはトレーダー感覚の最たる物だと思うよww

68 :右や左の名無し様:04/01/30 23:35 ID:AEnYEUdn
>>67
先進国では三大タブーではないよ。
ドイツで人種について語るのはタブーっぽいけど。
価値相対主義ってのは程度の問題だと思うが。
その価値相対主義ってのもリベラリズムに裏打ちされた価値相対主義だったりするから。
価値相対主義が守られるためには思想信教の自由、法の下の平等がなければならないでしょ。

69 :なんだかw:04/01/31 13:02 ID:Vc6DJYn2
>>68
先進国って比較価値観が無限に増殖すると
人種から発するナショナリズムや宗教が増殖した価値観に
埋没するってことだよねw 違ったっけ??

環境が危機的な状況に変動したときに中心となる思想って
やっぱ優先度が低いと思われるそれって、やっぱ全然無視できないよw

んでもって、ここでは結構、科学思想がもてはやされているけど
肝心なのは科学思想って考え方だから勘違いしないでねw つまり
実験して→再現性を検証して→確認して→真理だww
ラフにいうとこんな考え方なのね???

んじゃ最新の量子物理学で言う素粒子の動きはなんなんだw
まるっきりの、酔っぱらいが歩いているのと同じじゃないと

世界中で摩訶不思議ですねぇというのが現在のレベルで
科学の光があたっていない
つまり経験主義から考察して理論を構築する段階にあるわけ

あんがい、思想って似たようなものかもしれないねw

70 :なんだかw:04/01/31 13:09 ID:Vc6DJYn2
>>優先度が低いと思われるそれって

回りくどい言い方をしたかなw
人種と宗教は一気に優先度のトップに躍り出るんよ(爆
こんな事で苦しまないのはアメリカぐらいかな
(実体は人種暴動などが節目節目で起きて凄いけどw)
似たような国造りのオーストラリアだって
節目節目に出てくる白豪主義、これもしびれるw

だから数千年の歴史を持ってる国の意識の底流って
考えただけでもこわくない?? (爆

71 :なんだかw:04/01/31 13:34 ID:Vc6DJYn2
ごめんね。ナニゲにどんどん湧いてくるもんでw

よく米国の他愛もない小説を読んでると「俺はWASPだ」なんて
記述が良く出てくるんだよね。人種間の争いは契約で解消する
ように見えて人種的な思考法は消えていないんよw

同じように封建領主の連合政権下にあった日本が明治政府に
すんなり移行できたのはどうしって思った時があってねw
坂本龍馬を発見したんよねw
「万国公法」だったかなw 最初は偉いスケールの大きいヒトやなぁ
と思ったけど、何の事はないその本に封建領主から近代国家に
いたるパラダイム移行の可能性を発見したんだと思うんだw

法冶主義が実際問題、全体の行動を細かく規制するプロトコルと
して最高の物であるという風に世の中は変化した先駆けだったわけだ

ところが、そこまでは思想として優れていても政治思想としては
当時、非常な問題があったわけw つまり国民を喰わせて行くためには
どうすればいいのかw 具体的に言うと「富国強兵」をするための
思想がないと法冶主義では喰っていけないのが明白だからね

まぁ、喰わないと思想はかたれない重大な問題ではあるんだけどww

この喰うための思想は大久保利通の発見によって
日本はさらなる飛躍の種がまかれたとワテは思ってるけど
ちょっとずれるんで別の機会にww

まわりくどくなったけど
まず、その理想的な思想って、前提として喰っていけるのって???
ワテは大事な要素だと思うな??

お笑いな結論になったけどww

72 :右や左の名無し様:04/02/01 00:46 ID:CcDsNXX7
喰っていけるってのは大前提でしょ。
喰うことを尊重することは人命を尊重すること。
つまり友愛の精神を大切にすることになる。
人間の尊厳を尊重しない思想なんか優れてるとは思わないよ。

73 :右や左の名無し様:04/02/01 01:16 ID:7JhVFnr2
http://www.sensenfukoku.net/invite/name_b.html

スレ違いなのは良くわかってるけど
この14位って・・・・・ 石原慎太郎ってこういうの好きなのかw

74 :右や左の名無し様:04/02/01 08:38 ID:YlQAzDIo
>>73
あいつ、童貞と包茎が好きだよ(w

75 :右や左の名無し様:04/02/01 09:20 ID:7JhVFnr2
>>73
トリビアに投稿したら採用されそうw

76 :右や左の名無し様:04/02/01 13:07 ID:TblmLuqX
19世紀で国際法ってったら、もう「世界分割ルールブック」だった罠。プレイヤーは白人のみ
を想定しているから土人が読んで何処を理解したのやら..ようは欧州各国はアフリカ・
アジアで鉢合わせ争う事になったけど、それを欧州本土には持ち込むまいなという為
のルール。大切なのはヨーロッパ文明。これが万国公法のこころよ。これはWWTで躓く迄
続く。そしてアメリカが登場。アメリカはヨーロッパの「ゲーム」を理解しなかった─今も理解しな
い─このズレが今現在に繋がる。

77 :右や左の名無し様:04/02/03 19:20 ID:5/f1R39O
もし言葉が無ければ
人はもっと人を知ろうとするだろうか。
言葉は、自分の気持ちをしっかり表現できているだろうか。
「ひとつの単語に乗せる共通イメージ」

自分の気持ちを、言葉に乗せきるのは難しい。
単語が、イメージを限定してしまうから。

気持ちは、言葉で表すより早く瞬間的に発生する。
人は、この気持ちを言葉に翻訳して表現していると思う。
言葉は、気持ちを表現する二次的な手段なのかもしれない。

言葉と気持ちを完全にリンクさせていると
言葉の限定されたイメージ枠に捕われて
気持ちの広がりや可能性が失われる気がする。
でも自分だけのイメージで暮らして行くのは不可能(笑)。

時々、気持ちより先に言葉のイメージを先行させて話をしてしまう時もある。
それもまた良いかなって思う。

気持ち(心)は言葉より広く、早く発生する性質を持つ。
表現するには
沢山の単語を組み合わせて
イメージを広げ、変化させれば良い。
色を混ぜれば違う色に変化するみたいに。

混ぜ方を間違えれば
変な色になっちゃうから慎重に。

巧く表現出来る様になりたいと思う。
僕は、喋るのがとても苦手だから。


78 :右や左の名無し様:04/02/06 00:29 ID:Hijs/uTe
フランシスフクヤマはリベラリズムこそ、人類最強の思想で歴史を終わらせた思想である

と述べている。

人間の本能と社会にとって最も多くの人が共感できる思想がリベラリズムだそう。

つまり人類が生み出した現時点での最強の思想だと言うこと。

リベラリズムへの脅威としてイスラム教をあげている。イスラムファシズムだそうだ。




79 :右や左の名無し様:04/02/07 00:57 ID:vtGhAcRE
>>78
ヘーゲルはマホメット教を、目的のない忘我の熱狂で何も生み出す事がないと言ってるしね。
リベラルな民主主義ともビジネス文明とも相容れない。でもオイルマネーだけは持っている。
これは危険だ、という意見がアメリカの知識層にも共有されつつあるんでしょう。

80 :右や左の名無し様:04/02/08 11:19 ID:m+m8YsUg
おまえらに創価学会員の本音がわかる掲示板を教えてやるよ

http://jbbs.shitaraba.com/study/3764/
創価仏法研鑚掲示板

「公明党を批判する愚かな学会員」なんて超お勧め


81 :右や左の名無し様:04/02/10 00:57 ID:lcvXbvNh
イスラム狂の脅威は一時的なものだと思うが、第二次大戦のファシズムの隆盛と似たものを感じさせる。
ヒトラーが勝利する可能性が無かったわけではない。
イスラム狂も警戒する必要がある。

82 :正者:04/02/10 11:25 ID:???
アニミズム。
最も優れた思想ではなく, 唯一の正しい思想である。

83 :右や左の名無し様:04/02/10 20:25 ID:Wv+8bzVC
>>82 同感。

まあ思想というよりも思想の根幹を成すものですね。
リベラリズムとかは単なる方便の一つであり枝葉です。
何々主義とか何々の思想とかでは世は丸く治まりません。

84 :右や左の名無し様:04/02/11 03:53 ID:9IKe22ZR
思想の根幹をなすものがリベラリズム。
自由、平等、友愛の思想は、近代のリベラリズム思想の根幹であり、司法はそれに乗っ取って定められている。

85 :右や左の名無し様:04/02/11 19:06 ID:???
最も優れた思想というものは無い。
あれば、思想はこの世に一つだけあれば充分。
無いから、思想と称する妄想が多数存在するのだ。

所詮、思想というものは、天下に王たらんと欲する者が
出来るだけ多くの奉仕者を掻き集めるための道具に過ぎない。


86 :右や左の名無し様:04/02/11 21:21 ID:OZGDBCqu
禅問答みたいなのが増えてるな。個々の思想について問うている筈なのに何でメタ
ポジションからしか批判しないのか。

できないのか (´・ω・`)ソウカ

87 :右や左の名無し様:04/02/11 23:51 ID:zNJ1sFO0
だから自由平等友愛のリベラリズムがもっとも優れた思想だと。

88 :右や左の名無し様:04/02/12 00:22 ID:hYqgzoxR
フランスの国旗 三色旗は自由と平等と友愛を表している。

フランスはカルトに厳しい。セクト法というものまである。
また政教分離も徹底している。公の機関から宗教色を徹底的に排除している。
なぜか?
フランスはリベラリズムが国家の最高の思想であると考えているからだ。
リベラリズムと対立する宗教の介入は徹底的に排除するのである。
リベラリズムによる支配、それが意識的に行われている。


89 :右や左の名無し様:04/02/12 20:57 ID:???
人の自由を保証する者は、ただ一人でなければならない。
宗教の跋扈を許せば、自由を保証するする者が
錯綜し社会は混乱するだけだ。宗教(しかも複数の)による
自由の保証か、政治による自由の保証かの選択だ。
共産主義が唯一正しかったのは、宗教を排除したことだ。

90 :洩れ車=82(僭称スマソ):04/02/12 22:47 ID:???
>>82-86
 現代は, 政治思想を考え直すべき時かも知れない。そのためには思考の遊びに堕さないように注意しながら禅問答みたいな事を考える必要もある。
 F.フクヤマ氏を含む欧米(特に米)の論には「一番優れた政治思想」という考え方が顕著だと思う。敢えて「リベラリズム」という言葉を援用して言えば, 真のリベラリズムはニヒリズムを避けつつも「一番優れた政治思想」という考え方自体をも相対化すべきである。
私は「一番優れた政治思想」という言い方に終末思想(ゾロアスター・ユダヤ・キリスト・イスラム教)の影響を感じる。
ヘーゲルも, ロベスピエールも, マルクスも, スターリンも, 連合赤軍も, オウムも, 最終的な「一番優れた政治思想または統治思想」を実現するのは他でもないこの時代の他でもない我々だと思っていた(選民思想あるいは選「時」思想)。
 終末思想が絶えず「自分或は子の世代の内に理想郷を実現しよう」という意欲の元となって現在の繁栄を築いたであろう点は否めない。
 希臘思想・印度思想・支那思想には終末思想の影響がない或は少ない。「当面優れた政治思想」という考えがあってもいいのではないだろうか。当面と言っても1年や2年では困るが。
様々な「当面優れた政治思想」同士を闘わせて, その中から「100年以上保つ政治思想」が現れればそれはそれで結構な事だ。
 その為には現行の政治思想を俎上に載せて一旦分解する必要があるかも知れない。捨て去るのではなく再利用だ。その時にはアニミズムが役割を果たす。ヘーゲル(やマルクス)の弁証法のダイナミズムはアニミズムに立脚すると言っても良いと思う。

 尚, リベラリズムと資本主義が鋭く対立するものかも知れな点については:
> 608 名前:奴隷の国家 序文 関曠野 投稿日:04/02/03 01:54
> 著者:ヒレア・ベロック
> 訳者:関 曠野
> 発行:太田出版
> 定価:2000+税
> ttp://www.geocities.co.jp/WallStreet/4041/seki/doreij01.html

91 :右や左の名無し様:04/02/13 02:11 ID:DuthWmnm
アニミズムって何?

92 :右や左の名無し様:04/02/13 02:18 ID:DuthWmnm
最も優れているというのは現時点でということ。
未来永劫優れているということではない。

そもそも人間が認識できる概念などたかがしれている。
認識能力の限界の中で善悪を判断していかなければならない。

宗教の問題点は絶対の教義があることだ。聖書、コーラン、経典など。
絶対の真理であり、絶対の倫理がある。
最も優れた思想という概念は宗教ではない。
あくまでも感情的にどの思想に一番共感できるかということである。



93 :右や左の名無し様:04/02/13 16:06 ID:qUyx9o+O
トトロ見て泣けるかということですか?

94 :洩れ車:04/02/13 22:38 ID:???
↑そう。それ非常に重要。詳しくは後述。

95 :右や左の名無し様:04/02/14 01:23 ID:iAvaEo4x
倫理は感情によって作られる。
感情から始まる善悪の判断を論理的に展開していくのが倫理学だ。

96 :右や左の名無し様:04/02/14 13:04 ID:dBpGcO7i
このスレ落ちたの?

97 :右や左の名無し様:04/02/14 20:10 ID:h7MR05Hh
■創価学会はカルト■
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1051703770/
東村山市議殺害事件
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1061174910/
『5名暗殺依頼密会ビデオ』
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1075393059/
【風化】伊丹十三自殺の真相【させるな】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1050498321/
池田大作=夜間短大卒=在日帰化人=元高利貸し
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1072789600/
拉致されても在日朝鮮人参政権かよ!
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1032391601/
★学会と北朝鮮がそっくりだと思う★
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1045972720/

98 :右や左の名無し様:04/02/15 00:20 ID:fmKoOvEk
自分がどんな思想が優れてると思うか語るのは非常に良いことだ。
自分が依拠しているアイデンティティーを理解することになる。
また他人を理解することにもつながる。

99 :右や左の名無し様:04/02/18 23:37 ID:RBaQHpLf
虚無主義

100 :右や左の名無し様:04/02/19 00:05 ID:???
>>99 小泉虚無子(KYOM^2)(c)須賀原洋行

101 :右や左の名無し様:04/02/21 01:51 ID:81xvA0ft
ウヨ公はどんな思想が最も優れてると思ってるのかな?

102 :大日本報靖會:04/02/21 09:13 ID:???
国学とか、三島由紀夫先生の文化防衛論とかだ

103 :右や左の名無し様:04/02/21 12:00 ID:???
主体

104 :右や左の名無し様:04/02/21 13:40 ID:81xvA0ft
いや人間革命だよ

105 ::04/02/21 22:55 ID:cUB4Cjsd
この世で最強・最良の思想は、マキャヴェッリの『君主論』である。

106 :右や左の名無し様:04/02/21 23:31 ID:2YYEmMfq
リベラリズムの圧勝だな。

107 :右や左の名無し様:04/02/21 23:37 ID:???
どの思想が優れているか述べるなら
なぜその思想が優れているか理由を述べるべきだと思う。

108 ::04/02/21 23:53 ID:cUB4Cjsd
思想には「目的」としての思想と、「手段〜(或は)過程」としての思想とがある。
孔子の云っているのは「目的」としての思想ばかりである。がから空論となる。
西洋(このコトバの解釈は改めて)では、「手段」としての思想が多い。
日本人は、無邪気にも、西欧思想を何でも「目的」だと思い込んでいる。
例えば、‘民主主義’は単なる手段に過ぎない。
(しかし、自由は目的である)
マキャヴェッリは冷静にも、目的と手段の区別をハッキリさせていた。

109 :右や左の名無し様:04/02/21 23:57 ID:???
おっと。。。

110 :Y:04/02/21 23:58 ID:cUB4Cjsd
そこで、“平和”は「目的」か、「手段」か?

111 :右や左の名無し様:04/02/22 00:02 ID:/Az4sZYj
手段に決まってんだろ。

人間一人びとりが自己実現を達成させるには、
国家間の争いはやめるべきである。

112 :右や左の名無し様:04/02/22 00:03 ID:CU2A3nRe

女性が「泥棒!」…無実?の68歳男性“ショック死”

 三重県警四日市南署は、同県四日市市内のスーパーで、今月17日に「泥棒」と叫び声を挙げた、
子連れの女性を捜している。「泥棒」呼ばわりされた男性(68)は、買い物客に取り押さえられた後に
死亡したが、防犯ビデオの分析などから、何ら犯罪行為をしていない可能性が強いという。

詳しくは、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040221-00000303-yom-soci
(2004/2/21/11:17 読売新聞 )

■こういう糞女には、ちゃんと責任取らせないとだめです。
 被害者の男性は、犯罪者の汚名を着せられたまま亡くなったのですよ。その無念を想像してください。

三重県警察本部059-222-0110 四日市南警察署0593-55-0110

https://www.police.pref.mie.jp/SITE1PUB/servlet/enquete.EnqueteForm/5
三重県警ご意見BOX
http://www.npa.go.jp/goiken/index.htm
警察庁ご意見箱

113 :Y:04/02/22 00:05 ID:Vr/pUkXr
>>111さん江
「平和」のウサン臭さを考えたこと、ありますか?


114 :111:04/02/22 00:08 ID:/Az4sZYj
>>113
Yさんが言いたいのは平和自体が目的に終始しては
いけない、ということだろ。

それはそのとおり。

115 :右や左の名無し様:04/02/22 00:16 ID:???
ごめんなさい「目的の思想」「手段の思想」という意味が
よくわからないんですが?

116 :Y:04/02/22 00:16 ID:Vr/pUkXr
平和憲法〜平和憲法とばかり云っている輩がいる。
どこの世界に「戦争憲法」なんてあるものか!

117 :右や左の名無し様:04/02/22 00:23 ID:O9my4M9Z
呼んだ?
俺がその輩とやらだと思うんだが。
朝日読んでるしね。

118 ::04/02/22 00:33 ID:Vr/pUkXr
>>115さん江
目的と手段は入れ子状態になっています。
手段→目的ならば、今度はその目的が「手段」となり→目的を目指す。
例えば、マルクスは、必然の王国から自由の王国へ・・・という。
彼の云う自由の王国とは、“能力に応じて働き、必要に応じて受け取る”
である。
その手段として、先ず‘プロレタリア独裁’を想定する。その基礎は
労働価値説・唯物史観であった。
手段→目的=手段→目的=手段→目的
となっている。その限りでは、「目的合理性〜整合性」であった。
しかし、どこかに間違いがあった。

119 :117:04/02/22 00:36 ID:O9my4M9Z
平和憲法、実に結構じゃないか。
日本には現に自衛隊もある。
ただ、あくまでも自衛で他を攻めたりはしません、
つー事だろ?
何でいけないんだ?

120 :右や左の名無し様:04/02/22 00:38 ID:???
成るほど。
では孔子の思想が目的の思想であったとはどういう意味でしょうか?
孔子も手段→目的という意識はあったと思いますが。

121 :洩れ車:04/02/22 00:41 ID:???
>>108
「手段」「目的」には禿同だが、孔子は汗をかくべき時の政治思想も歌を歌うべき時の政治思想も共に持っていた。民主主義は、畏ろしいことだが、自壊を派手にして大いに汗をかくための手段としての政治思想だと私には思われる。

122 :洩れ車:04/02/22 00:43 ID:???
>>108
「手段」「目的」には禿同だが、孔子は汗をかくべき時の政治思想も歌を歌うべき時の政治思想も共に持っていた。民主主義は、畏ろしいことだが、自壊を派手にして大いに汗をかくための手段としての政治思想だと私には思われる。

123 :右や左の名無し様:04/02/22 00:43 ID:Vr/pUkXr
117さん江
>あくまでも自衛で『他 を 攻 め た り は し ま せ ん』<
これがウサン臭いのである。

124 :右や左の名無し様:04/02/22 00:47 ID:O9my4M9Z
>>123
何で?
インテリはもったいぶっていかん。
ズバッと鋭でぇ解説ヨロ。

125 :洩れ車:04/02/22 00:51 ID:???
携帯の操作ミスで二重カキコスマソ。以前のトトロ云々については講談社現代新書の『道徳を基礎づける』を御覧下さい。アマゾンで探せば寸評か要約があると思います。

126 :117:04/02/22 00:53 ID:O9my4M9Z
そもそも今度のイラク派兵で揉めたのも、
本来自衛しかしないはずの自衛隊を送らなきゃならなかったからだろ?


