5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

食い物は大事! 「農業」を騙ろう

1 :日出づる処の名無し:04/01/10 21:08 ID:+jPrRqYb

やっぱ基本は食料でしょ
周辺諸国と渡り合う上でもすごい大事
自由に語り合え、原則age進行です

一、食料自給率、諸外国の状況、国家政策、法人化等マニアな話=歓迎
一、我が家の家庭菜園自慢=大歓迎
一、単なる食い物ネタ=(゚д゚)ウマー
一、荒らしでも書き込んでくれる人=それなりに歓迎
一、実況は実況板で

136 :日出づる処の名無し:04/01/19 23:07 ID:o0+OeeEc
>>135
んだ、んだ。
スレ違いは帰えれ!!


137 :日出づる処の名無し:04/01/19 23:34 ID:z6KzmszO
んだば、農業の話で。

ハニーバンタムを食べるのはやめよう!

138 :日出づる処の名無し:04/01/19 23:36 ID:UVkrqXOd
ハニーバンタムって何だっけ?

139 :同期の桜@極東 ◆DoukiJieKQ :04/01/19 23:49 ID:OR8KQJWs
大豆と小麦の自給率をどうにかしる!

140 :日出づる処の名無し:04/01/19 23:53 ID:z6KzmszO
>>138
ごめん、トウモロコシだ。

141 :日出づる処の名無し:04/01/20 01:08 ID:9FGJVte0
トウキビって言え。

142 : ◆163Cm7QiIw :04/01/20 09:48 ID:RYTwCDYs
玄人はとうきびだな

143 :日出づる処の名無し:04/01/20 20:28 ID:M4e3Bwvl
とうきびの芯ってくえたっけ?

144 :日出づる処の名無し:04/01/20 20:47 ID:lfYkqDe3
>>140
あ、トウモロコシの品種ね。
>>141
で、北海道ではトウキビって言うのね。

145 :日出づる処の名無し:04/01/20 20:50 ID:XmUA+83W
トウモロコシばっかり作ってると土地が枯れちゃうんでしょ?

146 : ◆I8NA0FaViA :04/01/20 21:04 ID:MXzpUGjU
>>145
そのせいで、北朝鮮の土地は枯れちゃったし(w
それ以外にも、ジャガイモもナスも連作が効かない。

まぁあの国は「主体農法」などという愚行を実行してしまった
アホだから飢餓はある意味自業自得だけど、イネが連作可能な
作物なのは、日本という土地の気候ともあいまって、日本人が
生き延びていけた重要な要素ではあるな。

147 :日出づる処の名無し:04/01/20 21:33 ID:Q4/uPvhA
連作可能なのは正直コメぐらい。
それ以外は数年に一度は休耕したり、クローバーを育てたりして地力を回復させないといけない。
ヨーロッパで昔三圃式農業が行われていたのも連作障害を防ぐ為なのが大きかった。
ただ、土地あたりの収量をあげなくてはいけない日本では、ロスが大きすぎるやり方なのよね。コレ。

以前、フィリピン等の東南アジアで行われたいわゆる「緑の革命」も、
連作障害等の影響があって、10年ぐらいで頓挫したという話もある。
それは下記リンク参照
ttp://www.kahoku.co.jp/oryza/961220z2.htm
ココに出てくるコメは「陸稲」だから連作障害がある。
だから、一昔から「持続可能農業」ってのが叫ばれている。

日本でのコメはココ100年の品種改良や土地改良のおかげで持続可能農業になったのに、
日本人の嗜好の変化のおかげで、過剰供給に陥ってしまった切なさ。

148 :斜め読み ◆ddCcroSSko :04/01/20 21:37 ID:oJMyY6Td
>147
米が連作可能なのは、品種改良によるものではなく、水田という形式によるものです。
弥生期・・・とまではいいませんが、奈良時代の水田にてえんえんと1000年以上連作を続けていた例もあります。
水に浸すことで、養分の交換が行われるといわれているなど、はっきりとした証明が行われているわけではありませんが。

収量が増えたのが、品種改良や化学肥料などの技術革新によるものというのは、僕も同意ですが。

149 :147:04/01/20 21:51 ID:Q4/uPvhA
>>148
それは了解済みです。
だからこそ、>>147で、 >ココに出てくるコメは「陸稲」だから連作障害がある と注釈を入れたわけで。


日本におけるコメの品種改良で一番凄い点は、
本来熱帯性植物であるコメを北海道でも作れるようにした事だと思うわけですよ。
100年前ではコメが全く作れなかった地域が、今では日本一の米穀地帯になったって、
凄いの一言に尽きると思いませんか?

150 :斜め読み ◆ddCcroSSko :04/01/20 21:56 ID:oJMyY6Td
>147
それは、失礼しました。
ちなみに、貴方の意見には全面的に賛成でもあります。

個人的に、日本の育種学の分野は、非常に優れているとは思っています。
植物に限らず、牛や豚の分野も含めて、です。

もっとも、これらの遺伝子商品すら、しばしばぱくられているのが現状なのですが・・・。

151 :147:04/01/20 22:01 ID:Q4/uPvhA
コシヒカリの特許があぶない!というニュースがあったね。そう言えば。。。
日本人は、こういう点でのガードが弱いのが困りもの。 お人よしな民族性がアダになりまくり。

152 :斜め読み ◆ddCcroSSko :04/01/20 22:04 ID:oJMyY6Td
>151
江戸時代なんか、市場で種を交換していたらしいですしね・・・。
基本的に、のんびりしたものです。

で、周辺諸国といえば、著作権という概念がないことで有名な国々・・・。

153 :日出づる処の名無し:04/01/20 22:37 ID:KjWKDZMT
>>147 >>148
陸稲栽培だと表土の流出がひどいと聞いた事があるな、たしか。

小麦も土地を痩せさせるので、刈入れが終わった畑は休耕地にして牛を放牧したりして
いますね。

154 : ◆163Cm7QiIw :04/01/20 22:39 ID:RYTwCDYs
トウキビは九州の某地方でもイパーン的だが

水田はむしろ時が立つほど成熟して、収量上がってきた歴史があるしね
江戸時代を通して全体の平均収率はあまり変わってないが、
それは開墾されたばかりの新田が平均を下げ続けただけで、既存の水田の収率は確実に上がっていったようだし
栽培技術が発展したのも大きいだろうが、新田より熟田の方が収率がいいのは確かのよう
ちなみに江戸後期には一部の先進的農家の元では、今の収率にも匹敵する程の高収率の栽培が行われていたようだね

155 :斜め読み ◆ddCcroSSko :04/01/20 22:44 ID:oJMyY6Td
水稲マンセーになる前に、一応釘も刺して起きましょうか。

ただ、この水稲という植物、はっきり言って非常識なほどの水が必要となります。
世界屈指の多雨地帯である日本で、しかも数々の土木工事を積み重ねた結果ここまで可能になっているだけです、っと。

156 : ◆I8NA0FaViA :04/01/20 22:48 ID:MXzpUGjU
>>152
>で、周辺諸国といえば、著作権という概念がないことで有名な国々・・・

タネの作れない「ハイブリッドライス」を、日本でも作りましょう!
で、周辺国にはその種子を売る、と。
(あぁ、自分で書いてて悪魔的というか、イヤらしい戦略だ…。_| ̄|○
でもこのネタ、似たようなのをあの『星新一』も小説で書いてたんだよな。)

157 : ◆163Cm7QiIw :04/01/20 22:56 ID:RYTwCDYs
水稲ってのは一種の水耕栽培とも取れるからね

158 :日出づる処の名無し:04/01/20 22:58 ID:KjWKDZMT
>>155
なるほど。
江戸時代の水路の技術で、たった数十cmの高さで数十キロをカバーするという
のがあったね。

159 :日出づる処の名無し:04/01/20 22:58 ID:ndKCCzM5
>>156
繁栄の花、ですな。
あれはタネが作れないわけではありませんでしたが。