127 :Y:04/02/22 01:16 ID:Vr/pUkXr
そもそも、どこまでが自衛で、どこからが攻撃か、その判断がむづかしい。
攻撃は最大の自衛だ、とも言われている。
自衛隊の派遣云々の良否は別として、送った以上は何事も責任と自信を持って
勇敢に対処してもらいたい。国民は(そしてマスコミは)、死傷者が出れば、
重箱のスミをほじくるようなことを論じるつもりでいるのだろうか!?
多分、エセ紳士のマスコミは、そう言うだろう。
もし帰ったら、日本〜日本人は世界の笑いものになるだろう。
西欧には、ちゃんと「騎士道」があるんだから・・・。
“帰って来い”と論評するだけで、笑いものになるだろう。〜多分

128 :右や左の名無し様:04/02/22 01:20 ID:/Az4sZYj
>>127
死んでも帰さないって。。。狐鼠が(w

129 :洩れ車:04/02/22 01:23 ID:???
>>102
私は我が国日本の江戸時代の文化は結構良かったと感じているのでこれを防衛してほしい。そのためにはユダヤ教のように律法化しておけば国土や国民が迫害を受けても、生命力があればいつの日にか蘇るかも。ただ日本の文化は律法化を最も嫌いそうなので困難なのだが。

130 :Y:04/02/22 01:33 ID:Vr/pUkXr
イラク派兵絶対反対ならば、なぜ嘗ての60年安保闘争の時のように、
国民挙げての反対運動が起こらなかったのか。また、起こす力がなくなったのか。
このことを冷静に反省してみるべきだ。
自分の「力」なさを棚に上げて、キレイ事ばっかり並べても説得力が無い。
時代が変わったのだ。

131 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/02/22 01:35 ID:lu6L1Mr/
>>1
最悪がマルクシズムとだけはいえると思うけどな。

132 :右や左の名無し様:04/02/22 01:51 ID:???
また低脳がきた……

133 :右や左の名無し様:04/02/22 02:03 ID:???
♪世界で一番優れた民族
 アクタ、アクタ、共和国〜
…を思い出した。

134 :Y:04/02/22 02:13 ID:Vr/pUkXr
思想の優劣もだが・・・
例えば、板前と材料の関係と見ればよい。
良い材料(思想)を、腕利きの板前(思想の実践者)が料理すれば最高。
少し古い材料でも、優秀な板前ならば、使い道を考えてナマでなく、煮物にしたりする。
下手な板前間ならば、たとえ新鮮な材料でもアジナイ料理にしか仕上がらない。
腐りかけた材料を下手な板前が料理したら、話にならん。
そんなもんだ。
マルキシズムでは、板前がバカだった。

135 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/02/22 02:16 ID:lu6L1Mr/
板前はあまた。全て失敗した。

ネタが腐っていたら、誰がやろうが一緒。

136 :117:04/02/22 02:21 ID:O9my4M9Z
>>127
騎士道つーのは情緒的過ぎやしねーかい?
別に頑張ってる現場の人間を非難はしねーけどさ。
やっぱ、行くように命令した奴は犠牲者がでれば当然非難されるんじゃねーの?
外人に笑われるとか何とかっつーのはちょっと・・・。
思想とか言う以前に死ぬのも怪我するのも他人だろ?
そこいらは外野たる俺等は当然気を使わにゃいかんと思うんだ。
笑われるとか何とかを気にして他人が死んじまったら責任取れんしなあ。

>>130
運動とか言われても普通の人にゃ無理なのでは・・・。


137 :120:04/02/22 02:22 ID:???
>>135
成るほど。奥が深い言葉ですね。
良かったらぼくにも答えてやって

138 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/02/22 02:24 ID:lu6L1Mr/
>>137
120だけ読んでも意味わかんない。

139 ::04/02/22 11:51 ID:DkzrpVZh
>>136
西欧=西ヨーロッパ(Occidennt)の「騎士道」や日本の「武士道」も、立派な思想です。
(映画「ラストサムライ」を見よ)
西欧は「罪の文化」、東洋は「恥の文化」とヨク云われますが、西欧にも恥はあった。
ただ、嘗ては恥は罪の中の一つだった。それをベネディクト女史が罪から分離して、
一つの文化とした(『菊と刀』)。この事は、西洋では高く評価されています。
というのは、古典(古代ではない)ギリシャ文明は「恥の文化」といわれています。
(ドッズ『ギリシャ人と非理性』みすず書房刊)
封建社会における騎士道は、中世カソリックの影響を多分に受けていますが、
ギリシャ文明の産物です。騎士道と恥は一体です。日本人は戦後、武士道精神を
忘れてしまった。
ハリウッドに教えられて「武士道」を思い出すなって、ナサケナイ。

140 :右や左の名無し様:04/02/22 11:54 ID:0zosedsT
なにを以って優越を競うのか?

失敗がないとかでなら保守主義だ。共産は成功したためしがない。

http://nycc.hp.infoseek.co.jp/

141 :右や左の名無し様:04/02/22 16:18 ID:???
>>140 あれ???1945年8月15日に失敗したのって??

142 :右や左の名無し様:04/02/22 16:48 ID:4MJZzpmm
・悪人正機説
・永劫回帰説
・ド・イデやグリュンドリッセのマルクス(所謂、マルクス主義と違う)

この辺は、マジで凄い。

143 :右や左の名無し様:04/02/22 16:53 ID:OLZe5rL2
>>140-141
失敗してもしても、蘇るのが保守主義だ。そう。人間は理性外の慣習
に縛られ、それは革命で変革しきれないものだからだ。フランスを見よ、
ソ連を見よ。共産主義の失敗とは、かかる慣習を物質的基礎の変化で
「容易に」変革できると幻想したからだ。

まあ、レーニンはそれに気づいたようだけどね。

144 :Y:04/02/22 22:31 ID:MMnUKCdj
思想は文章に書かれたものだけが思想ではない。音楽や絵画も思想である。
絵画について、各々の世紀に描かれたものを選んでみよう。
☆17世紀=レンブラント「夜警」 ここには、資本主義の精神が潜んでいる。
                 勿論、レンブラントもプロテスタントであった。
☆18世紀=ゴヤ「マハ」 18世紀の芸術・文芸の代表として。
☆19世紀=モネ「日の出:印象」 絵画の思想を根本から変えた。フッサールの現象学は、
                 哲学における印象派ではないか?
☆20世紀=ピカソ「ゲルニカ」 激動の、戦乱の象徴。彼は共産党員だった。
  さて、21世紀の代表作は?〜これから・・・。 

145 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/02/22 23:01 ID:lu6L1Mr/
>>142
>・悪人正機説
善人なをもて往生をとぐ。いわんや悪人をや。
善人(金持ち。寺院を建立・寄進できる人)が往生できてあたりめー。悪人(貧乏人。
殺生をなりわいとするヤシら) が往生できてこそ仏の教え。つーくらいしかおりは
知らん。

>>144
>☆20世紀=ピカソ「ゲルニカ」 激動の、戦乱の象徴。彼は共産党員だった。
やっぱそうか。どーりで関口宏が思い入れたっぷりだった。けど、ほかはイデオロギー
希薄では?

146 ::04/02/23 00:28 ID:+uQbhIPW
>>145
*「善人なおもて・・・」も親鸞のキーワードだが、同じ『歎異抄』にある
“念仏は、まことに浄土に生まるるたねにたやはんべるらん、また地獄におつべき
業にてやはんべるらん、総じてもて存知せざるなり・・・”は、カルヴァンの「予定説」に
似ているような気がする。

*政治的なのはイデオロギーの、ほんの一部だ。プロテスタントの倫理は、近代資本主義に
おおきく係わっている。

ところで、Hiroshi SEKIGUCHIって誰?

147 :Y:04/02/23 00:40 ID:+uQbhIPW
>>146の追加
悪人を新約聖書:マタイ伝第五章‘山上の垂訓’にある心の貧しき者とすると、
“幸福(さいわい)なるかな、心の貧しき者、天国はその人のものなり。・・・”とある。
キリスト教と浄土真宗は、非常によく似ている。

148 :右や左の名無し様:04/02/23 01:11 ID:POSsoAwV
宗教まで出てくるなんてイカシタスレになってきたね

149 :Y:04/02/23 01:31 ID:+uQbhIPW
宗教は最大の思想である。最優か最悪か、どちらかであろうが・・・最大であることには違いない。


150 :大日本報靖會:04/02/23 01:41 ID:???
確かに淨土眞宗大谷派は、米國追隨の自衞隊イラク派遣に
反對するなど、いいことを言ってゐるな

151 :洩れ車:04/02/23 02:49 ID:???
>>131
一番最近否定されたものが生贄となって最悪の座につく。マルクス主義が生贄の王座から降りる日はどの様にやって来るのだろうか。

>>142 >>145-146
親鸞は弟子一人(いちにん)も持たずさふらふ。
親鸞は念仏すべきかどうかさえも、めいめいが選ぶに委せ、折伏もせず徒党も組ませなかったが、それでは大衆運動にはならないという悩みを持つ。
2ちゃんは一定(いちぢゃう)棲み家ぞかし。

152 :右や左の名無し様:04/02/23 03:31 ID:???
>>142がその三つ出してるのは偉い。

ま、ニーチェは偉いが、右翼用だw
あとの二つはもっと取り上げられていい。
つくづく吉本と広松も大したもんだと思う。

宗教否定までいきつく親鸞は思想者の極北でしょ。
蓮如のせいで、教祖の風呂垢呑むようなカルトになったけどさ。

153 :右や左の名無し様:04/02/23 09:46 ID:???
>>134
>マルキシズムでは、板前がバカだった。
材料に含まれている毒を無視したから。
板前の腕とは関係無い。
材料の毒を見抜けなかったのだからバカなのかも知れないが。

154 :女子少年憲兵隊:04/02/23 10:47 ID:???
この世で最も優れた思想は? それは わたしです。


155 :右や左の名無し様:04/02/23 13:49 ID:Nz2IIn2i
>ニーチェ >マルクス主義 >ナチズム

すべて、ドイツ製の電波。
20世紀において、ドイツ製毒電波の罪は深い...

156 :117にゃ:04/02/23 14:07 ID:3TGCKExv
>>139
その思想とやらは人命より重いのかにゃ?
自分の命ならば重いという局面もあろうにゃ。
でもかかっているのは他人の命だにゃ。
俺の言いいたい事はは観念と実在の乖離と言う事なんだが、
問題は観念を唱える者と
実在、すなわち命をかける者が異なると言う事なんだにゃ。
他人の命より価値のある思想が君の中にはたしてあるかにゃ?
俺の意見では自衛隊は国土が危機にさらされる状態になるまで動くべきではないにゃ。
国土の危機とは俺流の解釈では、
彼らが敗れれば俺たちが銃なり包丁なりを取らざる得ない状況という
意味にゃ。
自分が損をする、言い方を変えるなら多少の国益など損なってもかまわない。
と、いう覚悟が国民になければ自衛隊という職業はずいぶん貧乏くじな職業に
なってしまうと思うのにゃ。
君の言う武士道や騎士道では、この世で最も優れた思想と呼ぶには
いささか弱いと思うがどうだろうにゃ?


157 :117:04/02/23 14:17 ID:3TGCKExv
でも、そのナチと組んだのは日本だったりして・・・。
マルクスやニーチェの本も本屋にイパーイあるし・・。
そんな、悪し様に言わんでも・・・。


158 :117:04/02/23 14:19 ID:3TGCKExv
連続投稿ごめん
157は155へのレス

159 :右や左の名無し様:04/02/23 15:18 ID:???
巨乳至上主義。
愛とボインは地球を救う。
シーモネーターか誰かが言ってたな。。。

160 :右や左の名無し様:04/02/23 21:08 ID:CZ7B8AII
>>156 にゃ さん江
このスレは政治思想のスレです。政治においては、心情倫理よりも、責任倫理が貫徹います。
政治においては“命は地球よりも重い”のような、お涙頂戴式は通用しません。いのちは、
いのちと比較すべきでしょう。
人の命の尊さ〜云々という人に限って、テロの無差別殺戮には見てみぬ振りをします。イヤ、
頑として口をつむります。
そして、己はヒューマニストづらをしています。かかる人は、個人としては尊敬されようとも、
政治の世界では、俗物紛々たる以外の何者でもありません。
心情倫理の世界では、“悪しき者に、手向かうな。人もし汝の右の頬を打たば、左をも向けよ”
ですが、
責任倫理の世界(政治)では、“悪しき者に、手向かえ。さもなくば、汝は悪の共犯者とよばれる
であろう”です。
(これは誰の思想か、もうお分かりでしょう)


161 :117でござる:04/02/23 22:58 ID:a3ZxTj9q
いやいや、拙者、確かに左よりの朝日読者では御座るが決して心情倫理
を述べているのでは御座らぬ。
実を言えば>>160殿のおっしゃる事は実によくわかるので御座るよ。
確かに左よりの論調は事実に倫理を絡めて語ろうとする。
ある意味では事実を歪めているので御座るな。
しかし、で御座るよ。
右よりの論調にも問題があるので御座る。
彼らは余りにも安易に「日本」または「日本人」という単語を使いすぎる。
まるで日本国を擬人化しているようでは御座らぬか。
時としてそれは「れとりっく」であるべきものを既成の事実の様に取り扱って
いるように思えるので御座る。
で、あるから自衛官の個々人の肉体、命というものを指摘したので御座る。
実存、己の肉体と他人の肉体を意識しつつ観念の世界に雄飛する。
これが(如何なる方向を指向しようとも)理想の思想と言うべきものでは
御座らぬか?

つまり、拙者には左の欺瞞性、偽善性もわからぬではないが、
右のいわゆる軽っぽさも鼻につくので御座るよ。


162 :わしゃ117:04/02/23 23:06 ID:a3ZxTj9q
ちなみにわしはヒューマニズム、
言い換えるなら建前といういものは大変重要じゃと思うとうけん。
政治家やジャーナリストが本音を丸出しにしたら国民は、
はぁよお付いていかれんのじゃないかのぉー。
やっぱ、基準というか、光が無いと影もないけーのぉ。


163 ::04/02/23 23:44 ID:CZ7B8AII
>>161 >>162 さんの言われる、建前の奥の本音を察知することの重要性はわかります。
私は決して建前を軽蔑はしていません。ただ、
“政治の理想がイコール「倫理的な」(あるいはヒューマンな)理想だ”と思いこんで、
さらに、それが安直に、“「幸福=平和」をもたらす・・・”と無邪気に決め付けてしまう事
に反発するのです。
それから、日本や日本人という‘コトバ’に(それ自体に)、アレルギーを官じる〜と云われれば、
反論の仕様がありません。
世の中は皮肉なもので、単細胞な人が案外奥深く、複雑な人が妙に底の浅い場合があります。


164 :117:04/02/24 00:43 ID:b+rUvQA5
>>163
はっはっは、まあ、そんなに尖がらずにさ。

>日本や日本人という‘コトバ’に(それ自体に)、
>アレルギーを官じる〜と云われれば、

僕はアレルギーなんか感じていないよ。
ただ、全体は個人の集合だが必ずしもその逆は 成り立たないって事。
僕は会社員だ。
だが会社は僕じゃない。
しかし、レトリックとして僕は会社そのものであるように
振舞わなくてはならない事もある。
でも、その事で会社の力を僕の力であると錯覚するのは
間違っているだろ?
また、会社がまるで自分の所有物あるかの如く僕を扱うのも、
また、誤りなわけだ。
この、ニュアンス、わかるかな?


165 ::04/02/24 00:43 ID:CC4AIer4
“古典は読まれず。ただ誤解されるのみ”その良い例がフロイトである。
マキャヴェッリもそうだ。
そして、ホッブスの『リヴァイアサン』が、このスレに出てこないのが
不思議である。
それから、‘誰か一人、忘れていゃしませんか?’〜だ。

166 :右や左の名無し様:04/02/24 12:16 ID:i5xc8tg6
マキャベリ─ホッブズを話題に挙げなかったのは多分地味になるからだと思うよ。
ホッブズは絶対王制のイデオローグとされてるが、ルネサンス期のリアリズムを
残していた最後の哲学者でもあった。彼が凄いと思うのは政治的現実の中で「出来
る」事しか書いてない事だね。理念的にものを付加したい欲求に駆られただろうに。
それが一切ない。性悪な人間が「出来る」事だけでコモンウェルスを作る方法を導び
こうとする。そこに幻滅も期待も見られない。ストイックそのもの。

167 ::04/02/24 19:35 ID:8Kx0k1KS
161@>「れとりっく」であるべきものを既成の事実の様に取り扱って
いるように思えるので御座る。
164A> 会社がまるで自分の所有物あるかの如く僕を扱うのも、
また、誤りなわけだ。
以上2つは、丸山真男がいつも使うレトリックですネ。勿論、私は丸山真男に
魅力を感じます。「ナチス」の見方も柔軟性があります。
でも、中村雄二郎が丸山に魅力と同時に、違和感を感じるのも、この点です。

@かかるレトリックを使うのが、他ならぬ彼です。
Aここでは、「所有物」というコトバが問題です。これこそレトリックです。
 もっと適切なコトバがあるのに。彼が使った場合、人はこのようなコトバに
 惑わされるのです。
ヨク人は、丸山真男をアカデミックの権化の如く云いますが、私の感じでは、
ジャーナリスティックな面があります(勿論、アカデミズムはしっかりしていますが)。
人は彼のジャーナリズムを、アカデミズムと勘違いしているようです。


168 :右や左の名無し様:04/02/25 04:28 ID:???
>>160
>責任倫理の世界(政治)では、“悪しき者に、手向かえ。さもなくば、汝は悪の共犯者とよばれる
>であろう”です。
何時頃から?知らんな。
“我が利のためなら悪魔とでも手を組め。我が利に仇なす者は神と
言えども欺け。さもなくば無能者と呼ばれるであろう”でなければならん。

169 ::04/02/25 20:18 ID:VzJUn/A7
>>168“我が利のためなら悪魔とでも手を組め。我が利に仇なす者は神と
言えども欺け。さもなくば無能者と呼ばれるであろう”

これは、マキアヴェッリですか?
マキアヴェッリは、“目的のためならば、手段を選ばず”と、云ったことになっています。
しかし、『君主論』では、そんな露骨なことは書いてありません。ただ、善悪を抜きにして、
論理を展開しています。
Mヴェーバーは『職業としての政治』に、
“善は善のみを生み、悪は悪しか生まない〜と考える事ほど、馬鹿げた
事はない”と、云っています。

170 :洩れ車:04/02/25 20:26 ID:???
>>168
為政者は嘘泣きでも良いから「泣いて馬謖を斬る」必要がある、と。しかしそれが却って失敗の場合もあるのは酒見賢一『墨攻』の通り。人心はかくも量り難し。

171 ::04/02/25 20:52 ID:VzJUn/A7
日本共産党は今でも堂々と「マルクス・レーニン主義」を標榜しています。
それはそれで立派です。これ以外に左翼はありません。他は全て「擬似左翼」
です。
少し左がかったぐらいが、現代のファッションと思い込んでいる似非リベラリスト
は厄介です。彼らのキーワードは「甘え」です。彼らは、
@アメリカ大嫌い
A天皇?〜関係ねェーよ
Bおフランス様さま
の三点セットです。一つ一つコメントしますと、
@=何を云ったて、最後はアメリカが守ってくれるんだ・・・という甘えです。
A=何故、正々堂々と共和制を言わないのか?姑息です。
B=JMケィンズの『講和の経済的帰結』を読め。結果的にナチスを生んだのは
  フランスの全権:クレマンソーではないか?(大一次世界大戦)
  また、マリアンネ・ヴェーバーの『Mヴェーバー伝』には、Mヴェーバーが
  如何に疲れ果てて講和会議から帰ってきたかが、綿々と書かれています。



172 :右や左の名無し様:04/02/25 22:09 ID:wk4d6JmR
>>171
Bは該当しない。

Aについては、共和制移行支持。

173 ::04/02/25 22:34 ID:VzJUn/A7
>172さん個人の問題ではない。
わが国では、ハッキリ「共和制」を党公約に掲げている政党がないじゃないか。
きっと、今は重要な問題ではないから、党公約にしない〜といって逃げるのだ。ズルイ!
しかし、憲法(彼らのいう、いわゆる「平和憲法」)を改正しなければ出来ない問題だ。
>172さんは、憲法改正に賛成ですか?

174 :右や左の名無し様:04/02/25 22:38 ID:wk4d6JmR
>>173
>172さんは、憲法改正に賛成ですか?

勿論。

175 ::04/02/25 23:39 ID:VzJUn/A7
近い将来、自民党・公明党・民主党は、そろって憲法改正に進むでしょう。
当然、2/3は超えるでしょう。何らかの形で、第9条は変更されるでしょう。
その時、嘗ての60年安保闘争のような、大々的な反対運動は起こるでしょうか?
今現在、それだけのパワーがあるでしょうか?
たぶん闘争には“関係ねェ〜ヨ”とそっぽを向くでしょう。(学生も労組も)
60年安保では、高校生までデモに参加した。これも一つのファッションだった。

何であれ、ファッションは「生の力」です。だから、それは思想です。


176 ::04/02/26 04:37 ID:???
この世で最も優れた歯槽=拝金主義

177 :右や左の名無し様:04/02/26 06:54 ID:???
>>169
>そんな露骨なことは書いてありません。ただ、善悪を抜きにして、
>論理を展開しています。
真実=露骨?率直=露骨?露骨=悪?
善=誰かにとり都合が良い、悪=誰かにとり具合が悪い、ってだけのことでしょう。
善悪を抜きにするのは、その『誰か』を明確にしたくないか
『誰か』は明示する必要が無いほど明らか、のどちらかでしょう。
得失が誰のものになるのか不明確な論ほど怪しいものはありませんな。
誰にとっても等しく、都合が良いこと、具合が悪いこと、などありませんからね。
マキャベリの言ったことは、マキャベリには最も具合が良かっただけでしょう。

178 :右や左の名無し様:04/02/26 18:52 ID:???
まぁ、この世で最もモテる歯槽は法華経で決まりな訳だが..

179 ::04/02/26 21:24 ID:Ai3B54Yh
>>177
まァ〜一度、マキアヴェッリ『君主論』を読んでみる事だなァ。

>>176のZは、俺(Z)と違うぞォ〜。
拝金主義は、チョットこっちへ置いておいて、カネで幸福は買えないとしても、
お金で人間の「不幸」は回避できる。(完全とはいわないが・・・)
お金の循環によって、人間の不幸を限りなく小さくするのが経済学=厚生経済学
である(消極的には)。
そういう意味では、オカネは有難いものです。

180 ::04/02/26 21:30 ID:Ai3B54Yh
追伸
>>177さんは、「善〜悪」と「正(合)〜誤(非)」を混同している。

181 :右や左の名無し様:04/02/26 22:52 ID:???
>>180
>「善〜悪」と「正(合)〜誤(非)」を混同している。
混同している心算は無い。どちらも人が作り出したもので
何れも、評価者の主観による評価であり絶対不変の評価基準を持てない。
誰もが同じように客観的に評価可能な絶対基準を持つ自然科学の原理とは違うのだ。

182 :右や左の名無し様:04/02/26 23:36 ID:???
>>181
ニコマコス倫理学 あたりではそれをやろうとしたんだよ。そういう試みがあった。
政治的な善悪だけでなく、価値ある生き方とは何か、まで踏み込んでいる。近代国家
以前の世界での話だけどね。形而上学に論理と政治と地誌を加えて、倫理においても
法則性を見出そうとする試みは無駄じゃない。

183 :右や左の名無し様:04/02/26 23:48 ID:???
そんなものは無いことが分るだけでも
良しとするしかないだろう

184 ::04/02/27 21:13 ID:qu3JeM7w
皆さんもヨクご存知と思うが、右翼とおぼしきバカ者が、軍歌をがなり立てて
車を走らせているのに、出くわされた事があるでしょう。この‘イメージ’を利用して
一部の〇〇主義者は、己の反対者を先ず「右翼」と決め付け、そしてこのイメージを
相手に重ねる・・・。それで、相手を論破したと思っている。卑劣なやり方である。
嘗て、相手をアカ呼ばわりして、それで相手を論破したつもりでいるのと同じである。

185 :右や左の名無し様:04/02/27 21:16 ID:wuaCGH+7
>>184
あんた、も少し冷静になったら?

186 ::04/02/27 21:23 ID:qu3JeM7w
つづき
もし今現在、マックス.ヴェーバーが生きていたとすれば、彼はウルトラ右翼と
決め付けられるであろう。
『国民国家と経済政策』や『政治論集』を書いたのだから。

マリアンネ.ヴェーバーの『Mヴェーバー伝』に書いてあるのを披露しよう。
第一次世界大戦が勃発した日、Mヴェーバーは、軍服を着て皆の前に現れた。
いくらなんでも、これには居並ぶもの全て、あいた口が塞がらなかった。

187 :波木井坊竜尊@自主憲元職員 ◆IByKs72gR2 :04/02/27 21:39 ID:vpYpB37a
>>186
おもしろそうだな。

188 ::04/02/29 00:39 ID:4Ul/2rLB
そもそも「思想」とは何だろうか?
岩波から『哲学・思想事典』というのが出ている。ヨク利用している。
哲学と思想とは、どう違うのか?(哲学という項目はあるが、思想の項目は無い)
‘哲学・思想事典’という以上、密接に関係していることは事実であろう。
ちなみに、『広辞苑』では、
“判断以前の単なる直感の立場に止らず、このような直感内容に論理的反省を加えて
でき上った思惟の結果。思考内容。特に、体系的にまとまったものをいう。”とある。
五目飯のようで、サッパリ分からない。(文章明快、意味不明)
皆さん。どう思いますか?

189 ::04/02/29 00:41 ID:4Ul/2rLB
追伸
『広辞苑』のは、「思想」の字解です。

190 :右や左の名無し様:04/02/29 12:29 ID:???
正しさや悪さを証明して見せるための、一群の屁理屈のこと。
追求されると辻褄が合わなって放棄され
他の屁理屈群への置き換えを永遠に繰り返す
無意味な考えの集合体あるいは集合体群。

191 :洩れ車:04/02/29 14:08 ID:???
>>190
先の屁理屈を葬送し, 今の屁理屈で細く長く暮らし, 来たるべき屁理屈に座を譲って安楽死する政治思想と,
先の屁理屈に砂を掛け, 今の屁理屈で太く短く暮らし, 来たるべき屁理屈に引き摺り下ろされるまで居座る政治思想の
地理的・時間的キメラだろう。ニヒリズム(で治まる人民が理想だが)に陥っている暇はない。

192 ::04/02/29 21:22 ID:MfYNrc82
>190・>191さんのいっているのは、「哲学」か?「思想」か?
どうも哲学のような気がするが・・・。

哲学と思想はどう違うのか?

193 :右や左の名無し様:04/02/29 22:17 ID:???

 NHK「土曜リポート フィクサー児玉誉士夫」田中清玄先生インタビュー

 <<記者>>
 生命の危険を冒してまでなぜ(児玉と)対立したのですか。

 <<田中清玄>>
 日本のためにならんからだよ。当たり前じゃないか!あれは、アンタ、
 (岸、児玉一派は)河野を首相にし(ようとし)て、児玉は、ヤクザと右翼
 集めて 突撃隊を作った。
 何だこりゃ!ナチじゃないか。陛下なんかを如何に軍が利用してね。
 無心してきたか知ってるだろう。いやあ、もっと悪いじゃないか。
 こりゃあ、出方によっては、あいつらも生かしておかないつもり
 だった。向こうが先に手を出した。俺は、貸しがある。それだけだ。
 しかし、どういう理由でも、ああゆうお頭(おつむ)なやつは!
 (許さない)
 にもかかわらず叩く(報復する)のはご免だ。俺の心が許さない。
 これ会津武士。理屈ではない。(会津武士としての俺の)血(血統)が
 許さない。血が物を言うんだ。
 しかし、力(権力)に乗っかってきたら何時でもやるぜ。力に乗ってきやがった
 ら何時でもやるぜ。いっさい、(遠慮はいらない)何時でもいい(からかかって
 来い)。
 (引き続き抗争が)あっても結構だ。なくても結構だ。ないならなお良い。
 それだけの決心がなかったらこういうインタビュ−できるか!?

 注)昭和39年、田中清玄氏が対立する児玉の子分の暴力団員に拳銃で狙撃され
 重症を負わされた。
 なお、突撃隊とは、青思会のこと。

194 :右や左の名無し様:04/03/01 03:16 ID:M1z8sVxK
本日発売の週刊ポストは、竹岡容疑者・湯浅容疑者を「現役」幹部と報道

「選挙目的」にデータを入手した可能性を指摘

竹岡の娘の結婚相手も、創価幹部の子供

竹岡の娘の結婚式には公明党議員も出席

http://ahiru.zive.net/joyful/img/914.jpg
(記事の一部のスキャン)

週刊ポストを激励せよ
http://www.weeklypost.com/jp/
週刊ポスト:ご意見フォーム
http://210.238.184.179/~kizu/post/formj.html



195 ::04/03/01 19:54 ID:gOvJKlbS
>>191
思想は「模細工」だ!

196 :右や左の名無し様:04/03/03 22:33 ID:???
>>195
なんか哲板の ☆キキ+キ゚Д゚♪ っぽい口調ですね。

197 ::04/03/03 22:35 ID:i1meZxoa
ホンこの間〜ベルリンの壁が崩壊するまで、「マルクス主義」が最も優れた思想
だったのにナァ。肩を怒らせて歩いていたのにナァ。
今、どこへ行ったのだろうか?布施院の親衛隊のように行方不明か?(テロを
やってんのは親衛隊の残党?)
嘗ては、岩波の月刊誌『思想』には、必ず(最低)1本は、マルクス主義の論文
が載っていた。
今は、必ず1本は“現象学”の論考が載っている。

198 :右や左の名無し様:04/03/04 14:58 ID:53ezbvUk
>>197
おまいはなぁ〜、「マルクス主義」とひとくくりする前に、
初期マルクス研究書を読め

199 ::04/03/04 20:45 ID:wLyhkeIi
>>198さん江
はたして、『ドイツ・イデオロギー』や『資本制生産に先行する諸形態』などで、
現実の経済の‘分析用具’として役立つだろうか?
如何に哲学的で崇高な理論であろうとも、「経済分析の用具」として役立たない
モノは、無意味である。〜シュンペーター 曰く

200 :洩れ車:04/03/04 21:46 ID:???
>>195 ああ, そちらの方がキメラよりいい響きですねえ。差し替えさせて下さい。
>>197-199 唯物弁証法は誤りだと思いますが弁証法は妥当だと思います。
マルクスがどう言っているのかは不勉強なので良く存じませんが, 唯物弁証法に
基づく歴史観は近代主義(資本主義)の矛盾を近代主義(革命一発)で克服しようとする
ものに帰結したのならそれゆえに近代主義が克服出来なかったのだと思います。
これも私見ですが, 現象学も当為の問題は避ける傾向があるのではないかと感じ
ますのでその意味で近代主義に取り込まれる恐れがあるのではないでしょうか。
現象学的存在論は近代の克服に繋がるかも知れません。
これらの直感が正しいかどうかは只今勉強中です。

具体的な思想については, 合間を見て禅問答でないカキコピペを準備します。

201 ::04/03/04 23:30 ID:wLyhkeIi
丁度>>200さん江
弁証法は、“美しいものはヨリ美しく、そうでないものはそれなりに・・・”
情景描写をしますが、「解決(解答)」はしません。例えば、香水はヒトを
魅惑的に表現しますが、病気を治療しません。

202 :右や左の名無し様:04/03/05 03:34 ID:kg79JWZL
現象学って何?

203 :右や左の名無し様:04/03/05 05:32 ID:sxOgDmow


ゴーマニズム

204 :右や左の名無し様:04/03/05 16:36 ID:nswu325g
自分の意見は全て自分の欲求、つまりエゴから出たもの。
そう考えることで全体主義的な発想から解放された。
他人に対する強迫観念から解放された。
だからゴーマニズムつまり自らのエゴを肯定することは素晴らしい。
公の観点を含んだエゴはエゴイズムとは区別されるから。

205 ::04/03/05 23:11 ID:ndxnKSiK
さて21世紀の現在、ヒトのDNA配列も決まったことだし、この時点で
フロイトやユングは、一体ナンボのものだろうか?

206 :右や左の名無し様:04/03/06 01:03 ID:0gevsErS
>>205
妄想。大体「症例」とかいって「病人」の精神を「診察」し(たこと
にして)、そういうゴミみたいな妄想の寄せ集めで「人間」の「精神」
が科学できる と思っていたんだから救いようがない。
心理学全般にいえる。

207 :右や左の名無し様:04/03/06 08:34 ID:owMqj9Sy
心理学を舐めすぎ。
心理学は人間の心理を科学する学。
病人だけを対象にしているわけではない。

208 :右や左の名無し様:04/03/06 10:20 ID:0gevsErS
心 理 を 科 学 う ?!

209 ::04/03/06 21:24 ID:7xzW8/sO
先ず先に、フロイトにつて。
彼はエディプスコンプレックスをいう。これは、ギリシャ神話のエディプス王伝説である。
@子の父親殺し と、A母子の近親相姦である。
@の禁止=汝、殺す無かれ!  Aの禁止=畜生道の排除。(動物が集団行動をとるのは、近親相姦の排除?)

現代でも、@刑法で殺人が一番罪が重い。 A優生学上妥当
この二つが「道徳〜倫理」の基本である。これも思想。
フロイトは、やっぱりモラリストだったのか?

210 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/03/06 22:53 ID:j5e+YkkP
ララララバイ。ララララバイ。

たいがいはリチャード・ドーキンス理論によって払拭されていると思うけど。

211 ::04/03/07 00:34 ID:fOwnPM0E
>>210さんにお尋ね (新しいエゴズムについて)

Rドーキンスは生物〜遺伝学の分野から、Aセンは経済学の分野から
(例=彼の「囚人のジレンマ」)論じているのは、結局おなじ結論に
達する・・・〜と見てよいのでしょうか?

212 :右や左の名無し様:04/03/07 02:01 ID:???
亢竜悔いあり。

213 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/03/07 02:54 ID:fUDqZljg
>>211

>Aセン
とやらを知悉しないので、お答えのしようがありません。愚民なさい。

214 :右や左の名無し様:04/03/08 21:11 ID:p2wW5ew3
次にユングについて。
フロイトは固体(個人)を中心に問題を提起するが、ユングは系統(集団=人類一般)
を視野に入れている。
フロイトは、西洋文明の根源であるギリシャ文明や古代ユダヤ教を基にするが、
ユングはもっと範囲を広げて、インデアンやアフリカ原住民の伝承や神話が、人間の
深層心理に及ぼす影響を問題にする。
そうすると、最近のヒトのDNAの配列が絡んでくるだろう(フロイトにも増して)。

究極には、思想にもDNAが絡んでくるかも知れない。
勿論、DNAが「絶対」といえるかどうかは、現段階では分からないが・・・。

犬は夢を見るらしいが、トカゲも夢を見るのだろうか?

215 :Y:04/03/08 21:26 ID:p2wW5ew3
214つづき
生物は全てSexをする。そのとき、ツルは華麗な舞をする。極楽鳥もオスは自分のスバラシイ
身体を見せびらかす。蛇でも魚でもオスはメス獲得のための闘争をする。
もっともっと下等な動物もしかり。DNAに書き込まれているのだろう。

☆DNAは 「神」か?〜!!



216 :右や左の名無し様:04/03/09 01:45 ID:8Ds2uEUa
知らざるを知らざると知ること

217 :右や左の名無し様:04/03/10 00:09 ID:vzU2n3BQ
無知の知をしるということだね

218 :右や左の名無し様:04/03/10 00:16 ID:W5qIwK65
論語にもあるんだよね、無知の知

219 :右や左の名無し様:04/03/10 01:29 ID:???
>>212は諸星大二郎『孔子暗黒伝』でしょう。
意味は「その時偽善者達は歯噛みをして悔やまん」かな。

220 :右や左の名無し様:04/03/10 14:52 ID:???
下人には鞭の血が相応

221 :右や左の名無し様:04/03/10 15:32 ID:???
孔子は、顔回とは「無知の知」を語り合っていたのではないかと
推測されるが、この危険思想はそのまま子路に語るには
難解すぎたので、噛み砕いて
「子路よ、知っているとはなあ、自分が心から分かって納得していることと、
心から納得してはいないこととの間にちゃんと区別が付けられることを云うのだ」
と言ったのではあるまいか。

222 :右や左の名無し様:04/03/11 12:53 ID:tSpkhAKs
>215
DNAは神なのか? に対する答えの前に、神とは何か? と問い返さないといけません。
DNAだけあっても何もできない。体を作るためには、栄養がいります。体を作る材料なくしては、DNAがどのようになっていようとも体は作れない。
神と呼ぶにふさわしいかどうかの判断はお任せしますが、結構たいしたことない神様ですよね。
しかもこの神様、脳を作るに至って後、だんだんと支配力が弱まってきました。
いまやDNA的な有利さよりも、習慣や文化などの有利さの方が、生存率や繁殖率を保証します。
有利な習慣を選択するようなDNAは、そうでないDNAよりも繁殖率が高いはずです。が、DNAの進化にはもっと時間がかかるんじゃないかと。
習慣なぞは、一世代でも進化を遂げますが、DNAはそうはいかない。もはや、習慣の進化にDNAの進化はついて行けなくなってると思われます。
DNAによる生物に対する決定力は、脳という秘書の登場で神の手から離れつつあるともいえそうです。

といって、脳をどのように作るかといえば、細胞が作るのであり、アミノ酸配列を決定しているDNAの影響力が及ばないわけはない。
神が座を降りたと言うよりも、神が平均化されたと考える方がいいかもしれません。
障害でも持っているのでないならば、DNAの差というものは気温の差と同程度なのではないか。

さて。こういうのを神って呼ぶんでしょうか。多神教の目からなら、十分神だと思えますが。

223 :右や左の名無し様:04/03/11 12:57 ID:???
>>1
俺の思想

224 :右や左の名無し様:04/03/11 15:49 ID:???
>>205-206 >>210
思想問題を還元論的に解決するということ?
きょうび還元論が万能だなどとは物理学者も分子生物学者も思っていない筈だが。
明日の天気を予報するのにクォーク理論から始めても迂遠、というか不適。
ただ適用可能な巨視的な法則と言うのはあると思う。

225 :天才政治でしょう。:04/03/11 21:03 ID:WaEw9V5h
翌日、またもや異星人に会うと、彼は次のように話しはじめた。
「まず最初に、政治と経済の分野について考えてみましょう。
人類の進歩を可能にするには、どんな種類の人間でしょうか。それは天才たちです。だから、
あなたがたは天才たちを再確認して、彼らが地球を指導することを可能にする必要があります。
これまで権力を握ってきたのは、他の者より肉体的な力が強い「野蛮人」、こうした野蛮人たち
をたくさん雇える資産家、希望をふりまいて、民主主義国家の国民の心をたくみにとらえる政治家
といった人々です。そしていうまでもなく野蛮性を合理化する組織(軍隊)を踏み台にして自分た
ちの勝利を勝ちとる軍人たちに、権力を次々と与えてきたのです。
あなたがたが決して権力を与えてこなかった唯一のタイプの人間こそ人類を進歩させてき
た人々です。歯車、火薬、内燃機関、原子力などを発明した人々、こうした天才による平和の
ための発明は、彼らより知性の劣る権力者がしばしば殺人のために利用して恩恵をこうむっ
てきました。こういうことを変えねばなりません。


226 :右や左の名無し様:04/03/11 21:04 ID:WaEw9V5h
このためには現在の形態のままでは人類の進歩にとってまったくふさわしくない選挙や
投票をやめる必要があります。人間はいわば人類という巨大な身体に有用な細胞の一つ一つ
と同じです。手が、ある物体をつかむべきか否かを決定するのは、足の細胞ではなくて頭
脳です。そして、もしこの物体が有益な者であれば、足の細胞はその恩恵を被るでしょう。
足の細胞が投票する必要はないし手が判断することもないのです。
投票というのは知識と知性の水準が等しくなければ実際的ではありません。コペルニクスが
有罪を宣告されたのは、大多数の人々が地動説を理解できなかったのに、コペルニクスだけが
理解できる水準にあったからです。もし最初に自動車を走らせるときに、自動車を認めるか
禁止させるかをみんなに投票させたらどうなったでしょう。人々は自動車に無知だったので
結果は否定的なものになり、あなたがたはいまでも馬車を乗り回していたでしょう。
どうしたらこういうことを変えられるでしょうか。


227 :右や左の名無し様:04/03/11 21:06 ID:WaEw9V5h
現在、心理学者たちは、個人の知性と適正を評価するテストを作成できるようになっています。
幼い頃からこのテストを一貫して行って勉学の方向付けをして、責任を持てる年齢になれば、
登録できる知性指数を特定して、身分証明書や選挙人名簿に記入するようにするのです。
ある種の公職については、知性指数が平均より最低50%以上でなければ、被選挙人資格が
ないようにし、最低10%以上でなければ選挙人資格もないようにします。もしこれを現在実施
していれば、政治家の多くはその職務を務められないでしょう。これこそ民主的なシステムです。
あなたがたが俗に「間抜け」と呼んでいる者の声が、これからどう投票しようかと熟考している
天才の声と同じ価値を持つということは、もう現在では実に認めがたいことです。
小さな町の選挙では、公約が素晴らしいからではなく、酒などを一番きまえよく振舞うから
というので当選することがしばしばです。だから、まず第一に投票権は、思考力に富み、問題
を解決できる頭脳をもった、知性的エリートだけが持てるようにしなさい。何も勉強をたくさん
しろといってるわけではありません。大事なことは天才に権力を与えることです。これ
をあなたがたは天才政治と呼ぶことができます。
http://www.rael.org/japanese/pages/home.html

228 ::04/03/11 21:31 ID:6FVvE86h

エセ天才に「権力」を与えること?
その媒酌人が、これまた「エセ宗教家」?

229 :右や左の名無し様:04/03/11 23:08 ID:LEJ2MG6E
天才政治……哲人政治?
プラトンの『国家』はご存じでしょうか? まだ読んだことがなければおすすめいたします。
ただ、これにも問題がありまして、

>現在、心理学者たちは、個人の知性と適正を評価するテストを作成できるようになっています。

このテストの正当性は何者によって保証されるのでしょうか。その心理学者たちが正しいということを示してくれるものが必要。
しかも、その証明を保証してくれるものも必要。当然ながら、その証明に対しても。
なぜ、年齢程度の肩書きだけで選挙権を得られるかといえば、選挙権を付与するための条件を制定するための条件を作るのが大変というのもあると思うのです。

天才が安定供給されるならいいんですけどね。たまにしか現れないから天才なわけで。
しかも、政治的天才と、科学的天才は違う。アウグストゥスに国家を委任するならともかく、アインシュタインに国政を任せようとは思いますまい?

230 :右や左の名無し様:04/03/11 23:23 ID:???
マジレス、イクナイ

231 ::04/03/11 23:47 ID:6FVvE86h
天才に政治を任すより、ドン・キホーテに政治を任したほうが良い。
ちなみにいうと、マックス・ヴェーバーは「ハムレット型」でなく、
「ドン・キホーテ型」であった。


232 :右や左の名無し様:04/03/12 08:16 ID:w3EmXkQ6
ラエル著「クローン人間にYES!」p171より抜粋。
私たちが日常生活で利用しているものはすべて、ただ一つの例外もなく、最初はみんな
に笑われた人たちによって発明されました。つまりメガネ、ボールペン、衣服のボタンなど、
私たちを取り巻いているどんなものも例外なく、その都度、愚か者達が引き付けを起こす
ほど笑い転げて、その発明家をバカ扱いしてきたのです。
私たちの時代は、天才がバカ呼ばわりされたことに対する巻き返しのときです。今日では
ようやく、革新というものが価値あるものとされるようになりました。
人はそれを研究し、奨励し、またそれを開発するための省庁までも作るようになりました。
「こういう風にいつもやってきたから変える理由はないさ」という集団的愚かさにまみれ
た考え方が、「私たち以前のバカな人たちがこういう風にやってきたのなら、それを達成す
るもっと良い他の方法が必ず見つかるはずだ」という、新しくて素晴らしい考え方に取って
代わりました。(中略)


233 :右や左の名無し様:04/03/12 08:17 ID:w3EmXkQ6
コピー機、コンピュータ、電話、自動車、電球にしても同様です。もしあなたが若くし
てこの本を読み、何でもすべてのことに対して、
「今まで人はこうやってきた。だから絶対、私以前のバカ者たちよりもっと上手くやる方
法があるはずだ」
と自分に言う癖をつけるなら、高い可能性でそれを実現できるでしょう。またそうでな
いとしたら、
「結局人はそれほど愚かじゃなかったな」
ということもあるでしょう。でもそれは、誰かが実現するまでの間はです。というのは、
何に対しても、より上手くやる方法は一つはあり、結局それは無限にあるのですから。


234 :右や左の名無し様:04/03/12 09:07 ID:???
ここまでに引用されたラエル運動の主張には全部ではないにせよ
概ね賛同できるのだが、いずれも「宇宙人」とか「地球外生命体」を
導入せずに納得できる。「エロヒム」の存在を否定する訳ではないが
(もちろん肯定する訳でもないが)「エロヒム」を導入しなくてもラエル
運動の主張以上に整合的かつ理想的な政治思想が構築できれば
良い訳で、それは可能な筈だ。

235 :右や左の名無し様:04/03/12 11:57 ID:???
>>227
>大事なことは天才に権力を与えることです。
何の天才に?詐欺の天才だったらどうなるの?
全ての能力に対する天才かな?其れは普通『神』とか
呼ばれているような気がするのだが。
神は実在しないと思われているようだけど。
少なくとも実在は実証されていないな。
存在もしない天才にどうやって権力を与えるのでしょうね。
しかも、天才より遥かに能力の劣る凡人に出来ますかね。

236 :右や左の名無し様:04/03/12 11:58 ID:???
>>227
>大事なことは天才に権力を与えることです。
何の天才に?詐欺の天才だったらどうなるの?
全ての能力に対する天才かな?其れは普通『神』とか
呼ばれているような気がするのだが。
神は実在しないと思われているようだけど。
少なくとも実在は実証されていないな。
存在もしない天才にどうやって権力を与えるのでしょうね。
しかも、天才より遥かに能力の劣る凡人に出来ますかね。

237 :234梅:04/03/12 15:01 ID:???
>>234 で「概ね賛同できる」と書いたが、決定的に賛同できないのは
愚か者あるいはバカ者への礼儀を欠いている点。天才が天才たりうる
のは愚か者あればこそだし、愚か者が愚か者たりうるのも天才あれば
こそ。多くの乳児は犬猫以下の愚か者だし、かなりの幼児は猿以下の
愚か者である。であるからといって我々は子供をそのようには扱わないし、
扱うべきでもないであろう(犬猫猿をどう扱うべきかの問題はひとまず措く)。