160 :日出づる処の名無し:04/01/20 22:59 ID:KjWKDZMT
>>156
確か遺伝組み換え作物にはタネが取れない上に専用の農薬や肥料がいるていう
凶悪なのなかったっけ。

161 :日出づる処の名無し:04/01/20 23:07 ID:JMM+JnQo
スレの流れも農業の実体も考えずに書きもんでみると、北海道の稲作をこのさい全部やめて、あの広大な所で大豆や麦といった穀物の栽培したらなあ・・・とか思ってしまう。
稲はもともと南方の植物だっていうのに、無理に品種改良を重ねてあんな寒いところでつくらんでも・・・
それに北海道の大量の米の収穫量を埋めるために、本土で休田にしてるところをまた開く必要性もできていいことでは。。。と。

もちろん田を畑に変えるのにどれだけ莫大なコストや労力がかかるかというのは漏れは考えてないが。

162 :日出づる処の名無し:04/01/20 23:07 ID:5/kR4dA9
>>156
あのう・・・。もう、アメリカにやられてるんですけど・・・。
例えばほうれん草。
日本の在来種は赤紫色で葉がギザギザで地面にへばり付くように生えるので
人気が無くなり、アメリカの品種に市場を奪われてしまった。で、そのほうれん草は
種が出来ない(芽が出ない種が出来るだったかな?)と・・・。
とうもろこしなんかは言わずもがな。家畜の飼料用のとうもろこし位しか種が蒔けない。
ちなみにこのようなアメリカの他国輸出用の種の名前には大陸弾道弾の
「アトラス」「タイタン」の名前が堂々と付けられていたりします。
なんか、ここまで開き直られると、いっそ清清しい気がするのが不思議ですね。

163 :日出づる処の名無し:04/01/21 00:29 ID:8TgDeKzN
>>161

基本的に日本で栽培される小麦はパンの原料としては不適当です、つーか北海道の季候ですら小麦栽培に向いているとは限らない
だから小麦作っても用途があるかは怪しい
後北海道の田んぼを畑に変えたとしても自給率的に大豆は劇的には増えないと思います、大豆は単収があんまり多くない+連作しないといけない
まあ他にも色々あるんですが、農家としても経営があるので自給率を上げるのはやっぱり大変なんですな

164 :137:04/01/21 00:39 ID:USWNrCdv
>>162
ハニーバンタムを食べるのをやめよう!
と言ったのはそのへんにある。
ハニーバンタムは一代雑種なので種子ができない。
弱った事に収穫量が他の品種と比べて3割がた多く採れ、
しかも甘くておいしいときたもんだ。
という訳で日本の食用トウモロコシ(標準語でいくべ)は殆どがこれになってしまった。
で、当然種子は全部アメリカからの輸入に頼るしかない。
実は中国もこれをやられている。
ああいう国なので収穫量を前年より落とすわけにはいかないから一度始めたらやめられない。
おまけに前に書いてくれた人もいるけど、栽培で土が極端に痩せるため大量の肥料を
必要とされ、それも全量アメリカからの輸入となっている。
アメリカの食料による世界支配は確実に進んでるね。

165 :137:04/01/21 00:45 ID:USWNrCdv
>>163
と言うか、米は作物として優秀過ぎる。(w
アジアが巨大な人口をかかえてるのは米のおかげだな。
なんせ単位面積あたりで比較すると小麦の3倍とれるから。
おまけに日本の場合国が値段を保証してくれるんだから一度やったらやめられまへん。

166 :日出づる処の名無し:04/01/21 02:33 ID:EOQ9KMDP
age

167 : ◆I8NA0FaViA :04/01/21 09:44 ID:+iCiDRWP
>>162 >>164
そ、そうでしたか。(汗
NHKあたりは昔のNHK特集でこのテのネタをやってたのに、
今の日本のマスコミは、なんでこういう「食の根幹」に関わる
真実を伝えようとしないのだ…(鬱

168 :日出づる処の名無し:04/01/21 11:22 ID:350jFDyk
私は昔の根っこが赤いほうれん草が好きだよ。
今じゃ一部の農家が作っている程度で近所では買えないのがいかんともしがたい。