現世的見返りを全く求めない天才なら統治に適した天才と認めてもよい。
引用された文には自称天才の愚か者に対するルサンチマン(怨恨)が強く
感じられる(ラエル本人のものだろうか翻訳者のものだろうか両方だろうか)。
その怨恨を除いて礼儀あるいは徳を身に着けさせない限り、こういった
自称天才に統治を任せるのは得策でない。エロヒムがそういう性格なら
追い返すか改心させるべきだ。追い返し損ねて滅びるならそれも致し方ない。
俺だけが滅ぼされるなら遺言状にそう書いておく。
結局ニーチェの指摘通りキリスト教の延長線上か。

余談ですが >>232
> 「こういう風にいつもやってきたから変える理由はないさ」という集団的愚かさにまみれ
> た考え方が、「私たち以前のバカな人たちがこういう風にやってきたのなら、それを達成す
> るもっと良い他の方法が必ず見つかるはずだ」という、新しくて素晴らしい考え方に取って
> 代わりました。(中略)
は、「取って代わる」の使い方の誤用だと思います(たぶん筆者の意図と逆の意味になってる)。


>>229 哲人政治と徳治主義って近そうですよね。

238 :右や左の名無し様:04/03/12 20:13 ID:???
>>232
>私たちが日常生活で利用しているものはすべて、ただ一つの例外もなく、最初はみんな
>に笑われた人たちによって発明されました。
何の裏付けも無しに、すべて、ただ一つの例外もなく、と言い切って
しまえるのは、狂人か、甘やかされて育った苦労知らずのお方でしょう。
嘱望されて成就したものもあれば、全くものにならなかったもの
最初から最後までお笑いでしかなかったもの、お笑いにもならなかったもの
色々あるのにねぇ。

239 ::04/03/12 21:11 ID:efLwJCQD
本を探すのURL http://www.books.or.jp/ で著者「ラエル」
を検索してみてください。
全貌が浮かび上がってきます。

240 ::04/03/12 21:41 ID:efLwJCQD
やっぱ、あの不細工な、民主主義=ゴルフで言えば「BB」であろう
民主主義が一番(いっちゃん)エェ。
残念ながら・・・。


241 ::04/03/12 21:46 ID:efLwJCQD
なお、以下も参照のこと。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/sociology/992878015/

242 :右や左の名無し様:04/03/12 22:23 ID:yGBb0Iae
日本民族至上主義。日本化でチョンを排除せよ。

243 :右や左の名無し様:04/03/12 22:34 ID:???
>>242 結構。具体的プランと事後処理方針ならびに統治指針をご開陳願います。

244 :右や左の名無し様:04/03/12 23:28 ID:yGBb0Iae
まずチョンの資産の凍結、更に没収。チョンの定義は4人の祖父母の
うち、1人でも明治以降の渡航者がいれば認定。
チョンは収容所に押し込めて半島もしくは第3国へ移住させる。
どうしても残留するものには保健所で断種をさせ、黄色い星の帽子の
着用を義務化させる。犯罪者は開拓地で一生強制労働。
公職追放は勿論、不信仰税を徴収する。これでも足りんな。


245 :右や左の名無し様:04/03/13 01:54 ID:8jx4uM1I
>>244
見え透いた荒しは、やめてけれ

246 :右や左の名無し様:04/03/13 02:10 ID:u7eoT4yD
そうか。自分が優れていると思う思想を紹介するスレだったんですか。
じゃあ一つ。

汝の意志するところを行え。これこそ法のすべてとならん。

ファラリスの教義じゃありません。やりたいことをやれというのとは違う。
私が私の意志するところを行うためには、私が私の意志を知らざるを得ない。そのためには、ソクラテスの「汝自身を知れ」を解決するほかなし。
我、とはけして、感情や衝動や理性や倫理などのパーツ一つ一つではない。全人格をあげた総体こそが、我と呼びうる。
しかるに、不安や虚栄や憎しみなどに翻弄されている人物は決してその意志を行使してはいない。

オカルトマニアは帰れと? ああ、石を投げないで!

247 :右や左の名無し様:04/03/13 02:38 ID:58UI9lij
やりたいことをやれというのとは違う、と言うことがよくわかりません。
教えて下さい。

248 :243:04/03/13 10:16 ID:???
>>243です。
>>242さん=>>244さん=>>246さんなんですか!?
>>244を国内外に実現することが如何に困難で非現実的であるかを具体的に
討論しようと思っていたのに>>246ってめちゃマトモじゃないですか!
漏れって……_| ̄|○<あうううう

249 ::04/03/13 11:34 ID:kdbxPRML
>>246さん江

>そうか。自分が優れていると思う思想を紹介するスレだったんですか。
☆その通りです。

>不安や虚栄や憎しみなどに翻弄されている人物は決してその意志を行使
してはいない。
☆己こそ、そんな人物ではないのか!


250 :右や左の名無し様:04/03/13 11:40 ID:sCYcCUCM
顔付きで人間を判断しよう。
チョンの顔は骨格云々でなくて自惚れがはっきり現れてる。

251 :246:04/03/13 12:30 ID:hcAIIbco
>>247
ファラリスの教義を調べていただくとわかります。
ソードワールドというゲームの神様です。対して奥深い神様でもないので、重要な部分ではないですが。

>>248
あ、違います。229しか書き込んだことはありません。

>>249
ん? そのようでない人物がこの世にいるとでも?
というか、歴史上にいるとでも?
ソクラテスとカエサルくらいしか思いつかないですよ、私には。
法のすべてであれるほど、私が優れてるはずないじゃないですか。やだなぁ。

252 :右や左の名無し様:04/03/13 13:51 ID:???
>>250
朝鮮人だろうと日本人だろうと米国人だろうと印度人だろうと独逸人だろうと自惚れている人間を私は差別する積もりですが何か?
自惚れがない人間から差別される覚悟は出来ていますが何か?
あなたは顔付きで人間を判断できると自惚れているのではありませんか? 違ったら謝ります。

253 ::04/03/13 20:48 ID:kjqVfjLu
私の韓国籍の知人で、日本に帰化した人がいます。
その審査は本当に厳しいもので、その基準を今の日本人に適用したら、95%
の日本人は、日本人の資格を失うだろうと言っていました。
チョン民族が「うぬぼれ」で、〇〇民族がそうでないと、民族単位で決め付けるのは
間違い。そもそも、そこが間違いの原点。

254 :箴言:04/03/14 00:33 ID:sFwiyIfY
自惚れというのは寄生する人種(ユダヤ人・シナ人など)に
顕著である。寄生人種は勤労を軽蔑し、他人の意見を尊重せず、
独裁体制を敷く。自分が支配者であとは家族か敵か奴隷である。
そして自分はその体制の上で胡坐をかくのである。
寄生人種は国家を作れない。地理的国境はあるにはあっても
その内部で繰り返されるのは血みどろの闘争である。だから
世界中に拡散して宿主に寄生する。宿主の体力が衰えるとこれを
殺し別の宿主を求めて流浪する。彼らは保護色の昆虫の如く
周囲に紛れる方法を生まれながらにして知っている。うぐいすの
卵のふりをするのである、ほととぎすの卵は。しかし閉鎖的で
自己完結的社会には彼らは住めないし住まない。本能的に危険を
感じるからである。だから彼らの住む所は圧倒的に都会である。
彼らの特性は本能であるから同化は不可能である。例外はあるが。
すずめは人間の与えた餌を絶対に食べない。人間になつくのが種
の滅亡に繋がると本能に刻み込まれているからだ。
我々は寄生人種に注意せねばならない。彼らの根本は人間不信である。

255 :箴言その2:04/03/14 01:42 ID:sFwiyIfY
寄生虫がはびこると社会にカーストが敷かれ(又は強化され)それ
による個々人間の断絶、その結果による人間不信とウソの蔓延が著
しくなり社会から多様性が消え去り、文化が停滞する。人々の不満
は鬱積するが、もう社会の根幹を彼らに握られている為、ありとあ
りゆる比較可能性は消され恰も現在の状態が太古の昔から続いてい
たかの如き錯覚に陥る。この状態の下で彼らは繁殖をするが、寄生
には限度がありやがて寄生虫過剰を引き起こし、万人の万人に対す
る闘争であるカオス状態となり、美しい国土は荒廃し人々の幸福の
記憶も消え去ってしまうのである。この予兆が出始めた時に沈没船
からうす汚いねずみどもは密かに逃げ出すのである。寄生虫はこれ
を幾百と過去に繰り返し、数多くの文化を破壊してきた。そして、
また‥‥‥。


256 :右や左の名無し様:04/03/14 16:24 ID:???
>>254
>寄生する人種(ユダヤ人・シナ人など)
寄生する人種というのは、余程卓越した体力と知力が
ないとやって逝けないなあ。
反対側から見れば、体力も知力も無い者は奴隷にする位しか
使い道がないどうしようもない香具師だろうな。
体力も知力も無い者に国家が作れたりするのかね。
奴隷は国家を作ったりしないだろう。
地理的国境?高くて険しい山脈とか、広くて荒い海見たいなもの?
体力と知力があって、奴隷を沢山抱えていれば簡単に
越えてしまうだろう。閉鎖的性格なら外には出て行きそうもないがな。
となれば、国内の奴隷を食い尽くして、共食いが始まり
自滅しそうなものだが。
頭が良くて働く気がなければ自分が出かけて行くより
餌をまいて、宿主にできる奴隷を誘きよせるんでないの。

257 :右や左の名無し様:04/03/14 17:44 ID:sFwiyIfY
そのアリ地獄がアメリカである。

258 ::04/03/15 18:24 ID:1mMtx756
>>254>>255箴言さんの論理は、今ではもう古臭いAヒトラーとおなじですネ。
まだスターリンのほうがまし。ムッソリーニは、もう一つまし。
フランコは独・伊の支援を受けたが、第二次世界大戦では、中立を守った。
(やや連合国よりの〜これが「国益」というものだ)

一方では、街中を軍歌をわめき鳴らして走る右翼と、
他方では、“被占領者の抵抗は国際法的に許されている=阿部浩巳
(インパクション139)”でテロを賛美したり、北朝鮮:拉致問題を、
慰安婦問題とすり替えて事すめりとしたり、
中国の靖国発言に、右往左往するエセ人道主義者とは、
両極端ながら、「盾の両面」である。


259 :右や左の名無し様:04/03/15 20:05 ID:???
とりあえず、冗談のようだが。
「金があることは必ずしも幸せであるとは限らないが、金がまったく
無いのは必ず不幸である」
日本にいる限り、否定でないよなぁ…

>>246に対しての補足
ここで出てくるファラリスとは>>251でも言っているように富士見書房
ソードワールドならびに角川書店スニーカー文庫のロードス島戦記等の
小説に出てくる暗黒神のことである。この教えでは「汝の欲するところ
をなせ」という欲望を肯定する恐れを秘めた言葉を教義としている。故
に物語中では主に邪教団として扱われる

260 :右や左の名無し様:04/03/15 20:56 ID:4S26iywm
現在の日本の惨状を打破する為には徹底した法治が必要。
韓非子・孫子を大いに参照すべし。チョンは孔孟を悪用した。
信賞必罰で綱紀粛正だ。人間不信人種には強制力のある法が
必要。シンガポールが成功例で、表通りにはゴミひとつ落ちてない。

261 :Y:04/03/15 21:56 ID:1mMtx756
今時の
右翼は「僧衣」の上に「ヨロイ」を着ており、
左翼は「ヨロイ」の上に「僧衣」を着ている。
本質は同じ。

262 ::04/03/15 22:12 ID:1mMtx756
マックス.ヴェーバーの政治思想は

*対外的には、強い国家=あえて誤解を省みず言えば、「権力国家」

*対内的には、
@個人の人格の尊重(基本的人権の尊重)
A自由の厳守(学術・文化・市場の自由)
B民主主義の徹底(非常事態には、委任独裁を期限付きで認める。
 但し、議会の承認を経て)

これ以上の「政治思想」があるか!

263 :246:04/03/15 22:18 ID:cfh4KX1F
>>259
一円もお金がなかったら絶対不幸と? こんなにものがあふれていて、お金さえあればたいていのものが買えるのに、ということでしょうか。
でも、ギリシアにディオゲネスという哲学者がいますよね。ご存じなければ、ちょろっとグーグル行けばすぐでますし、私なぞよりも詳しかったらごめんなさい。
ディオゲネスって不幸だったんでしょうか?

ちなみにファラリスをご存じのようなのでちょこっとだけ。
それでも私はファラリスが一番好きだったりします。ファラリス信者の物語まで書いちゃったりして(短いですが)。
ファラリスは一言も、「悪い欲望だけをもて」とは言ってませんからね。悪いのはファラリスでも、その教義でもなく、個々の人間です。
もしかしたら、心の底から人間やその他の種族を信頼する神なのかも知れない。その期待に人間たちが応えられていないだけと……。
って、原作は全然そんな話じゃないでしょうけどね。サーラの冒険は、途中までしか読まなかったのでわからないですが。

264 :右や左の名無し様:04/03/15 22:21 ID:o+oaRZdQ
フランスは日本より自由で平等な社会だろうか?
そもそも自由と平等は両立するのか?
必要なのは人間の信頼関係ではないのか?

265 ::04/03/15 22:51 ID:1mMtx756
>>263にたずねますが、
ファラリスと、マンガの「プーサン」とは、どんな関係があるのですか?

266 :100=219=221=224=234=237=243=248=252=洩れ車:04/03/15 23:25 ID:???
100=219=221=224=234=237=243=248=252=洩れ車
>>71
 大久保利通卿は好きですが、日本史に関しては新撰組が勤皇か佐幕か今年ま
で知らなかった位のDQNなので只今勉強中です。

>>133 「世界で一番優れた民族 アクタ アクタ 共和国〜」
 サヨクとウヨクの混声二部合唱で御一緒に「ハモりたい」ものですね。
 右翼はサヨ厨に殺される。左翼はウヨ厨に殺される。左翼でも右翼でもない
者は右翼或は左翼と看做されてウヨ厨及びサヨ厨に殺される。厨誅、誅厨誅、
厨誅厨誅……。

>>92-95 「トトロ見て泣けるということですか?」ほか。
 補足です。パンと見世物(サーカス)は政情安定化の方策だが、見世物は娯
楽と同時に世界観の感性的教育および再確認の意味合いを持つ。米国映画を見
るとそれが良く分かる。米国の世界観は朱子学的な修身(国民としての自己実
現)・斉家(夫婦愛・家族愛)・治国・平天下(エアフォースワンとか)の系
列と結構似ている感じがする。因みに『千と千尋〜』は超危険思想だと思う。

>>159 あーいーわ氏球を突く(お下劣スマソ。因みに東邦道程)

>>188 >>192
 哲学と思想の違いは、いい加減ですが、
  哲学:思考、とりわけ原理的思考活動を行うこと。愛知。
  思想:(1)哲学の別名。(2)過去の哲学の記録。(3)哲学の産物としての政治思想。
  哲学者:哲学を行う者。
  思想家:(1)哲学者の別名。(2)個別の思想の生産者。(3)政治思想の生産者。
  政治思想:哲学を現状に適用して構築した、統治・外交・行政・更新等の諸原理。
といったところでしょうか。突っ込み歓迎。
 思想(2)や思想(3)の蒐集や分類整理を専らとしている者(思想ヲタやある種
の教授)を哲学者と呼ぶ場合もあるようですが、それだけしか行わない人は哲
学学者あるいは哲学訓詁学者と呼ぶべきでしょう。

267 :洩れ車:04/03/15 23:36 ID:???
>>201
 アロマテラピーとか病は気からってのもありますが? ところで、弁証法と
どういう関係があるのか今一つわかりませんでした。

>>229
 アインシュタインは有徳なら文部科学省的な役場に奉職可能。首長になるよ
うお願いする選択肢も(他に適任者が居なければ)あり得ると思います。

>>237 天才政治、哲人政治、徳治主義
 補足です。遠ざけるべき現世的見返りとは現世的名誉や現世的被尊敬等のい
わば精神的なものをも含む。即ち、愚民から馬鹿だの死ねだのと罵られ、場合
によっては殺されることにも甘んじなくてはいけない(徒に殺されることによ
り、却って殺した側や第三者に不適切なトラウマを与える虞があればそういう
事態も極力避けるべきだ。つまり、ためにするダーティーヒロイズムも禁止)。
日本國憲法前文の「名誉ある立場を得たいと思ふ」(うろ覚えです)というの
はこの意味であることが理想で、この意味でないのであれば只の夜郎事大な自
惚れまたは覇権主義である(誰でも理想を選択する義務がある訳ではなく、現
世的、現実的選択をしても一向に構わないのではあるが、他所に迷惑を掛ける
位なら引き篭り(鎖国)になった方が増しだ)。

>>252
 補足。経験を積めばある程度は顔付きで人間を判断できるようになるでしょ
う。ただ、沈黙が礼儀になる文化もあれば失礼になる文化もあるし、頭を縦に
振ると否定で横に振ると肯定になる文化もある位なので容易ではないでしょう。

>>240
「陳腐で凡庸で過酷で抑圧的な民主主義は人類が生み出した最高の政治制度である」橋爪大三郎
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/books/4768466060/contents/ref=cm_toc_more/250-0221255-2277041

268 :洩れ車:04/03/15 23:38 ID:???
>>260
 今の日本には法治主義強化の動きと揺り戻しの動きの両方があるのでは?
私は、法治主義の強化は惨状にある?日本の土壌から最後の収奪を行い尽くし
て国力を完全に疲弊させるものだと思います(膨張主義を強化しない限り)。
 1.明治反革命後の日本の発展はアニミズム的土壌の上に巧みに近代個人主
義・法治主義を導入したことによる。
 2.ロシヤ革命後の露国の発展にも類似点がある。ロシヤ正教はキリスト教
の中でもアニミズム的性格が強い。近代個人主義と法治主義は共産主義の構成
要素。
 3.露国では発展は暫く続いたがじきに失速。相前後して官僚が硬直化・腐
敗。日本ではかなり長持ちしたが官僚の上司が硬直化・腐敗して来ている。
 4.朱子学という近代個人主義・法治主義・官僚主導体制が既に浸透してい
て、膨張政策も困難だった韓国では爆発的な発展は起こらなかった(ソウル五
輪の頃はあっという間に日本を追い落とすなどと言われた時期もあったがそれ
程にはならなかった)。
 以上は実は私の単なる思い付きですがどの程度DQNでしょうか? 乞突込。

 で、藻前はどういう政治思想が最高だと思っているのかと訊かれたら、入れ
子状地方分権で(答になっていなくてスマソ)、その根拠ですが(根拠になっ
ていなくてスマソ)、
>  ……日本人の高い道徳意識は最近できたものではなく、むしろ、昔の日本の
> 方が今よりずっと安全で、しっかりした国だったようです。それは、幕末に日
> 本に来た外国人の手記でわかります。それを渡辺京二著『逝きし日の面影』
> (葦書房)から引用させていただきました。
>  ……モース「日本人の住まい」(アメリカの動物研究家、日本研究家)
> 「鍵を掛けぬ部屋の机の上に、私は小銭を置いたままにするのだが、日本人の
> 子供や召し使いは一日に数十回出入りをしても、触ってはいけないものは決し
> て手を触れぬ。」
(続く)

269 :洩れ車:04/03/15 23:41 ID:???
>  ……オールコック(幕末の駐日英国外交官)
> 「封建領主の圧制的な支配や全労働者階級が苦労し呻吟させられている抑圧に
> ついては、かねてから多くのことを聞いている。だが、これらの良く耕作され
> た谷間を横切って、非常な豊かさのなかで所帯を営んでいる幸福で満ち足りた
> 暮らし向きの良さそうな住民を見て、これが圧制に苦しみ、過酷な税金を取り
> 立てられて窮乏してる土地とはまったく信じられない。むしろ、反対にヨーロ
> ッパにはこんなに幸福で暮らし向きの良い農民はいないし、またこれほどまで
> に穏和で贈り物の豊富な風土はどこにもないという印象を抱かざるを得なかっ
> た。気楽な暮らしを送り、欲しいものも無ければ、余分なものもない。」
>  ……カッテンディーケ(幕末に来日したオランダの海軍軍人)
> 「日本人が他の東洋諸民族と異なる特性の一つは、奢侈贅沢に執着心をもたな
> いことであって、非常に高貴な人々の館ですら、簡素、単純きわまるものであ
> る。すなわち、大広間にも備え付けの椅子、机、書棚などの備品が一つもない。」
>  ……ハリス(幕末の駐日アメリカ外交官)
> 「彼らは皆よく肥え、身なりも良く、幸福そうである。一見したところ、富者
> も貧者もいない。−−−これがおそらく人民の本当の幸福の姿と言うものだろ
> う。私は時として、日本を開国して外国の影響を受けさせることが、果たして
> この人々の普遍的な幸福を増進する所為であるかどうか、疑わしくなる。私は
> 質素と正直の黄金時代を、いずれの他の国におけるよりも多く日本において見
> 出す。生命と財産の安全、全般の人々の質素と満足とは、現在の日本の顕著な
> 姿であるように思われる。」
>  ここに描かれた日本は若干、ほめすぎかもしれません。江戸末期の日本でも
> 悲惨な時、可哀相な人は多くいたからです。しかし、同時にここに描かれてい
> る生活、人生を私たちは忘れることはできません。
> ……
>     武田邦彦『『リサイクル』汚染列島』(青春出版社)

270 :右や左の名無し様:04/03/16 00:15 ID:iQJrYaiw
チョンは花咲か爺さんの隣の爺さん・貧乏神・座敷童のようなもの
だと思う。確かに居れば邪魔だし鬱陶しい。しかし貧乏神を追放すれば
益々貧乏になってしまう。しかしもてなせば福の神になるという。
人類の文明は戦争の進化とともにあった。チョンがのさばれば文化は
停滞するが文明は進歩するかもしれない。江戸時代は文化は花開いたが
文明は停滞した。ヒトラーの日本論はよく的を得ている。チョンは現在
同化しようとしているのだろうか。それとも寄生虫の道を歩み続けるの
だろうか。これはユダヤ人にもいえる。中東和平が実現したらユダヤ人
同士で共食いが始まるのではなかろうか。ユダヤ人は日本に定着できるだろうか。
日本は寛容な社会だが不寛容な人間に対してこの姿勢は通用するだろうか。
抜け忍は死刑になるし、棄教ユダヤ人は村八分にされる。彼らは同化を
諦めニヒリストになるのではないか。彼らは心から笑うことがあるだろうか。
生態系というのは実に複雑である。奴隷を使うアリや寄生・託卵・カースト
なんでもありだ。しかし最終目標が自己保存又は種の保存であることは
いうまでもない。私はアリやハチの生態が最も合理的であると思う。
階級闘争や搾取がハチにあるだろうか。人類はひとつの種になれるだろうか。


271 :229.246:04/03/16 11:48 ID:GIlK3RyI
>>264
自由・平等・秩序。私は並び立つと思ってます、原理的には。
ただし、そのためには人が自由でないといけない。
私は禁止されていないこととを自由と考えるのではなく、自己であることを自由と考えるので、>>246のような意味で自分でなければならないですが。

>>265
……プーサンというのを知らないので何とも……

>>267
アインシュタインをしてやっと、「適任者がいなければ」なんですね。
天才に愚民の面倒を見てもらう政体じゃなくて、愚民をすこしずつでも賢民に近づける努力っていうのは無用なのでしょうか。
天才などいなくとも、人間が全員優れていれば十分だと思いますが。
え? いや、こっちの方が100倍難しいでしょうけどね。

272 :259:04/03/16 13:06 ID:???
>>263
ま、もともとブラックユーモアのライトノベルでの紹介文からです。
その主人公は有能な魔術師だけど組織から外れていて、魔術師として職
につけないからモグリの金貸しになったがさっぱり儲からず、日々赤貧
で食うに困るどころか居候している宿屋の酒場のテーブルの砂糖と塩で
2日間の飢えをしのぐとか「ここ数日、水しか飲んでないんだぞ!!水は
カロリーが0なんだぞ!!」とかきっぱり言い放つ始末。雑誌でしばら
く連載していて単行本なんかにもなっています。「魔術師オーフェン無
謀編」(知っている人も多そうですが)をご覧ください。よくわかります。
程度を過ぎてますから。

ファラリスについてはとり方にとっては「自分の信念に従って行動す
べし」とも取れる教えだし、小説新ロードス島戦記では主人公である若き
公王はファラリスを自由を信奉する神としてならあえて弾圧はしないと
言っていたこともあり、必ずしも悪とはならないのは私も認めます。教
団は自由ばかりを言い広めてその結果の責任を取らないということが彼
らの非となるものでしょう。彼らのは「自由」ではなく「我侭」なのだ
と私は考えています(私は自由には責任というオマケの必ず付いてくるも
のと考えています)

273 :259:04/03/16 13:09 ID:???
なんか書いてきて、自分なりに一番優れている思想って
「過ぎたるはなお及ばざるが如し」
って気がしてきた…

274 ::04/03/16 21:01 ID:z2BeBibX
知能指数・IQが低いから「愚民」というのは、どうかナ?
果たして、天才は「法」を守るか? 一体、天才とは何者?
(ナンボのもん?)
そもそも、法は人間が作ったもの。完璧なものだろうか?
時には、法は支配階級に都合の良いものであったりする。
では、緻密にして一滴たりとも漏らさない「法」を作るカ?
〜モンテスキューは、そんな法こそ、最悪の法である、と言っている。
厳格な法の社会は、恐怖政治の社会であるから。
法を守らす!…と、言っている人に限って法を守らない。
愚民も天才も、人間なんて“己に寛容で、他人に厳しい”もんだ。


275 ::04/03/16 21:25 ID:z2BeBibX
幕末、各国の使節が日本に来て、皆一様に褒めているのが徳川幕府の官僚=武士
である。それが明治維新以降、新政府に受け継がれた。

明治40年ころまでは、国家・国民とも上向きだった。ところが、日韓合併あたり
から舵取りが悪くなり、
(漱石の『三四郎』にある如く、三四郎が汽車で合った老人に、これからの日本は?
 と尋ねたら、「潰れるネ」と言われた)
昭和20年8月15日、敗北した。
そして、また40年間働き続け、“Japan as 0ne”と言われるまでになった。
そして、バブル〜その崩壊。 また、40年つづくのだろうか?

276 :右や左の名無し様:04/03/16 22:12 ID:???
関光彦
(てるひこ) 市川一家4人殺人事件
1992.3.5 1994.08.08 千葉地裁
1996.07.02 東京高裁
2001.12.03 最高裁
東京拘置所
犯行時19歳。
犯行当時少年だった死刑囚の確定は1990.4.17の最高裁で確定した永山則夫(当時19歳)以来だから11年ぶり。永山則夫連続射殺魔事件


277 ::04/03/17 00:50 ID:XuIbozpQ
上記の>>275は、40年周期説のようなものだ。
@先ず、日韓合併は、すべきでなかった。今の日米安保条約のような強力な
条約でよかった。韓国の主権は侵すべきでなかった。第一次世界大戦は、起
こるベくして起こったのだから、列強が韓国に介入出来なかったはずだ。
A満州国の建国は間違いであった。南満州鉄道の実権を握っていたのだから、
中国東北での経済進出は出来ていたはずだ。それで満足すべきであった。
B天皇の神格化〜現人神(アラヒトガミ)はバカげていた。ヨーロッパでは、
宗教=キリスト教(ヴァチカン)は「神権」、国王は「俗権」である。
以上の三つを実行しておれば、自由と民主主義は根付いたはずだ。
満州事変は勿論のこと、シナ事変・大東亜戦争はしなくてすんだ。
(ヨーロッパの第二次大戦でヒトラーに加担する必要はなかった
〜中立で行けた)

以上が>>262の具体的行動である。




278 :右や左の名無し様:04/03/17 00:52 ID:Y7LoRZwm
創造力の無い人間は奴隷じゃないの?

279 :右や左の名無し様:04/03/17 01:30 ID:Y7LoRZwm
>>277
@Bには同意。韓国に日本人の血税を投入したのは
愚かであった。連中の衝動に任せておけばよかった。
天皇は下賎な伊藤や岩倉の権威付けの道具にされた
だけ。ただし、自由も民主も世界中何処にも無い。
アメリカはユダヤ人が言論を握ってるしヨーロッパ
は貴族社会が残っている。一つだけ言っておくと
その自由・民主がヒトラーを太らせたと言うことだ。

280 :右や左の名無し様:04/03/17 11:38 ID:???
>>271
>自由・平等・秩序。私は並び立つと思ってます、原理的には。
原理ではなく、憶測、妄想として

>ただし、そのためには人が自由でないといけない。
全く反対デゾ。自由を許してはならない。
こちらもまた憶測、妄想

281 :263.271:04/03/17 20:21 ID:rn2H/prm
>>259
オーフェンでしたか。名前は聞いたことがあります。
富士見ファンタジア文庫ですよね。昔はよく読みました。一番のお気に入りはザンヤルマの剣士でしたが。
あれ? 電撃文庫かな……? だとするとお気に入りはキノの旅ですが。

自由に責任が付随するのは当然そうだと思います。
自らの罪を他人に肩代わりしてもらうなんて訳わかりません。キリスト教徒って不思議です。

>>280
まぁ、そうなのかも知れない。確かに、私は自由な人間を見たことがないのだから、憶測と妄想の域はでない。
しかし、何しろ自由な人間を見たことがない以上、自由を許すべきでないかどうかも定かではない。

一般とはすこし違う意味で自由という語を用いてる、ということは書いてありますよね?

282 :右や左の名無し様:04/03/17 20:37 ID:zLck9FVy
自由 平等 秩序だけだと、ヒューマニズムがかけてるじゃない。
人間の尊厳という感性がないとどんな思想も危険なものになると思う。

283 ::04/03/17 20:38 ID:i9CkSL4N
「平等」というコトバは、ウサン臭い。
私は、“平等とは、チャンスが平等”だと思っている。然るに、世間様では、
何でもかでも、「量的」に平等なのが平等だ、と思っている。
チャンスの平等は、「自由」のなかに入っている。だから、平等というコトバ
は、分析用具として使う必要がない。
あの、出来損ないの18世紀末:フランス大革命(ハンナ・アーレント言)の
悪影響だ。池田理恵子『ヴェルサイュの薔薇』なんかでもって、フランス大革命
を心情的に捉えてはいけない。バカさかげんでは、ソ連のボルシェヴィキ革命と
同じだ。(ソ連革命については、『ロリータ』の著者:ナボコフの『自伝』を読め)

284 :右や左の名無し様:04/03/18 00:57 ID:cqbEb31G
フランス革命の平等とは法的に平等だいうこと。
何から何まで同じであるというのは悪平等。
法的な平等は自由と相性がよい。
そこのところを勘違いしている人間が多いんだよな。


285 :右や左の名無し様:04/03/18 01:08 ID:NnfIm1Jb
法的な平等>>弱肉強食>>自然淘汰>>ユダヤ人の専制>>ナチズム>>イスラエル建国
が近代の歴史であった。フランス革命はフリーメーソン革命。

286 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/03/18 01:13 ID:M/XpbB7h
↑デタラメな順序だと思うけど。

287 :右や左の名無し様:04/03/18 08:59 ID:70ZL101Y
確定する必要があるのは、生来の知性レベルであって、博識や教養の程度ではないこと、
長い学業生活の間に知識を詰め込んだ者たちよりは、良識ある農民のほうが必要である事を、
もう一度思い起こしてほしい。明確にしなければならないのは、実際的な知性なのだ。
先に進む前に、知性というものを定義してみるのが有意義であろう。
G・ヴィオーによると、「あらゆる知性的な活動は、困難を解決し、提案された目的を
実現するために、既知事項の諸要素と、成されるべき発明との間の関係の理解、
ということによって関係づけられる」
この定義は、私たちが関心を持つ知性に、最も良く対応しているものの一つであり、
またそれは、心理学者の大半が与えている知性の定義にも合致する。
すなわち「知性とは、既成事項を用いて、それらがどの枠組におさまるかを見定める
能力である」


288 :右や左の名無し様:04/03/18 09:01 ID:70ZL101Y
そうすると、すべての者に、理解可能な既知事項を介入させるテストの実施が可能となる。
そうすれば、こうしたテストの実施によってテストを受ける個人の年齢とは関係なく、
知能指数(I.Q)ではなくむしろ(I.P)を確定することにより、各人の知性を測定することが
できるだろう。十八歳になったからといって馬鹿にも選挙権を与え、まだ十六歳だからと
いって天才に投票させないこと、これこそが原始的な民主主義の愚かさを示す、
数多くの証拠の一つである。ラエル著「天才達に権力を!」P53より。


289 :右や左の名無し様:04/03/18 09:02 ID:70ZL101Y
人類の最も貴重な鉱脈である知性の優れた子供たちが、それにふさわしい教育を受けられる
よう努力しよう。普通教育は結局、普通の子供たち、つまり平均的知性をもつ子供たちのために、
つくり上げられたものにすぎないのである。重要なのは、獲得した資格の数ではない。
資格証書が証明するあまりおもしろくもない能力、記憶力などは、機械で代用することができる。
生まれたままの知性こそ、農夫や労働者を技術者や大学教授以上にさせるものなのである。
この生来の知性は、良識や創造の才能と同列の考えることが出来る。
というのは、発明の大部分は良識の問題だからである。ラエル著「不死の惑星への旅」より。


290 :右や左の名無し様:04/03/18 11:32 ID:NnfIm1Jb
知能と遺伝
親子の知能の相関関係をドイツのラインエールが調査した。
彼は30年以上ある小さな村の小学校に勤務する教師に自分が教えてよく知っている
両親役2600人とその子供約1万人の知能について,上からABCの3段階に
分けてもらった。分類にあたっては学業成績だけではなく、全体的な観察が重視された。
次の表はその結果である。
                 子供の知能
          A        B       C
親 AとA    71.5     25.5     3.0
の BとB    18.6     66.9    14.5
組 CとC     5.4     34.4    60.1
合 AとC    33.4     42.8    23.7
せ                               (%)

この表の通りトンビが鷹の子を産むのは非常に稀なのである。
        託摩武敏著「性格はいかにしてつくられるか」(岩波新書)

291 :右や左の名無し様:04/03/18 12:10 ID:???
どうも勘違いしてるヤシが多いんだよな。
特に2chには。

1人の秀才は10人の力の集積の前に敗れ去る。
1人の天才は1000人の力の集積の前に敗れ去る。

何も仕事量の事をいってるわけではないのヨン。
そうではなくて人間の持つ最大の能力は社会性だという事。
それに比べれば個人の能力など「屁」みたいなもんだ。
うちの会社にも居る居るw
個人としての能力は高いが社会性に欠けるのが。
もったいねー話だが結局使えないんだよねー。

292 :右や左の名無し様:04/03/18 12:32 ID:baij/s6w
>>290
トンビとか鷹とか、鳥類の使い分けで、一番上が何で、一番下が何?

293 ::04/03/19 01:32 ID:7VtWEhfP
知能指数云々は、それはそれだけの事であって、「分析用具」足りえない。
それよりも、オルテガ・イ・ガセットの『大衆の反逆』は世に出て百年経ちますが、
今でも通用する。

294 ::04/03/19 01:51 ID:7VtWEhfP
現代の「新しい貴族」は「一般大衆」(何もしない人間)に奉仕しなければならない。
大衆を軽蔑したり、大衆に奉仕しない者は、いかに天才であろうとも「俗物」以外の
何者でもない。
JMケインズは、大衆に奉仕した。冷めた頭脳と熱い心でもって!
(『一般理論』がそうだ。〜70年前では。これが奉仕の証拠だ。〜あの理論はもう古い…
なんて言っている輩は、“では、今なにか新しい理論〜思想を打ち出しているか!”
していない。そんな連中は、仮に天才であっても一般大衆の仲間である)

295 :右や左の名無し様:04/03/19 02:44 ID:???
俺が奉仕する大衆は心と目の美しい大衆のみだ。
先天的に根性が腐って目付きの悪い香具師はさっさと絶滅すべし。

296 :右や左の名無し様:04/03/19 02:53 ID:???
>>295
こらこら、オマイは一般大衆の側だろうが。
いつから天才になったんだ。
見栄張っちゃいかんよ。

297 :Y:04/03/19 14:16 ID:nXNrqzFr
>>295
「先天的に根性が腐って目付きの悪い香具師」に対しても奉仕するのが
貴族(新しい)である。それをしないのは、ニセモノの貴族〜天才である。

西田幾多郎が言った。“天才は努力なり”〜と。


298 :295:04/03/19 15:22 ID:???
このスレッドには一つの怪物が彷徨っている。
マルクシズムという名の怪物が。
超人・貴人は同情というものを捨て去らねばならない。
至福千年王国とは何の刺激もない終末の世界である。

299 :右や左の名無し様:04/03/19 15:31 ID:keLhtmbJ
香具師ってなに?


300 :右や左の名無し様:04/03/19 17:01 ID:???
寅さんのお仲間。縁日で啖呵売とかヤッテル方々。

301 :右や左の名無し様:04/03/19 17:55 ID:???
>>300
寅さんは避妊。男はつらいよのテーマはBK。
ピーターフランクルや金正日が評価しているのが
何よりの証拠。だから政治力であのマンネリが
長々と続いたのだった。

302 :Y:04/03/19 22:59 ID:ubQH50Z1
>>298別に。馬克思(marukusu)主義なんか、彷徨してへんでェ。
それは、共産主義という幽霊と違うか?

303 :右や左の名無し様:04/03/20 01:07 ID:???
日本人の和の思想が世界最高!

304 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/03/20 01:28 ID:MeUe4PCO
や、だから他人様に平等を強いる思想が世界一差別的でさいてーやね。

305 :右や左の名無し様:04/03/20 09:43 ID:???
自由と友愛だけでいいんじゃないか?
いいんじゃないか?

306 :右や左の名無し様:04/03/20 13:44 ID:???
しかし差別がなかったら人類はここまで進化しなかったんでは?
動物でも怪我して河豚になった香具師はイジメられるんだよな。
そして群れから離れてひっそりと死んでゆく。もともと差別を
理論化して聖典にしたのは世界で最も差別されているユダヤ人
ではなかったかな?少なくとも差別がなくなったら互いに無関心
になるだろうね。田園都市線の住人のように。それが終末なの?

307 :Y:04/03/20 14:03 ID:nqn7ClTx
>>306
>もともと差別を理論化して聖典にしたのは世界で最も差別されているユダヤ人
ではなかったかな?

何を根拠に、そういうの?
そういう無責任な(あるいは、己の無知さらけ出した)発言は、
本人には悪意はないとしても、結果的に卑劣である。


308 :Y:04/03/20 14:10 ID:nqn7ClTx
>>303
「日本人の和の思想」は、‘雨の降る日は天気が悪い’と言っているだけで、
「色即是空」と同じく、宗教としてはそれで良いかもしれないが、思想としては
無意味。

309 :Y:04/03/20 14:18 ID:nqn7ClTx
皆さんは、弱肉強食(共生とは、盾の両面)と差別とを、
混同しているのではないか?

310 :右や左の名無し様:04/03/20 15:52 ID:???
>>303
>日本人の和の思想が世界最高!
世の諸悪を和が無いためとし、和さえあれば全て解決するという思想。
為政者の無能をさらけ出しただけ、何の反省もない
無いものネダリのご都合主義的思想。

311 :右や左の名無し様:04/03/20 16:07 ID:???
為政者の目標が和であって、解決した状態が和であるという思想やろ。
無いものねだりの甘い理想主義はごろごろしてるが、これはそうでもなさそうな。

312 :右や左の名無し様:04/03/20 16:22 ID:???
このスレに集まってくる香具師はみんなニヒリストだな。
悟りを開こう!

313 :右や左の名無し様:04/03/20 16:42 ID:???
>>307
旧約聖書とタルムード。
旧約聖書にはユダヤ人が世界の民を支配してこれを導かなければ
ならないと書いてある。これはかなりの自惚れである。
タルムードにはユダヤ人以外は禽獣であり、彼らの資産は故なくして
ユダヤ人から奪われたものである。従っていつでもこれを無償で
取り戻せると書いてある=お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの。
共産主義はユダヤ人モルデカイ・モーゼがユダヤ教の宗教改革として
でっち上げた虚構仮説。共産主義はユダヤ的メシア思想=革命ユダヤ人と
地上の楽園という至福千年王国によって歴史の弁証法的発展を止揚する
ことによって人類を終末へと導くものである。階級の対立は消滅し、国家は
解体され歴史は終止し、エホバの代わりに人間意思と能力を無視した
「経済的必然」という新たなる「神」によって人間は支配されるのである。

314 :Y:04/03/20 21:09 ID:LMMpvgij
>>313
貴方の一方的な旧約やタルムードの「意訳=貴方の主観的な」でなく、原文
(日本語訳でもよい)そのものを、ここに提示しなければ、説得力がない。
かかる香具師は、皆、このような悪弊を持っている。
マックス・ヴェーバーの『古代ユダヤ教』(岩波文庫)を読め!


315 :Y:04/03/20 21:15 ID:LMMpvgij
どの民族でも、己が民は最高だと信じている。
わが国においても、戦争中は、「大八洲(オオヤシマ)は神国なり」と、言っていた。

316 :Y:04/03/20 21:29 ID:LMMpvgij
欧米のキリスト教諸国の為政者は、己の国を「神国」とは決して言わない。
そうではなく、おのれの国家が、如何に多く「神(勿論キリスト教の)」の
ご加護を受けているかを誇示する。 イスラムでもそうだ。布施院の演説を
思い起こせ。


317 :313:04/03/20 22:07 ID:???
>>314
では、ラビ・マービン・トケイヤーの著書をお薦めする。
2000年出版された「ユダヤ商法」を読まれたし。
それ以外にも彼の著作物にはユダヤ思想がちりばめられている。
彼はマルクスが世界の人民に迷惑を掛けたと本の中で詫びている。
>>315
なるほどごもっとも。しかしその思想を他民族に押し付けるという
点では戦前の日本も近現代のユダヤ人も変わりは無い。
マルクス・レーニン・ルーズベルトはユダヤ人であった。
>>316
彼らの神国はあの世にある。ユダヤ人はイエスを認めなかったので
永遠にこの地獄である現世を最後の審判の後も彷徨う運命にあると
彼らは思っているのだが。日本には死後への関心は現在では薄い。
一般に不幸を免れる事が幸福である。だから極楽のイメージは極めて
曖昧である。結局「笑う門には福きたる」が真理ではないのか。
微笑みの国と呼ばれる日本は「神国」かどうかは判らぬが「最も神国に近い国」
であるのは世界中が認めるところであろう。

318 :Y:04/03/20 23:16 ID:11gN4pRx
 Mヴェーバーとトケイヤーを、対決さすのか?
☆とにかく、Mヴェーバー『古代ユダヤ教』を読め。

>マルクス・レーニン・ルーズベルトはユダヤ人であった。
☆無意味な言説である。論難する相手を、「ユダヤ人」と決め付ければ、
それだけで己に賛同してくれる…と、思い込むのは、甘え以外の何物で
もない。世界は、そんなに甘くない。


>ユダヤ人はイエスを認めなかったので永遠にこの地獄である現世を
最後の審判の後も彷徨う運命にあると彼らは思っているのだが。
☆イエスを認めないのは、ユダヤ教徒だけでなく、イスラム教徒・仏教徒
儒教・道教信者ら皆そうである。
欧米人は、現実に日本人や中国人にそんな仕打ちをしたか?



319 ::04/03/20 23:30 ID:11gN4pRx
ところで、下記のスレッドの方々に、当スレッドの視察旅行を薦めておきました。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/sociology/992878015/l50

320 :右や左の名無し様:04/03/20 23:37 ID:???
久しぶりに覗いてみたら..
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) イツノマニ カルト スレ ニ?

321 :右や左の名無し様:04/03/21 00:03 ID:???
>>318
もう一度、「善悪の彼岸」「道徳の系譜学」を読まれたし。
ユダヤ人が欧米で何をやってきたかを整理されたし。
共産主義とメシア思想・終末思想の関係に関してコメントを頂きたい。
日本人の定義・ユダヤ人の定義についてもお知恵を拝借したい。

322 ::04/03/21 00:22 ID:6a91lrLF
ユダヤ人をキーワードとして、思想や社会科学を展開すること自体が
胡散臭い。最初から、結論を隠しておいて論考するのは、
科学的研究方法ではない。
>321に書かれている、諸項目を「破棄」することです。
これは勿論「学問」ではないだけでなく、一つの強引な入信行為です。
貴方自ら「みそぎ」をすべきです。

323 ::04/03/21 00:28 ID:6a91lrLF
>>321さん江
もう見え見えの手品は止めておきましょう。
誰も、見物人はいません。  自己陶酔でしかありません。

324 :右や左の名無し様:04/03/21 00:40 ID:???
読んだ上で結論を聞こう。知識が無いうちは答えなくてもいい。

325 :右や左の名無し様:04/03/21 01:06 ID:U8ITQMWm
人間、善悪二元論に陥りやすい。このスレにはヘーゲル原理主義者が多いようだが
かなり創造力がそがれている。○か×かで物事は語れないのである。ここで
問題なのは観念論か唯物論かだが、どうか皆様醒めた目線で見てもらいたい。
自由・民主=絶対善と錯覚しているうちは歴史のカラクリは見破れない。

326 :sage:04/03/21 02:24 ID:???
>>308 空即是色をお忘れなく。
>>311 同感。君子は和して同ぜず。

327 :Y:04/03/21 10:22 ID:NznVyXMS
“木を見て森を見ざる”〜と言います。森どころか、木すら見ていない。木の
小枝の虫が喰った葉っぱしか見ていない。その葉っぱが森全体だと勘違いしている。
        
  ‘森を見よ!’