百貨店でたまに見かけたときは必ず買っているんだけどね。
高いけどうまいし、何よりこれが買える限り品種として絶滅してない証でもあるし。
作ってくれる農家に感謝しながら食べるのも良い物だよ。(どんなものでも感謝してる、「頂きます」と言う食事の挨拶は作り手に向けた物だとしつけられてるし)


169 :日出づる処の名無し:04/01/21 11:51 ID:R0xvap7/
こうしてみると祖父が農家やってる俺はめちゃくちゃ恵まれてるんだなぁ・・・
いつも食べてる野菜もその辺で売ってるのと味が全然違うし
その「根っこが赤いほうれん草」もいつも食べてるよ。

170 :日出づる処の名無し:04/01/21 12:12 ID:CcOVbGpg
「根っこが赤い」ってのはアントシアニンだね。
今はやりのポリフェノール人気に便乗して
人気復活できないかな…みのもんたに音頭をとらせれば
いけると思うんだが。

171 :日出づる処の名無し:04/01/21 20:52 ID:Glz/FN9V
>>106
> そー言えば昔、減反政策なんて百姓いじめがあった様な覚えが有るんだが…。

いじめじゃないよ。
国が買い上げるのを止めて、自由競争に任せて、米の値段が下がるのに任せる方法もあったわけで。
そうなった場合、まずい米しか作れない農家は、首をくくるしかないけど。
都市生活者からすれば、土地を遊ばせて置くだけで税金がばら撒かれる制度は、腹が立つ。
食料の安定供給という大義名分があっても、結局は米価を高値安定させるための政策だった。


172 :斜め読み ◆ddCcroSSko :04/01/21 21:34 ID:ibpBWLk4
そ〜いえば、緑の革命の主役もハイブリッドライスだったと聞いた記憶があるのですが・・・。
で、この当たりのコストが高いのが、革命の最大の問題点になったとか、かんとか。

大学時代に不真面目に聞いていた授業の話しなんで、どこまで信憑性があるのか・・・。

173 :日出づる処の名無し:04/01/21 21:41 ID:VH0mc3ha
昔は、コメに関しては食糧管理法の元、徹底した保護政策をしていたからね。
コメをほぼ無条件で政府が買い上げてあげるかわりに、
政策としてのコメの減反を行う事でコメの生産調整をする必要があったのは仕方なき事かと。

174 :日出づる処の名無し:04/01/21 21:47 ID:1nWmRJri
米が過剰に余るという現実があった以上
何らかの変革が必要だったのは事実でしょうな
あのやり方がベストだったかどうかはわからないが

175 :日出づる処の名無し:04/01/21 21:49 ID:Glz/FN9V
>>167
> 今の日本のマスコミは、なんでこういう「食の根幹」に関わる
> 真実を伝えようとしないのだ…(鬱

あまりにも酷い、日本農政の惨状が白日にさらされるから。
農協ローンでトラクターを買った爺ちゃん婆ちゃんが、農協から渡された暦に従って田植えを行い、
農協推奨の薬と化学肥料をばら撒き、政府によって保障された価格で米を売る。

ブランドが定着して儲かる米作りが成り立つ地方は、違う光景が見れるけど、多くの米作農家の実情はこんな物。
創意工夫で付加価値を高めるより、どうやって助成金を得るか、知恵を絞るのが仕事になってしまっている。

土地に執着している老人たちが死に絶える時、日本の農業も共に死に絶えるのか、それとも大規模化という
新しい出発点に立つことができるのかは、未だに不明。
先祖代々の土地を荒地にするよりはと、知人に土地を貸して耕作してもらう事例も増えてるから。

日本の農業が生き残るためのキーワードは、ブランド化と、大規模化。
真の意味での農業のプロが育たないと、先は暗いよ。

176 :日出づる処の名無し:04/01/21 22:10 ID:1nWmRJri
>>175
そういうのはいわゆる第二種兼業農家じゃないかな
助成金もそんなに直でもらえるのって、少ない気がするが