それには、Fブローデルの『物質文明・経済・資本主義』や『地中海』
(共に藤原書店刊)が最適。司馬遼太郎の『街道を往く』と同じで、気軽に読める。

328 ::04/03/21 10:27 ID:NznVyXMS
>>234
そういう貴君も、Mヴェーバー『古代ユダヤ教』(岩波文庫)を読め。

>読んだ上で結論を聞こう。知識が無いうちは答えなくてもいい。<
☆同感


329 :右や左の名無し様:04/03/23 10:10 ID:9Ie9Yp+G
医食同源

330 :右や左の名無し様:04/03/23 10:59 ID:SF55xc+g
あほもの!
勉強するくらいならニチャンするわい!
そうゆうのは賢いコテハンが三行にまとめて解説すれ!

で、その解説を俺が知ったかぶりして友達に話す・・・と。
(友達のセリフ)
「うおお!329って、実は頭が良かったんだな。」
(漏れ)
「ふっ、いやなに大した事はないけどね。
 まあ、君も思想とかに少しは関心を持った方がいいかもネ。」

漏れの株急上昇中↑↑↑↑↑

331 ::04/03/23 20:25 ID:wja2aWnO
>>330
オメデトオゴザイマス!  江戸風曲芸師?

332 :日本酒鬼薔薇:04/03/23 20:28 ID:???
やっぱ
『我が闘争』でしょ

333 ::04/03/23 21:22 ID:wja2aWnO
かの、伍長あがりの男の言ってることは、ゲルマン民族の深層心理に前
々からあった事だ。「伍長」が、それを意識の表に出しただけのことだ。
ドイツ(‘墺’も含めて)のユダヤ人には、二派あって、
@ゲルマン民族と融合を目指す派(マルクスや音楽家のマーラー)と、
Aシオニズムを墨守するグループ(マルティンブーバー[墺]。ハンナ・ア
ーレントはどちら?)とがある。

どちらがどうとは、日本人としては言う資格はない。


334 :右や左の名無し様:04/03/25 01:10 ID:/FAf3Z8U
>>305
自由と友愛だけだったら、法的な平等の権利はどうなんるんだよ?

335 :右や左の名無し様:04/03/26 01:20 ID:/CKpj6ER
大食い思想。手先が器用思想。リフォーム王思想。和菓子職人思想。
優劣をつけることは不可能。どれも等しく価値がある。

336 :右や左の名無し様:04/03/26 01:48 ID:???
ご都合主義こそ過酷な人生を生きていく上で最高の思想。
世の中口の強く上手いものが生き残るのは常に歴史の示す所。

337 :右や左の名無し様:04/03/26 02:19 ID:???


338 :右や左の名無し様:04/03/26 08:50 ID:???
>>336
どう歴史が示しているのでしょうか。このスレ読んだ限りでも必ずしも
そうでないという印象ですが。

339 ::04/03/26 19:47 ID:2+3Vmg/e
>>338さんの言うとおり。
ヨク、“所詮、この世の中は「カネ」だ!!〜”と、叫ぶ人がいますが、
それは、その人の‘希望’を述べているに過ぎません。
そう言う人に限って、案外お金は持っていないのが普通です。
  ☆だから、かかる たぐいの言説には、驚いてはなりません。

340 :右や左の名無し様:04/03/26 20:03 ID:c4a4Hn9f
>>336
>ご都合主義こそ過酷な人生を生きていく上で最高の思想。

ご都合主義は最低の思想だ、ヴォケ

341 :336:04/03/26 20:04 ID:???
私はねえ、一つの思想では必ず時代や状況が変わるとやっていけなくなるから
そういうのを「ご都合主義」と命名しただけなんだよ。拝金主義なんて馬鹿馬鹿しい
し所詮この世には真理なんて在りはしないということさ。政治家でも問題のすり替え
なんてしょっちゅうでしょ。若いうちは色々あるけど世の中の仕組みを学んでいくと
自然と「己の欲する所に従いて則を超えず」になるということさ。思考は柔軟に。

342 ::04/03/26 21:59 ID:G5vYMfQ/
>>336>>341
結局、それは敗北主義やんか。要するに、思想を持たなければ良い〜と、
言うことやんか。

人間は誰でも「利害関係(Interest)」によって動く。
しかし一方、人はまた理想(Ideology=思想)を持っている。
では、現実はどうなるか? 
“理想に向かって利害関係が突っ走る”(Mヴェーバー) 

343 ::04/03/26 22:33 ID:G5vYMfQ/
思考は柔軟に。思想は厳として。

344 ::04/03/26 22:51 ID:G5vYMfQ/
自由と友愛を、「自由主義」と「パレート最適」(岩波『哲学・思想事典』参照)
に置き換えてみると、この二つが両立し得ない事を、ノーベル経済学賞を受賞した
Aセンが数理学的に証明した。
両立さすためには、どちらも修正しなければならない。
その修正方法が民主的であること。

345 :右や左の名無し様:04/03/26 22:59 ID:???
他人の意見を良く聞くのが最高の思想だ。自分の思想の絶対性を信じて疑わない
人間には意外とこれが出来ないもんなんだ。特に自分と正反対の意見にはしっかりと。

346 ::04/03/26 23:05 ID:G5vYMfQ/
>341には、「偽」が三ヵ所ある。
@ 所詮この世には真理なんて在りはしないということさ。
A 政治家でも問題のすり替え なんてしょっちゅうでしょ。
B 世の中の仕組みを学んでいくと

である。  以下、私見です。

@ そう決め付けてはならない。
A 必ずしもそうではない。
B ほんとに学んだのかよ?

347 :右や左の名無し様:04/03/27 00:17 ID:Lgx4K6NX
私が思うに、星座占い。
それとゲーデルの不完全証明がまだ有効なら、それ。
優れてるんじゃなくて、基礎的でわかりやすいという意味で。

348 :洩れ車:04/03/27 00:50 ID:???
>>328
ガムバって読んでみます(青息吐息)。
「学は自ら時代遅れになることを望む」(『職業としての学問』)

>>333 > 日本人としては言う資格はない。
それは腰が退け過ぎでは。

>>336 >>341
現状追認的理想主義? 現実的理想主義? 情熱的日和見主義? 何にせよ御都合主義は酷杉。

あと洩れは以前フランシス・フクヤマ氏を誹謗してしまいましたが同氏の『「信」なくば立たず』は好著だそうです(飯田経夫)。失礼しました。

349 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/03/27 02:24 ID:8VozpixY
だから一番劣ったのがマルクスのあれです。

350 ::04/03/27 21:22 ID:G+5oJmjG
恋の思想=「きぬぎぬ」(‘後朝’または‘衣衣’) 日本的な、余りにも日本的な。

平安王朝の恋の作法に、きぬぎぬというのがあります。一夜を共にした後の朝、
男女が、もう再び会えないであろう為に、互いの肌衣を交換して別れた…。
肌身離さず、といいます。
中世ヨーロッパでは、「トリスタン〜イズー」の情熱恋愛がありますが、わが国
の恋の思想は きぬぎぬです。
『源氏物語』から西鶴・近松など。和歌・俳句に恋は読まれています。
(中国の詩には、恋は先ずない)
室町時代の連歌、芭蕉以降の歌仙には、月と花(さくら)に恋が必ず読まれます。
このスバラシイ「思想」=伝統を、いつまでも守りたいですネ。


351 ::04/03/27 21:32 ID:G+5oJmjG
PS
2003年度:日本映画『ヴァイブレータ』(キネマ旬報:ベストテン第3位)
広木隆一監督・大森南朋・寺島しのぶ主演。
これも、現代のきぬぎぬでしょうか。

352 :右や左の名無し様:04/03/27 21:54 ID:rN2GRTgU
だから一番劣っているのが天皇制のあれです。

353 ::04/03/27 22:16 ID:G+5oJmjG
それから「きぬぎぬ」は、江戸時代の小唄・端唄・新内・清元などにもでてきます。
わが国には、恋の思想は“色道”の一部分です。色道には、女色と男色があります。
男色はまた、衆道ともいいます。わが国では、何事も道です。「道」とは思想のこと
です。〜仏道・神道・剣道・柔道・華道・茶道・歌道などなど…(政治も政道)


354 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

355 :右や左の名無し様:04/03/27 22:33 ID:YSkzdP5R
インターネット掲示板「2ちゃんねる」(http://www.2ch.net/)の利用者達で
明日(28)日の午後2時から中国大使館前でデモが行われるという書き込みを発見
しましたのでお伝えします。このデモは、尖閣諸島への中国人活動家の不法上陸事件
と中国の日本大使館前で日本国旗が燃やされた事に対する抗議運動だそうです。

掲示板のURLは、http://off.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1080254290/です。

まとめサイトhttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/2274/

356 :Z:04/03/27 22:35 ID:???
「きぬぎぬ」は、 吉原で遊女とパンツを交換し 女房にばれて ”濡れ衣”
と騒いだことからきます。

いまでの その男の残したふんどしの松というのが、吉原にあるとか?


357 ::04/03/27 23:07 ID:G+5oJmjG
吉原にも「きぬぎぬ」があったのか!!
それはオモシロイ! 
これも、一つの スカタン恋の思想だ。
このエピソードを、漏れの「恋の思想」の裏打ち(Backer)に利用させていただきます。

ただ、「Z」というイニシャルが気に喰わんが…。

358 ::04/03/27 23:16 ID:G+5oJmjG
>>356
吉原で交換した花魁のパンツは、Tバックではないか?
そもそも、六尺褌は男のTバックだから。

359 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/03/27 23:49 ID:8VozpixY
>花魁
これを正しく「おいらん」と読めるヤシはなんぼほどおるのん?

360 :右や左の名無し様:04/03/27 23:51 ID:???
常識じゃない?うる星やつらでも出てくるよ。

361 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/03/27 23:55 ID:8VozpixY
さよか? フジテレビアナウンサーがアフォの極みということか。
おりは全問正解やったで。ただし、"ちょうすけ"の漢字だけはあやふや
だったけど。

362 :Z:04/03/27 23:57 ID:???
遊女の手紙に、男の忘れていったふんどしの長さと臭さに閉口したという
落語もあるよ


363 :右や左の名無し様:04/03/28 00:58 ID:lQYARq9t
「思想」の「おもふ」が既に恋慕の意味ですからねえ。
『論語』の中にも古謡に託して思想(絶対的なものへの憧憬)を恋情になぞらえた一節がありますよ。

364 ::04/03/28 01:06 ID:hNrnqHDf
>>362 やっぱ、九鬼周造『「いき」の構造』はれっきとした思想やねんなァ。
意を強くした。

それにしても、Zは漏れの登録商標やゾー。(別の2channelの板で)

365 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/03/28 08:11 ID:bzk5+J7u
神と信者の意識疎通を男女の恋愛に喩えた雅歌つーのもあったな。

366 :洩れ車=363:04/03/28 11:29 ID:???
>>365 > 神と信者の意識疎通を男女の恋愛に喩えた雅歌つーのもあったな。
「若いうちに汝の妻を楽しめ」みたいなフレーズありましたよね。若造の頃に
ハァハァしてますた。思春期のユダヤ・キリスト教徒もそうなのかな。

>>270 > 彼らは心から笑うことがあるだろうか。
二人で並んで一緒に海を眺めたり星を凝視めたりしていると直に向かい合っている
時に劣らず心が通い合っているなあって感じがするけれど、一緒に人格神に向き
合っているときはどうなのだろうか。間に割り込んだ妬む神への嫉妬は感じない
のだろうか。『1984年』のビッグブラザーを思わせないだろうか。神は人格を
持ってもいるし持っていなくもあるのではないだろうか。

367 ::04/03/28 20:22 ID:9+Sg9OF8
ユダヤ教・キリスト教は、共に一神教だ。
「主」のほかに神はいない。(妬む神なんて…)

368 :右や左の名無し様:04/03/28 20:39 ID:???
神は死んだ。私はお前たちに超人を教えよう。人間は超克されるべきものである。
人間を超克するために、お前たちはこれまで何をしたのか。凡そ生あるものはこれまで
自己をこえて何物かを作り出してきた。お前たちは、この大いなる潮の引潮たろうとし
人間を超克するよりは、寧ろ動物に戻ろうとするのか。
                       ニーチェ「ツァラトゥストラはこう語った」

369 ::04/03/28 21:16 ID:9+Sg9OF8
確かにMヴェバーは、マルクスとニーチェに影響を受けたが、100%マルクスやニーチェ
になったわけではない。ニーチェから何を取り、何を排除したか。
“神は死んだ”〜これは取らなかった、と思う。彼は無神論者ではなかった〜だろう。
理神論者だったろう。

たとえ己が無神論者であっても、人類の大多数が神を信じておれば、その「行為」を
無視し得ない。 社会科学者として…学問上。

370 :右や左の名無し様:04/03/28 22:15 ID:m0mTXEmu
tyutyesisou

371 :右や左の名無し様:04/03/28 22:25 ID:reMfR0d/
http://www5e.biglobe.ne.jp/~kozi/

372 ::04/03/28 23:02 ID:9+Sg9OF8
では、ヴェーバーがニーチェから採取したものは何か?
これは、あくまで私個人の考えだが(未だ、完全ではないが)、
@祭司支配型
A戦士支配型
の二つの内、ヴェーバーは@でなく、 Aを取った。
そのAは、中世封建社会を生み出し、市場経済が勃興し、市民が生まれ、
宗教改革によって、旧来の神権でなく、世俗的禁欲を基盤とした俗権(王権
→絶対制)が近代社会を生み出した。ヴェーバーはそれに立脚したのではな
いか。 そこから、近代資本主義が生まれ、官僚制が自立的に高度化して、
「鉄の檻」になる。その鉄の檻が、自由や民主主義と皮肉にも両立するとこ
ろに問題がある。
それへの回答は、ヴェーバーはしていない。
このコースは、西ヨーロッパ(Occident)と日本のみがたどったコースである。
(わが国は、平安末鎌倉時代から明治維新まで、武家支配であった)


373 :右や左の名無し様:04/03/29 01:04 ID:MLASYavZ
ウェーバーはDQNだと思います

374 :右や左の名無し様:04/03/29 01:12 ID:???
証明できない思想は時間の無駄だね。
人間に必要なのは技術とか知恵とか知識だよ。


375 :右や左の名無し様:04/03/29 02:57 ID:???
確かに智恵は大事。
技術や知識は証明や蓄積ができるが、智恵は蓄積はできても証明はできない。
ウェーバーに倣えば、どんな智恵も、時代遅れになることを自ら望む。詭弁のようだが、これこそが智恵だとしか言いようがない。

376 :右や左の名無し様:04/03/29 09:51 ID:???
プロテスタンティズム=騎士道≒武士道なのか?

377 :右や左の名無し様:04/03/29 13:31 ID:???
中道思想はかなり良い考え方だと思う。
極端な思想は魅力的だが、実は無く、むしろ有害である。
本当に大切なのは程度がちょうどよい事ではないだろうか?
仏教の最初の悟りだったような・・・・・・

378 ::04/03/29 23:52 ID:8/hmo/1/
>>377
>仏教の最初の悟りだったような・・・・・・
最後に↑を持ち出すから、ヤヤコシくなるのだ。
「科学的論考」において、宗教教義で締めくくってはならない。
宗教と科学は、カテゴリーが違う。

>>376
プロテスタンティズム≒騎士道=武士道
だ。

379 :Z:04/03/30 00:59 ID:???
ああ わすれてた 吉原でフンドシといえば 越中フンドシ(Tバック)です。
白河公の倹約令で そのようになったといわれています。

おいらんは腰巻でパンツは長崎の出島専用だとか


380 :Z:04/03/30 01:03 ID:???
>ぶこの世で最も優れてると思う思想

設定そのものが 自己矛盾だな!


381 :377:04/03/30 12:35 ID:???
>378
私は仏教って宗教に見えないんですよね、釈迦が言ったとされることとかを
素人向けに噛み砕いたものを読むと、どう考えても哲学に見えてくる。
迷信が幅を利かせたあの時代に論理哲学をしたのが、ゴータマのすごい所なのでは?
と思うしだい。私の中では出来の良い孔子という印象なのです。
まぁ後の仏教は宗教バリバリなので残念なのですが。
で、中道の考えは良いこと言っているなぁと、非宗教人(どこの信者でもない)の私としては
思った次第。


382 :右や左の名無し様:04/03/30 13:28 ID:???
浄土宗や学会はどうみてもお釈迦様の教えではないな。

383 :Z:04/03/30 13:46 ID:???
まああ 観音様でも拝んでなさい。


384 ::右や左の名無し様:04/03/30 13:48 ID:???
ありがとうございます。


385 :377:04/03/30 15:04 ID:???
>383
観音様は良いよね、冷静になればグロいんだろうけど、妙に惹かれる。
拝むのが嫌いな人間もいるだろうけど、俺は必ず拝む派だね。
前言を撤回して、男にとっては観音信仰が一番優れた思想だと主張する。

386 ::04/03/30 22:12 ID:Qq+89+cz
(開放政策の社会主義下の中国では、儒教が宗教であり〜当たり前だ!〜
と言ってしまえば、それまでだが…また、道教は仏教と融合している感じ〜
「お金を下さい!」と、拝んでいる〜私は、それを見た)

宗教が思想かどうかは別にして、浄土真宗は、キリスト教(プロテスタント)
に似ている。
@ 阿弥陀如来が、唯一信仰の対象である。
A “善人なおもて往生をとぐ。いわんや悪人おや”というが、その一方で、
  “念仏申して極楽に生まれる種にてや候や、また地獄に落ちる業にてや
  候や。総じてもて、存知せざるなり”と、親鸞は言っている。これは、
  プロテスタント:カルヴァン派の「予定説」に似ている。
B 他力本願、即ちピューリタニズムである。
C 天皇も阿弥陀如来の下にある…と、言う。
ちなみに言うと、近江商人は、熱心な浄土真宗の信者であった。
[浄土真宗の倫理と資本主義の精神]?


387 :右や左の名無し様:04/03/30 22:26 ID:???
信長や秀吉に家康がてこずったわけね、和製キリシタンに。

388 :右や左の名無し様:04/03/30 22:42 ID:???
カルヴァンは一向宗をパクッたのか

389 :洩れ車:04/03/30 23:27 ID:uicou7Pp
仏教の中道と儒教の中庸と正反合の合って通ずるものがあると思う。

390 :右や左の名無し様:04/03/31 00:07 ID:Bu22A53r
君たち、無知の知を知ったら宗教など信じられなくなるのだよ

391 :右や左の名無し様:04/03/31 00:33 ID:lq8SYgLi
>>390 孔子とソクラテスと釈迦とイエスと道元とウェーバーと池田晶子と養老孟司と森岡正博ほかで禿しく既出。別の展開きぼんぬ。

392 ::04/03/31 00:34 ID:XFDGs9o1
歴史における「正史と稗史(はいし)」
歴史は思想の基になるものであるが、その歴史には「正史と稗史(はいし)」がある。
例えば、中国においては、『三国史記』は正史だが、『三国志演義』は稗史である。
また、正史であろう莫大な『房総資料』を基にして滝沢馬琴が書いた『南総里見八犬
伝』は稗史である。馬琴は、八犬伝の中で、正史と稗史の違いを述べている。その代
表が、正史としての『日本書紀』であり、稗史として『古事記』である。
正史は為政者が編纂したものであり、為政者の意向があるのは当然であろう。といっ
ても、嘗ての『ソ同盟共産党史』の如き見え見えのものばかりではない。それなりに、
客観的に書かれている。
稗史はその点、作者の自由が主体である。思想とか心象(マンタリテ〜これが重要)と
かは、むしろ稗史にあるのだろう。
西洋でも‘クロニクル’がある。例、『ロシア年代記』など。
本居宣長が、『日本書紀』でなく『古事記』を研究対象にしたのは賢明であった。宣
長は日本のMヴェーバーだろうか。

註=歴史に心象の重要さを見たのは、アナル派〜Hブローデルである。宣長も古事記
に日本人のマンタリテを見た。(マンタリテは、エトスとパトスの統合)ホイジンガも
『中世の秋』に、中世末〜近世初の心象を描いている。歴史は描く事。マルク・ブロッ
クの『封建社会』もそう。


393 :右や左の名無し様:04/03/31 00:58 ID:???
古事記も日本書紀も出鱈目に過ぎんだろが。
中国の歴史書も嘘だらけだ。王朝が交代するごとに書き換えるんだからな。

394 :右や左の名無し様:04/03/31 01:06 ID:i5sb48DM
仏教

395 :右や左の名無し様:04/03/31 10:07 ID:???
儒教は宗教じゃないよな。
     
        子ハ怪力乱神ヲ語ラズ
                        だからな。

ルパンで本を漬けると内容が頭に入るスープの話で論語でやってみたら
ルパンが孔子になったけど、独善的で石頭のバカとして次元や五ェ門から
徹底的に嫌われていたよ。あれは流石に儒教の本質を指摘していて面白かった。

396 :右や左の名無し様:04/03/31 11:27 ID:KqSPZ8YL
>>390知ったかぶりはっけーん
無知の知とは「貴方の魂についての無知」であり、その無知を知ったら
宗教的探求心が無いとその無知は払拭できなってことだよ

397 ::04/04/03 22:30 ID:i/dIseg5
死者・生者〜死せる公明、生ける中達を走らす、という。(『三国志演義』では、
「死せる諸葛、生ける司馬を走らす」となっている)。

上原専緑(元一橋大学々長)『死者・生者』というのがある。歴史上の人物を、
人により、時代によって様々な観かたをしているが、それは死人が生きている人間
を翻弄しているのではないか?と、いうのである。

小林秀雄の有名な『無常といふ事』には、「生きている人間は何を言うやら、何を
しでかすやら、分からない。その点、死者が頑としている…」まァこんな事が書い
てあった。

“山は黙して語らず。人をして語らしむ。”という。深田久弥の『日本百名山』がそ
れだ。この本を山の思想書と、私は思っている。

398 ::04/04/03 23:24 ID:i/dIseg5
>>395さん江
>ルパンで本を漬けると内容が頭に入るスープの話で論語でやってみたら
>ルパンが孔子になったけど、独善的で石頭のバカとして次元や五ェ門から
>徹底的に嫌われていたよ。あれは流石に儒教の本質を指摘していて面白かった。

これは、西脇順三郎 流の象徴詩(サンボリズム)ですか?
イヤ、加藤郁乎ですネ。どちらも私は大好き!!  オモシロイ!
もっとムツカシイのがステファン・マラルメです。


399 :隊士:04/04/03 23:29 ID:???
>1
日本平和神軍の偉大なる現代の活仏で武道の達人である中杉博士の
日本原理講論をおいてほかにないた゜ろう。あたりまえのはなしだ。

これにてこのスレは終了だな

400 :右や左の名無し様:04/04/04 01:15 ID:???
死者は美化されやすい。儒教なんかその最たるものだ。

401 :右や左の名無し様:04/04/04 01:24 ID:83ZA4BtD
>>396
宗教的探求心って何よ?
それが=宗教ってなるのか?
宗教とは絶対の定義が存在するもの。
それが無ければ宗教とは言えない。
聖典や教義がなければ宗教ではない。
無知の知とは人間が無知であることを知るという単純な意味だ。

知的に謙虚であるなら絶対に正しい教えなどという発想を受け入れられなくなる。

402 :右や左の名無し様:04/04/04 01:24 ID:83ZA4BtD
だから宗教と無知の知は矛盾する

403 :右や左の名無し様:04/04/04 10:50 ID:???
老子+ガンジーが最も正しい。
それぞれの地域ごとの生活様式で、
成長や進歩を思わず小国寡民で生きるべき。

404 :洩れ車:04/04/04 13:17 ID:tK5bZ/KZ
>>403
世の中自足賢者ばかりなら善かろうが、(恐らくは困ったことに)内部であろうが外部であろうがDQNやDQN集団は必ず発生する。それを考えるとスイスのやり方(職人立国・永世中立・国民皆兵)は次善の策の一つなのかも知れない。

405 :右や左の名無し様:04/04/04 17:49 ID:+lasrY5i
>>1
リバータリアニズムが最強。

406 :右や左の名無し様:04/04/04 20:09 ID:???
すべては幻

407 :右や左の名無し様:04/04/04 23:32 ID:???
小国寡民には同意しかねるが、老子の考え方は見習うべきものが多い。思想とは言い難いけど。

408 :洩れ車:04/04/05 13:09 ID:???
>>367
誤解を招く書き方でしたが「主」=妬む神です, 解決済とは思いますが。「神々の戦い」
ならぬ「神々の狎れ合い」は ttp://homepage3.nifty.com/itako/story08.html

>>372
祭司支配型や戦士支配型に関するYさんの論考にはとても興味があります。
私なぞ実証的にはまるでDQNなのですが, 歴史的に見た各統治形態における
聖権・俗権・文化の担い手(提供者と享受者)等々の割り当て方を勉強してみたいと
思います。

>>392 ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1073384823/189

>>397
先日亡くなった網野善彦先生(日本人研究)の親友の阿部謹也先生の師匠ですね。
(重箱の隅ですが上原専緑でなく上原專祿で夜露死苦!)
上原先生自身, 亡くなった上原夫人との共闘を貫いて亡くなっています。
私も亡くなった網野先生に使嗾されて日本の歴史を勉強しています。

>>399 2ちゃんねる向けの概要の説明とおすすめの著作情報きぼんぬ。

>>400 死者に対して必要以上の美化も軽蔑も憐憫も行わないことが死者への敬意。

409 ::04/04/05 20:27 ID:+HzEQ+Bw
>>408洩れ車さん江
アリガトウございます。「上原專祿」さんでした。死者に失礼。
上原 博士はアルフォンシュ・ドプシュの弟子ですか?


410 :右や左の名無し様:04/04/06 16:21 ID:???
最も優れた思想などいうものが存在するなら
すでに世界はその思想で統一されているだろう。
未だに世界が統一されていないのを見れば
そんな思想が存在しないことを証明している。

411 :右や左の名無し様:04/04/06 17:25 ID:???
身も蓋も無いことを……

412 ::04/04/06 20:09 ID:oUpCORSo
>★★この世で最も優れた思想は?★★
要するに、「神々の闘争」だ。(M.Weber)

413 :右や左の名無し様:04/04/06 22:06 ID:???
小国寡民なら鎖国がいちばん。当時の日本には三十年戦争も太平天国の乱もなかった。
元禄・化政文化が栄えた。田沼時代には資本主義の萌芽が出て各種の技術革新も行われた。
各種思想も百花繚乱しシナの春秋戦国時代をも凌駕した。19世紀になってからだよ、
ヨーロッパに抜かれたのは。何よりもチョンがいなかったのが良かったな。


414 :右や左の名無し様:04/04/06 23:05 ID:+wuTudvH
キリスト教が世界宗教になるのに何百年かかってるか知ってるか?

415 :洩れ車:04/04/07 00:58 ID:OX0d6boS
>>409 またそんな難しそうな人を……アフォな洩れには分かりません。

>>410 ヘーゲルが「阿呆の回廊」と表現していたんでしたっけ。世界を統一する最も優れた思想がこれから現れる可能性が全くないと決まったもんでもないような気がしますが(弱いなあ)。

>>414 イエスが世界宗教にし、広まるのに数百年ということでは。爆発的膨張はルネッサンス以降かな?

416 :地球連邦:04/04/08 00:46 ID:Pq1VbLXb
久しぶりにきてみたら、丁度いい板があったのでかきこんでやろう!

当の昔に!わが地球連邦の対ローマ人類解放理論があるではないか!

白人上層部は依然としてヨハネを起こそうとしておるぞ!

たて!人類よ!結束せよ!
立て!日本人よ!早く蘇民現在をはたせ!!
白人上層部のヨハネの黙示録を阻止せよ!

あと君たちは早く解釈ごっこはやめるんだな!
行動だよ!行動!現在白人上層部を倒すべく莫大な署名を集めておるぞ!
今こそ署名せよ!学生は辞めるんだ!民衆の爆発よ!

主の神の言葉である!!!

地球連邦 www.federalearth.org

417 :洩れ車:04/04/08 21:33 ID:???
>>416
まるで早すぎる。早すぎる開戦は敗北への道。遅すぎる開戦も然り。
そもそも「白人上層部」なるところに一定数の同志を確保する作戦は完了したのか?
マジレスもどきスマソ。

★★この世で最も優れた思想は?★★j←それよりこの「j」が
何の指令なのかが気になって仕方がないんだが。

418 ::04/04/09 00:07 ID:WAxPcbQM
宗教を持ち出したら、その宗教を信じている教徒は、己の信じている宗教の
「教義」が最高の‘思想’だ!…と、いう事になってしまう。
そうなれば、神々の闘争でしかない。〜結論は出ない。
だから、思想の優劣(それがあると仮定しての事だが…)を論じる場合、
「宗教」は‘外部要因’として、論議の対象からはずさなければならない。
と、いう事は、「宗教は思想ではない」のだ。

419 :右や左の名無し様:04/04/09 00:11 ID:GIX8o9W+
############人質になった3邦人を救うべきか否か############
アンケートにご協力下さい!コピペもよろしくおねがいします!!

http://cgi.f36.aaacafe.ne.jp/~voteiraq/cgi-bin/fvote.cgi

#######################################################

420 :Z:04/04/09 00:11 ID:???
うーん うーん うーん むつかしいな うんこ うーん うんちが でん でた
                ノ⌒ 丿
                _/   ::(
               /     :::::::\
               (     :::::::;;;;;;;)
               \_―― ̄ ̄::::::::::\
               ノ ̄     ::::::::::::::::::::::)
              (     ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;人
             / ̄――――― ̄ ̄::::::::\
            (        :::::::::::::::::::::::::::::::::)
            \__::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
              ,ノ`,            \
             ノ/             ヽ
           ι.}           λ    )
            ヽ(,.          ノ!   r'
             (           l  .,/
             ノ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿へ
            ノ              ,)
           (  ∵ ∧∵    /,,丿
           \,,,,/人\__ノ   /
          (  ) (__)    (   )
          《  l (___)   《 ̄ ̄》
         《__(____)  《____》


421 ::04/04/09 00:17 ID:WAxPcbQM
>>418つづき
宗教の教義は、「合理的因果関係」によって解明出来ないモノである。
‘三平方の定理=ピタゴラスの定理’が宗教でないのと、同じである。
そのピタゴラスは、何だか奇妙な宗教集団を作っていたらしいが…

422 :右や左の名無し様:04/04/09 00:27 ID:???
科学と似非科学の境界ってどこですか?
科学信仰は宗教ですか?
物事の境界を決めるのは誰ですか?

423 ::04/04/09 00:40 ID:WAxPcbQM
又々の追伸
ある思想を100%‘信’じて仕舞えば、もう、それは思想ではなく、
「宗教」となる。
だから逆に、思想には科学の明言と同じく‘反論可能性’が無くてはならぬ。
(K.ポパー)   即ち、「色即是空」は思想ではない。宗教の教義である。
(反論可能性が無いから)

424 :右や左の名無し様:04/04/09 12:34 ID:???
>>422
イオンは科学、マイナスイオン水は似非科学。
活性酸素は科学、活性水素水は似非科学。
波動は科学、波動水は似非科学。
信仰は全て宗教。
物事に境界は無い。土地の境界線を決めるのは国家の勝手。

425 ::04/04/10 19:08 ID:hZd0rGvy
>>424
その通り。

426 ::04/04/10 22:26 ID:hZd0rGvy
ケインズは、Aマーシャルから経済学の手ほどきは受けた。しかし、彼が恩師から
受け継いだのは、経済学の方法論として「冷めた頭脳と、熱き心」だった。

☆合理的因果関係・反論可能性・冷めた頭脳=科学(人文・社会・自然科学)>哲学>思想>宗教
☆世界観・人生観・熱き心=宗教>思想>哲学>科学

427 :洩れ車:04/04/12 07:42 ID:/KGfgQKk
>>423
反証可能性(?)は釈迦の重要な教えの一つなのだが。「私の教えをドグマとして信じるな」
色即是空は「世界が成立している基盤は、いかなるドグマでもない」という意味に取れる。

428 :Y:04/04/12 20:35 ID:6a3IYg9N
確かに、「色即是空」は何とでも取れます。そこがウサン臭い。
バルザックの師:フローベルは、ある一つの情景を表現するには、ただ一つの
コトバ〜文章しかない…と、言った。
一つの事実に対して、一つのコトバがある〜それは必ずアル〜
ヴィットゲンシュタイン曰くデス…デス。

429 ::04/04/12 20:40 ID:6a3IYg9N
“人類の歴史は、階級闘争の歴史である〜”これは「色即是空」と同じである。
例の、馬克思曰く。

430 :右や左の名無し様:04/04/12 20:53 ID:mR0kN/xP
反証可能性への反証は認められているのですか?
認められていないのなら、反証可能性はドグマですね。

431 ::04/04/12 21:26 ID:6a3IYg9N
>>430さん江
いっぺん、「反証可能性」への反証をやってみて下さい。
どんな風になりますか、楽しみです。


432 :右や左の名無し様:04/04/12 22:10 ID:mR0kN/xP
命題:世界は科学者の実験室である
反証できません。

433 :右や左の名無し様:04/04/12 22:16 ID:mR0kN/xP
まあ悪い冗談にしかならないでしょう。
科学はドグマじゃないって言い張りたくて、
ポパー君が思い付いた痴れ者じゃなくて代物だし。

434 ::04/04/13 00:11 ID:pBc2m3mD
>命題:世界は科学者の実験室である
>反証できません。

その通りです。「偽」だから間違っているのでなく、
いかようにも、解釈出来るから、空虚な命題といえます。

435 :右や左の名無し様:04/04/14 22:13 ID:???
ルソーと中江兆民はうぜえ。老荘思想信奉者は山に籠ってください。

436 :右や左の名無し様:04/04/17 14:40 ID:AklAvgC0
宗教は思想に含みません。
宗教と思想の違いの定義は100パーセント正しいと思うかどうか。
反証可能性を認めるかどうか。
一般的に思想だと思われている考えも、100パーセント正しい、と思ってしまえば宗教になる。

社会科学も自然科学も絶対と定義してしまった時点で宗教に変化する。
ある概念が宗教になるか思想になるかは人のとらえ方によって変化してくる。



437 ::04/04/17 19:14 ID:q48uVvb0
>>436さん江
では、次に「思想」と「哲学(あるいは科学)」との違いです。
これは似ています。(例・岩波『哲学・思想事典』〜ここには宗教も
含まれているが、それはそれで良い) だからこそ、思想と哲学の
カテゴリーは厳密(?〜これが問題)にしておかねばならない、と思います。


438 :右や左の名無し様:04/04/18 06:17 ID:219Bg9i6
>>437
>では、次に

なんか反証可能性がそのまま取り残されて次にいく展開にはなぜか記憶がありますよ。

439 :右や左の名無し様:04/04/18 10:34 ID:dFsC/l/k
反証可能性に対しても反証可能性を用いればいいじゃない。
思想は絶対という終わりのない永遠のループみたいなもの。

440 ::04/04/18 22:28 ID:8nyrDelZ
>娼婦の思想について<
今夜NHKの「新日曜美術館」で、国吉康雄の特集をしていた。かの有名な
『タバコをくわえた女』があった。私の大好きな絵画である。国吉の‘女性像’
には、娼婦のイメージが重なって仕方がない。(といっても、差別ではないから
誤解の無いよう願う)
人類における最初の職業は、多分、人類における最後の職業でもあるだろう。
そこには、職業倫理や思想があるだろう。プロテスタンティズムの職業倫理だけが、
職業倫理ではない。
その思想について、熟考してみる必要があるのではないか。
これも、一つの思想である。

441 :右や左の名無し様:04/04/19 15:47 ID:VXdfdHUP
娼婦? ああゾンバルトがいってたなあ。

442 :*:04/04/21 21:04 ID:ZgXcGprt
戦後無責任主義
これ最強

443 ::04/04/21 23:45 ID:y7aQ0X2g
寺山修司に出てくる‘女’も娼婦だろうか。
(ここでいう娼婦とは、人間類型としての娼婦である)

444 :右や左の名無し様:04/04/24 04:02 ID:UBRCEK19
>>442
「わかっちゃいるけどやめられない」「だめだこりゃ」「赤信号、みんなで
渡れば怖くない」…風刺でトップをとった人は日本のダメさ加減を認識して
いた

「スピノチズム」は優れている。不完全だけど

445 :右や左の名無し様:04/04/25 11:15 ID:ZWJ4yFB+
「自由」

446 ::04/04/28 19:32 ID:9O3015/e
ところで話は変わるが、「ナチス」は‘国家共同体(国家ゲマインデ)’を目指したのだろうか。
勿論、私は、いささかもナチスに賛同はしないが…(@ユダヤ人ホロコーストAゲルマン民族優
越論B領土侵略など)。
国家共同体なるコトバに、カール・シュミットにしろ、時と場合によってはマルティン・ハイ
デッガーにしろ、真面目な幾多のインテリゲンチャにしろ、皆それに惑わされたのだろうか?

もしMヴェーバーが,もう10年生きていたら、ドイツにはナチスは興らなかった〜というが…。
果たしてどうだろうか?
ナチス理論には、@ABが必然だったのか?

To be or not to be,it is question.



447 :右や左の名無し様:04/04/28 20:17 ID:???
邪神を崇拝していますが何か?

448 :右や左の名無し様:04/04/28 21:22 ID:???
>>446
ナチス理論は、まずゲルマン民族優越論があって、その実現の為に、
国家社会主義があって、ユダヤ人ホロコーストと侵略による領土拡張
が必要だったんじゃないの?
今までそう思っていた。

>もしMヴェーバーが,もう10年生きていたら、ドイツにはナチスは興らなかった〜というが…。
>果たしてどうだろうか?

ウェーバーも乗っかっていたのではないかと思う。
民族主義の考えは19世紀後半ぐらいか出てきたもので(それ以前は人種主義)
当時はその危険性は認識されていなかった。
と言うより、ナチズムが民族主義の危険性を証明したのだが。

449 :右や左の名無し様:04/04/28 22:44 ID:ygwl0Ov/
ナチス理論で重要なのはアーリア人種至上主義でも国家主義でもなくて反ユダヤ主義だよ。
全ては反ユダヤ主義からでたものさ。反共も反資本主義も反国際主義も。
所でまだホロコーストを信じてる香具師がいたのか。物理的に不可能なのに。

450 ::04/04/28 23:32 ID:7U1mrTrs
なんでこんな事をいうかと言えば、もしヴェーバーが、もう10年、生きていたら、
ひょっとしたら、ヴェーバーもナチスに加担したかも知れないという、不安感が私の
心の奥底にモヤモヤとあるからだ。
日本の「ヴェーバー学者」は皆、全て“もう10年生きておれば〜”と言うんだが…。
ヴェーバーへの悪夢から、どうしても離れられない。
勿論、ぼくは、ヴェーバーの「徒」なのだが…。

451 :ウニ:04/05/01 02:11 ID:AdVYLOFs
>>446
俺は、あんまり勉強してねぇから細かい事はわかんねぇんだが、「正しい行動をしよう」ではなくて
「“おそらく正しい行動”をする事で、自分の人生を意義深いものにしよう」っつーコトでないかい?

ハイデガーの思想なんて、一言で言っちゃえば「世の中、何も信じられない」ってなモンで。
そんな中、「みんなで頑張ろう、世の中を発展させよう、もっと優れた世の中を!」って囁きは
そりゃあ魅力的な響きを持つだろうさ。

まぁ、30年ぐらい前の学生が「社会変革のために戦うことが、俺の人生に意義を与える」
と勘違いしちゃったのと同じじゃないかと思うんだが・・
曰く、「世の中なんてマヤカシだ、少しでもマシにしよう」
「それが俺の人生の意義であり、俺の人生は人類の歴史の1ページだ」みたいな・・・。
「社会と自分」ってのを主眼に置くと、結局は「世直し運動」に突き進んじゃうと思う。

452 :右や左の名無し様:04/05/03 01:23 ID:RaCKyKhr
世直し運動が世界をここまで発展させてきたのだが。
全ての革命は世直し運動だよ。

453 :kouei37@非戦主義 ◆F6bOI6PSbo :04/05/03 04:11 ID:???
男は黙って非戦主義。ok

454 :右や左の名無し様:04/05/03 04:36 ID:???
>>453 狡嬰37はずっと黙ってろ

455 :kouei37@非戦主義 ◆F6bOI6PSbo :04/05/03 05:06 ID:???
>>454
↑全力で煽ってます

456 :右や左の名無し様:04/05/03 12:09 ID:EXgK52lq
世直し運動を否定的に見る輩が多く存在する。
特に若者に多い。
まさに権力者の思う壺だ。

457 :ウニ:04/05/03 19:06 ID:j8NmFOib
>>456
俺ぁ、世の中ってのは、ほっとけば「最適な答」に突き当たるんじゃねーかと思うんだが・・・
革命って、二進法みたいだろ?シロかクロか、みたいな。
変革を肯定する場合は、伝統やら慣習やらもひっくるめてこそ、
「連続性を持った変革=人造イデオロギーによる歪みのない変革」になるんでないか?


458 :右や左の名無し様:04/05/03 22:19 ID:OXPyNDb2
ほっておけば最適な答えがでるというが、何を最適といっているのかはわからない。

世の中の権力構造を考えた場合に、ほうっておけば現状の権力構造がそのまま維持される。
当たり前のことだ。
権力者は自分の権力を手放さないのだから。
基本的人権も社会福祉も全ては、世直し運動を行ってきた結果だ。
人間社会は常にイデオロギーの闘争の場であり、それを放棄する思想は淘汰される。

459 :右や左の名無し様:04/05/03 22:35 ID:???
左も行きすぎれば社会主義、共産主義化するし
右も行きすぎれば国家主義化する。
どっちもヤだろうよ。

460 :右や左の名無し様:04/05/04 00:21 ID:ZdiVuqgW
世直し運動が無意味というのは政治的ニヒリズムだ。
一番権力者が喜ぶ発想。

461 :右や左の名無し様:04/05/04 00:30 ID:???
┌──┬──┬──┬──┬──┬──┬──┬──┬──┐
│幼女│性欲│同人│自慰│小林│変態│引籠│石原│靖国│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│妄想│__│__│__│__│__│憂国│__│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│無職│犯罪│無職│犯罪│無職│犯罪│無職│犯罪│無職│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│__│__│__│__│__│__│__│__│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│__│__│__│__│__│__│__│__│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│__│__│__│__│__│__│__│__│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│警察│松沢│警察│松沢│警察│松沢│警察│松沢│警察│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│学校│__│__│__│__│__│近所│__│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│通報│駆除│職安│務所│自閉│施設│電流│逮捕│行政│
└──┴──┴──┴──┴──┴──┴──┴──┴──┘


462 ::04/05/04 01:55 ID:BGT6DRTS
権力を「適視」する人間に限って、己が権力を握ったら、なお一層、権力の
‘とりこ’になる。そういう人間に用心しろ。アナーキーイズムがそうだ。
嘗ての中国の「文化大革命」は、能無しのバカ官僚や一部のバカ軍人が、能力
や才能のある人間に、ルサンチマンを抱いて起こした巨大なテロであった。
結局、混乱しただけだった。あれで、中国は10年後戻りした。四人組を粛清
して、再出発した。いま、開放〜社会主義的市場経済をうたっているが、いつ
何時、躓くか判らない。(ブルジョア的)民主主義というクッションがなければ、
何をやっても、最終的に成功しない。

463 :右や左の名無し様:04/05/04 09:25 ID:???
王手!

464 :右や左の名無し様:04/05/04 11:39 ID:4eytK5gc
>>462
権力を愛する人間も権力のとりこになるけどな(w
麻原みたいに。

465 :右や左の名無し様:04/05/04 11:58 ID:Xoh1KaPz
君の思想で以下のテーマに回答をあたえよ。左右共通の人民的重要課題

実は無年金者の生活保護費は、国民年金を40年負担してきた者の
2倍以上支給されている。 制度は矛盾だらけ!!
この現実がある以上、年金議論自体に意味がない。民主党の一元化どころか、選挙に向けて
「包括的セーフティネット」議論が必要。マスコミも国会もネットも無知すぎる。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4906496318/ref%3Dsr%5Faps%5Fb%5F4/249-6599773-4521964
内容(「BOOK」データベースより)

短期間・不足分のみの受給もOK!ハリポタ作者も使った「プチ生活保護」利用術。
「国民最後のセーフティネット」はじめての活用マニュアル。
●「生活保護世帯は極貧」という大きな誤解
●生活保護費は国民年金の2倍以上!?
●本来は若い人でも、健康な人でも受けられる!



466 ::04/05/04 13:16 ID:11FaJcKN
>>464
権力を愛する人間が権力の‘とりこ’になるのは、自業自得だ。
権力を(口先だけでは)愛しない〜あるいは敵視する人間の方がウサン臭い。
権力を敵視する人間こそ、陰惨な権力者になる。これが歴史の常道だ。
口先だけで、「平和〜平和」と唱えている人間もそうだ。己の時代になれば、
平和の名の下に、「粛清」をやる。そういうヤツに限って、スターリンをタテ
マエでは否定しながら、内心はスターリンの二番煎じをやらかす。

「歴史は二度繰り返す。最初は喜劇として、二度目は悲劇として…」馬克思

467 ::04/05/04 13:26 ID:rX8OSb/y
>466訂正
マルクスの言ったのは、「最初は悲劇として、二度目は喜劇として」であった。スマソ
しかし、歴史上では、「最初は喜劇」→「二度目は悲劇」の場合が多い。

468 :右や左の名無し様:04/05/04 13:38 ID:???
>>467
ブリュメール18日ですな。
確かに反戦平和を唱えている連中こそ、かえって凶暴な権力欲の塊である
ことは往々にしてあるよね。

469 :右や左の名無し様:04/05/04 19:51 ID:JsJg27HZ
別に反戦平和の主張と権力欲のあるなしは関係ないと思うが。

権力者を警戒して見ることは何時の時代も必要なことだ。

470 :右や左の名無し様:04/05/05 00:32 ID:ssQT0S3O
権力〜力=悪とは、余りにも幼稚すぎるのではないか。
権力とは何か?〜と、考えたことあるのか。
民主主義も、一つの完全な権力である。
Mヴェーバーは、権力を「合理的な暴力」といっている。(『職業としての政治』)
ルサンチマンにドップリ浸かっていると、思考〜思想がふやけてしまう。
権力は制度か? 人格か? マルキシストのいう階級というコトバに、権力が陰惨な
形で潜んでいる。



471 :右や左の名無し様:04/05/05 01:50 ID:???
>>13
>友情、努力、勝利
って、「週刊少年ジャンプ」の標語では?


472 ::04/05/05 11:28 ID:T38xgKZ6
マルクス主義者のいう「前衛」というコトバに、巨大な傲慢さ(ゴーマニズム)と
虚栄心が潜んでいる。


473 :杉山平助:04/05/05 13:05 ID:???
これからは、帝国の時代なんだから、ストア主義でしょう。
ロマン主義者にとっては地獄のような時代の始まりです。

474 :右や左の名無し様:04/05/05 15:38 ID:YdA8d1fa
>>470
別に権力=悪などと言っていないが。
ただ権力、特に国家権力は国民の生殺与奪件を握っているのだから、健全に運営されなくては困る。
権力が腐敗しやすいものであるのは歴史が証明しているから、何時でも警戒しておく必要がある。
権力者が暴走したら権力を持っている分、止めるのは大変なことだ。

475 :神軍隊士:04/05/05 16:25 ID:???
平和神軍の思想が世界一だろうが!

476 :右や左の名無し様:04/05/05 17:49 ID:???
大東亜共栄圏

477 :右や左の名無し様:04/05/05 18:07 ID:4YFJwJHC
「 抑(そもそ)も世界各国が各(おのおの)其の所を得相倚(あひよ)り相扶(あひたす)けて万邦共栄の楽を偕(とも)にするは世界平和確立の根本要義なり
 然(しか)るに米英は自国の繁栄の為には他国家他民族を抑圧し特に大東亜に対しては飽くなき侵略搾取を行ひ大東亜隷属化の野望を逞(たくま)しうし遂には大東亜の安定を根底より覆(くつがへ)さんとせり
 大東亜戦争の原因茲に存す
 大東亜各国は提携して大東亜戦争を完遂し大東亜を米英の桎梏より解放して其の自存自衛を全(まつた)うし左(*原文のまま)の綱領に基づき大東亜を建設し以て世界平和の確立に寄与せんことを期す。

 一、大東亜各国は協同して大東亜の安定を確立し道義に基づく共存共栄の秩序を建設す
 一、大東亜各国は相互に自主独立を尊重し互助敦睦の実を挙げ大東亜の親和を確立す
 一、大東亜各国は相互に其の伝統を尊重し各民族の創造性を伸張し大東亜の文化を昂揚す
 一、大東亜各国は互恵の下緊密に提携し其の経済発展を図り大東亜の繁栄を増進す
 一、大東亜各国は万邦との交誼を篤(あつ)うし人種差別を撤廃し普(あまね)く文化を交流し進んで資源を開放し以て世界の進運に貢献す」

478 ::04/05/05 23:44 ID:Dmlra05Q
>>474さん の言われる気持ちはヨクわかりますが、権力者の、「者」の意味が
問題です。「者」は‘階級(あるいは階層)’なのか、純然たる‘個人’なのか?
(もし個人としたら、それは独裁者であり、幸か不幸か日本には独裁者は出てこ
ない。日本に、ヒトラーやムッソリーニ・スターリンのような独裁者がいたら、
太平洋戦争などは起こっていなかった)
階級(階層)と個人(あるいは数人)とを、“こう言えばあヽ言う、あヽ言えばこ
う言う”と、ずるく使い分ける人がいます。‘
者’というコトバに人間悪というニュアンスを沁み込ませて、「‘権力’者」とい
う用語を用いることに、私は何か違和感を抱きます。


479 :右や左の名無し様:04/05/06 04:24 ID:I/mQVSso
ここで述べている権力とは国家権力のこと。
国家権力は常に厳重な監視がなされるべき。
国民生活に与える影響が他の権力とは桁違いなのだから

480 :右や左の名無し様:04/05/06 17:54 ID:li6W4LlW
ユダヤ本のスレができました。一度覗いて見てください。
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/books/1083761901/l50

481 :右や左の名無し様:04/05/06 23:58 ID:4wLVNZhO
国境なんか全て廃止して古臭い因習など全て捨て去ってしまえよ。
脳にチップでも埋め込んで悪さできないようにしてしまえよ。
ついでに最良な判断ができるようなチップも埋め込んでさあ?まさに天国で公平な社会
ができるぜ?国家権力なんか古臭いから、宇宙権力とでもいおうかな?
全ての人間に強烈な足かせつけておけば悪いことできなくなるぜ?
足とか怪我してみろよ?何もできなくてイライラしてくるからさあ?


482 :Y:04/05/08 20:10 ID:gi7jZyIO
>>474さん の言われる気持ちはヨクわかりますが、権力者の、「者」の意味が
問題です。「者」は‘階級(あるいは階層)’なのか、純然たる‘個人’なのか?
(もし個人としたら、それは独裁者であり、幸か不幸か日本には独裁者は出てこ
ない。日本に、ヒトラーやムッソリーニ・スターリンのような独裁者がいたら、
太平洋戦争などは起こっていなかった)
階級(階層)と個人(あるいは数人)とを、“こう言えばあヽ言う、あヽ言えばこ
う言う”と、ずるく使い分ける人がいます。‘
者’というコトバに人間悪というニュアンスを沁み込ませて、「‘権力’者」とい
う用語を用いることに、私は何か違和感を抱きます。


483 :右や左の名無し様:04/05/08 21:58 ID:???
後期ヴィトゲンシュタインかな

みずから築き上げた伽藍を弊履のごとく棄て去る

知的誠実にも萌え

484 :右や左の名無し様:04/05/09 18:22 ID:T370dr0e
>>482
権力者というのは権力を持っている個人のこと。現在の日本の最高権力者は小泉だ。
また自民党や官僚や財界のようなパワーエリートの集団も権力集団としてその動向を注視するべきだと思う。

485 :右や左の名無し様:04/05/12 18:02 ID:h/QtIkRG
やっぱりフランシスフクヤマじゃないけど自由平等友愛のリベラリズムが最高だね。

486 :Y:04/05/12 21:43 ID:7aoA2raa
>>485さんの言われる‘平等’とは、チャンスに遭遇するのが公平という意味でしょうか?
そのためには、競馬のように、公平になるために多少のハンディキャップを付ける。
ただし、チャンスを我が物にするのは、個人の努力次第…。
そういう意味なら賛成。

487 :右や左の名無し様:04/05/12 21:49 ID:2clab6jU
NHK  テレ朝  TBS  テレビ東京  朝日新聞
など

日本のマスコミは情報操作をすることによって
政治家を騙して  政治や経済  株式市場を  混乱させている

なぜこういうことができるかというと
政治家  経済人  投資家にとって  業務を行う上で
情報が必要なため  マスコミが情報を提供するというと
つい受け取らざる終えなく
しかもマスコミが 情報のソースを明かさないので
鵜呑みにして 嘘情報を信じざる終えない
  それでマスコミが  情報を操作して
伝えて 政治  経済  市場を混乱させることができるからである

このような情報の独占と  情報支配  それによる  情報操作
という  左翼マスコミの陰謀に対抗する必要がある


488 :右や左の名無し様:04/05/13 14:23 ID:Hm7O9okI
テレビ東京のどこが左翼マスコミなのか理解できない(w
日テレ、フジ、読売、産経、日経は健全なのか?

489 :右や左の名無し様:04/05/13 14:24 ID:Hm7O9okI
>>486
法的な平等という事です。

490 :Y:04/05/13 23:06 ID:hGET0ISA
競馬におけるハンディキャップは、それ専門の委員会で決められ、全馬が一列
でゴールへ入るのを理想とされています。しかし、そんな事実は一度も無い。
まして人間社会では不可能でしょう。「法」はそこまで細密ではない。
もし、そんな綿密な法が出来たとしたら、それは悪法だろう。モンテスキュー
のいうように。

491 :右や左の名無し様:04/05/13 23:26 ID:???
やっぱ主体(チュチェ)思想が最強だろう。
国民の7割が死んでも国はやってけるって話だぞ。
給料からピンハネするから税金も徴収しないってさ。

492 :右や左の名無し様:04/05/13 23:55 ID:???
てうか

作った張本人が亡命しちゃったみたいよ

493 :右や左の名無し様:04/05/14 00:00 ID:???
>>492

「自分」の命が危なくなったら逃げるってのは立派な「主体」思想だw

494 :右や左の名無し様:04/05/14 00:10 ID:???
自分本位

ってことね

夏目漱石みたいw

495 :奥崎謙三:04/05/14 21:57 ID:KMqNr4Wj
オレの思想よりも優れた思想なんかあるわけねーだろ!
分かったかキサマら!!

496 :ネオ:04/05/14 22:39 ID:???
Matrix has you.....

497 :右や左の名無し様:04/05/14 22:53 ID:ZxiLS+mb
奥崎健三ってどんな思想家?

498 :Y:04/05/15 01:07 ID:yucjT1sk
>>496‘Matrix’で思い出した。        ‘21世紀の大学’のシンポで、
「大学は、知(ブレッドではない。ソフトとしての知恵と、ハードとしての知識)
のマトリックスだ〜」と、言ったことがある。すると、ある教授が、「Matrix
には別の意味があって、誤解を招く…」とチャチャを入れた。そこで私は、「いま、
Matrixと言ったのは、正にその‘誤解を招く’意味で言ったのだ」と、切り替えした。

今や、その誤解を招く意味のM〜は、哲学用語として市民権を獲得している。

499 :右や左の名無し様:04/05/15 04:00 ID:???
危ないバッテリー商です

500 :右や左の名無し様:04/05/15 09:17 ID:???
>>495
死相が出ておるぞ!

501 :ネオ:04/05/15 21:45 ID:???
始まりがあるものには終わりがある。
何を恐れている。
おまえが言ったことは正しかった。
これは必然だ。

502 :奥崎謙三:04/05/16 00:38 ID:0iLGMqi7
バカやろう!オレは天皇にパチンコ撃ったんだ!!
オレの書いた「宇宙人の聖書」を読め!狂人ども!
釈迦もイエスもマホメットも乞食坊主にすぎん!
開闢以来最初に悟ったのはオレだ!わかったかキサマら!!

503 :右や左の名無し様:04/05/16 00:45 ID:???
以上、危ないバッテリー商でしたw

504 :奥崎謙三:04/05/16 01:01 ID:0iLGMqi7
バッテリーはもうやってない、今は「血栓溶解法」を毎日12時間やっている。
くだらんオレの映画だけ観てオレを判断するな!オレの本を読め。わかったか
キサマら!!

505 :右や左の名無し様:04/05/16 01:10 ID:???
もしかして、まだ生きてんの?

506 :奥崎謙三:04/05/16 02:40 ID:0iLGMqi7
当たり前だ!オレは120歳まで生きてゴッド・ワールドを創るんだ。
神様がそう決めたんだ。オレの思想が正しい事は歴史が証明する!


507 :右や左の名無し様:04/05/16 04:51 ID:glIdnsaJ
http://mypage.odn.ne.jp/home/syusuke3821

508 ::04/05/16 07:15 ID:???
>>1 そんなものはない。 いるとしたら フローレンス・ナイチンゲール 彼女は過重労働により 部下を過労死させた。

509 :洩れ車:04/05/18 19:10 ID:???
>>508 「生命とは死亡過程である」ってことですか? てか意味わからん。

510 :右や左の名無し様:04/05/21 21:10 ID:???
生死即涅槃(しょうじそくねはん)

511 :右や左の名無し様:04/05/25 02:23 ID:rRxbo6+k
おくざきさんはいつ選挙に立候補するのですか?

512 ::04/05/25 21:11 ID:dASky8ta
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/992878015/l50

上記のURLに、故ケネディ大統領の特別補佐官であった
セオドア・ソレンセンの事をカキコしました。
乞う、ご一覧

513 :奥崎謙三:04/05/26 01:24 ID:7JTBEHpv
政治で世界は変えられない。余の思想が全世界に広まり、狂気の人類が
正気付いて、己の生き方を180度変えれば、自ずと人類は一つになり
人の上の人、国家が地球上から消滅し、ゴッドワールドが実現するのである。

514 :奥崎謙三:04/05/26 16:31 ID:7JTBEHpv
人間は水のようなものであり、歪んだ容器に入れれば歪んだ形になり、
整った容器に入れれば自ずと整うのである。現在の世界構造は歪んでいるので
、人類は生まれた時には正常なのだが、育つ過程でしだいに異常になってゆくのである。
従って人類を正常にする為には、社会構造を根底から変革するしかない。この原因を変えずに
世界を変える事は木に登って魚を捕ろうとするがごとき愚かな行為であり、正常な人間ならば絶対にしない事である。
この単純な理論の解らない者は、自分が歪んでいる事にも気付かない哀れな狂気の非人間である。

515 :右や左の名無し様:04/05/26 22:14 ID:???
奥崎バブルは終わった

さっさと成仏せぇや、新軍平等兵

516 :右や左の名無し様:04/05/26 22:15 ID:???
進軍

517 :奥崎謙三:04/05/27 00:40 ID:Nsjym8+w
余の思想は真理であるがゆえ、バブルのように弾けたりはしない。
余の命には限りがあるが、余の思想は永遠である。


518 :右や左の名無し様:04/05/27 06:33 ID:???
その正体は松沢病院の葦原将軍

519 :右や左の名無し様:04/05/27 17:50 ID:qKA6CRA8
>>513

思想で世界は変えられない。

あくまでも合法的な枠組みの範囲内での話に限定するなら、政治によって世界は変えられる。

だから他の宗教団体に比べて創価学会の影響力は桁違いなのだよ。

イスラム原理主義の影響力は桁違いなのだよ。

それは政治に関与してくるから。

思想闘争、政治闘争、経済闘争の中で最も強力なのは政治闘争です。

520 :奥崎謙三:04/05/28 02:12 ID:2rRMcRI0
政治は腐敗する。真理は不変である。

521 :右や左の名無し様:04/05/28 12:26 ID:eDTdAQOo
奥崎ってヒュームのパクりかな?
>>1
社会システム理論あたりがいいんでないの?

522 :右や左の名無し様:04/05/28 14:04 ID:???

 NHK「土曜リポート フィクサー児玉誉士夫」
 国家社会主義者 津久井龍雄 先生インタビュー
  
 我々の運動は、あのう、日本が戦争で負けた時にネ。一応その使命を、
 使命と言うか、まあ、終わったと。ほいで新しい物は起きてくるからいいんだと
 私は考えていましたですネ。
 
 そういう意味において、まあ、児玉君なんか、再建、右翼を再建すると言うのは
 いいとしても、そのためには、まあ、既成の勢力を利用しようとしたんでしょう
 けれども、それが、まあ、ミイラ取りがミイラになった所があるんじゃないかと
 思うんですネ。
 
 なにしろ金が無ければですネ、何一つ動くことができませんから、だから
 それが、まあ、児玉君なんかの頭を支配しているから、それでもう目的の
 ためには、多少手段を選ばないという所があって金をナニしに作るために
 奔走したと、それだけに、まあ、あれでしょ、力も児玉君ができたわけでしょうネ。

523 :右や左の名無し様:04/05/28 15:00 ID:2rRMcRI0
政治で日本の社会が良くなると本気で思っているおめでたい人は
広瀬隆の「私物国家」を読んで下さい。
特に政治家の人とこれからなろうとしている若い人は。

524 :右や左の名無し様:04/05/28 15:01 ID:2rRMcRI0
政治で日本の社会が良くなると本気で思っているおめでたい人は
広瀬隆の「私物国家」を読んで下さい。
特に政治家の人とこれからなろうとしている若い人は。

525 ::04/05/28 19:52 ID:wiwNdaIf
☆「法」と「しきたり(甘えも含めて)」〜中根千枝のタテ社会論から。
中根氏は日本人は法遵守意識に乏しく、それよりもシキタリを重んずると言う。

今回の小泉首相の北朝鮮訪問で問題となったのが、ジェンキンス氏の日本帰国である。
何故、ジェンキンス氏は日本へ来ることに躊躇したか。それは、脱走兵として法の裁き
を恐れたからである。欧米人は、それだけ‘法’意識が強い。

日本人なら、あれだけ北朝鮮に拘留されていたんだから、エエじゃないか〜というのが
本音だろう。欧米では、そんなに甘くない。

このスレは、政治思想のスレだから、この問題を、もっと真剣に考えても良いのではないか。


526 ::04/05/28 19:57 ID:wiwNdaIf
欧米の法意識の根源は、ユダヤ教の‘律法’にあるのではなかろうか。

527 ::04/05/28 22:51 ID:8nQZdUzQ
「契約」の思想は、ユダヤ教から来たものである。

528 :右や左の名無し様:04/05/28 23:04 ID:xYVH9NUM
>>523
政治が悪いままで社会が良くなるわけ無いだろ(w

529 ::04/05/28 23:12 ID:8nQZdUzQ
何事につけ、“政治が悪い!”と、言っておけば、無難だ〜という風潮が
日本人に根付いている。一種の「甘え」だ。

530 :右や左の名無し様:04/05/29 02:20 ID:oA9nK5/d
政治が良くなる事はこの国ではありえない。
国家が存在する限り人類が幸福になる事はない。


531 :右や左の名無し様:04/05/29 02:28 ID:???
>>530
よっ、アナーキスト。
530は死なないかぎり幸福にはなれない。

532 :右や左の名無し様:04/05/29 10:59 ID:NtzbBkIB
>>529
政治が悪いといっても政権交代が全然起こらないじゃん(w
日本人は政治に関心がないんだよ。
社会を良くするには政治を変えるしかないのに。

533 :右や左の名無し様:04/05/29 13:19 ID:oPA0CfeE
俺は確かに無政府主義だが
社会の歯車から外れた自由人だから結構幸福だぜ。残念だったな531!
おまえも早くドロップアウトしろよ。気楽だぜ。


534 :裸の猿:04/05/29 13:26 ID:wmb78Vx5
思想って一体何なんだ?妄想のなかまか?

535 :右や左の名無し様:04/05/29 13:42 ID:???
推定年齢67歳無職

536 :右や左の名無し様:04/06/02 02:08 ID:CCkpub5k
 

537 :右や左の名無し様:04/06/02 03:10 ID:???
今のところは、自由民主主義で問題なかろう

538 :右や左の名無し様:04/06/03 00:53 ID:nGLrSq9n
自由民主主義も様々なタイプがあるよ。
社会民主主義から市場主義まで。
アメリカ型、北欧型、日本型 

俺は北欧型が一番優れてると思ってるけどね。

539 :右や左の名無し様:04/06/04 01:48 ID:???
日本でもっとも優れた思想は「刑法」ですな。
「刑法」は現代のバイブル。
暗記するまで読みこなしましょう。
なぜかって?

そんなこと、わかってるくせに。。。

540 ::04/06/06 10:01 ID:6rU9hbfD
宮武外骨と言う人物がいた。
ミヤタケ・ガイコツ。トボネとも言う。岩波:『広辞苑』では
「ミヤタケ・ガイコツ」で載っている。
明治22年、明治大帝が憲法を発布した。その写真をもじって、
‘骸骨=外骨’が頓知研法発布式のパロディ絵図を「頓知協会雑誌」
に載せた。彼は不敬罪で、3年間もブタバコに放り込まれた。
刑法とは、こんなもんだ。

541 :右や左の名無し様:04/06/06 10:06 ID:???
いーんじゃね?
変わり者に媚び売ってたら国家社会は立ち行かんよ

投獄のリスク侵して堂々としてたからガイコツも尊敬されたんだろうし
まいずれにしても、刑法は思想じゃない罠

542 ::04/06/06 10:17 ID:6rU9hbfD
日本のパロディとしては、これが最高だ。森村泰昌も及ぶまい。

543 ::04/06/06 10:19 ID:6rU9hbfD
これこそ、「思想」だ。

544 :右や左の名無し様:04/06/06 10:22 ID:???
ガイコツが「思想」になって
お堅い出版社から研究書まで出るようになって

たくガイコツ頃すにゃ刑法なんざイラナイやねw

545 :右や左の名無し様:04/06/06 11:27 ID:???
「これをもっとも優れた思想」と決めつける事は
それこそ最も危険な思想。

この世に「最も優れた思想」など無い。



546 :右や左の名無し様:04/06/06 14:43 ID:px661xwu
それは545の頭の中に最も優れている思想が存在しないから。

ある思想を最も優れていると思う事じたいは何も危険ではない。

他の思想を認めないことが危険なんだ。

547 ::04/06/07 20:56 ID:+PmB8OaH
それは“神々の闘争だ”と、言ったマックス・ヴェーバーの思想が、「最高」。

548 :右や左の名無し様:04/06/07 21:08 ID:???
それはウェーバーが怒るでしょう
>「マックス・ヴェーバーの思想」

職業としての政治、職業としての学問など
若者向けの講演で炸裂する
ウェーバーの挑発的かつストイックな話術は嫌いじゃないけどさ

最高?
悪い冗談w

186 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)