177 :日出づる処の名無し:04/01/21 22:12 ID:VH0mc3ha
>>175が書かれているような事はそこら中で見かける気が。
農協の弊害は、ここ数年で散々言われている事だしね。
これもコメの保護政策の弊害。


ちなみに大規模化の実験はそこら中でやっているが、成功例って聞いた事がない。
コメは大規模化したところで減反喰らって大規模化できないという意味不明な事例を聞いた事がある。
まぁ、今更コメを大規模化したところで意味がないと思う。
値段が高かろうが「こしひかり」って書いてありゃ消費者買うし。
そうすぐに外国産米が国産米にキャッチアップできるとは思えないし、
外国産米の低価格には国産米がどんなに頑張っても勝てないしね。

それよりも、コメ以外の品目(特に小麦と大豆)を日本で生産できるような環境作りが重要。
まぁ、品種改良で日本向けの品種が出来るまで待機せざるを得ない気がしなくもないが。

178 :日出づる処の名無し:04/01/21 22:25 ID:VH0mc3ha
成功例が聞いた事がないってのは、
現時点で日本で出来る「大規模」ではたかがしれているから、ってのもあるかもしれないけど、
「コメが余っている」という現実と「コメぐらいしか日本型大量生産技術が育ってない」現状では、
大規模化は当面不可能だと思う。
アメリカのような生産方法は日本じゃあ夢のまた夢だしね。。。
土地・平野が狭い日本の切なさ。

179 :日出づる処の名無し:04/01/21 22:27 ID:VR7x4pKJ
品質を極限まで高めて最高級品を世界に売ろう!!

180 :斜め読み ◆ddCcroSSko :04/01/21 22:30 ID:ibpBWLk4
>179
売れるかどうかは別物ですがね。
実際、その方向性に進む農家は多いそうですけど・・・。

181 :日出づる処の名無し:04/01/21 22:42 ID:VH0mc3ha
高級化で思い出した話。


一昔前、牛肉の貿易自由化が決まった時、
一部の日本の畜産業者で生産牛の高級化の動きが加速したんだって。
これからは、安い外国産牛肉と高級和牛の二極化が進み、
高級牛肉を作るしか、日本の畜産業は生きていけないからと。


実際は、「国産牛肉」ってだけで十分外国産牛肉と差別化が出来て、
国産牛肉に予想されたほどのダメージをこうむる事がなかった。
また、高級和牛の需要が突然伸びるわけがなく、
高級和牛生産に切り替えた業者は大損したんだってさ。

182 :日出づる処の名無し:04/01/21 23:17 ID:pSvT0Ca2
>>181
何のかんの言っても牛肉は国産のシェアが50%弱あるもんね。

米に関して言えば、法人が農地をもてるようにならんと何ともならんと思う。
現在農地を購入できるのは農業を営んでいる人間だけなので新参者は個人でさえ農地を持てない。
これでは新しい風のはいりようがないわい。

183 :日出づる処の名無し:04/01/21 23:49 ID:Glz/FN9V
高級化の代名詞といえば、やっぱり果物!
大きさ、色、形、香りに糖度の高さ。
偏執狂的な手間と工夫の末に生み出される究極の産物。

狭い農地で、生計維持に必要な金を稼ぐのには向いている。
おまけに、大規模生産がメインの外国では真似のできない分野だし。

ただ、カロリーベース換算での食料自給率の維持と言う、国家戦略の前では大きな価値が無いんですよね。

米生産が、絶対に死守すべきものなのかどうかも含めて、色々考える必要があると思う。

184 :日出づる処の名無し:04/01/22 01:55 ID:uckskLYI
果物は嗜好品だから、こういう話をする時にはあまり重要度が高くないけど、
実は日本農業を支える重要品目の一つですね。
ちょっと前にやっていたプロジェクトXで、りんご「ふじ」を取り扱っていたんだけど、
それを見て結構感動した。

185 :日出づる処の名無し:04/01/22 02:58 ID:Rl4IS0ZL
まぁ俺は何を隠そう某旧帝大の農経の学生なんだけど、なんだかんだいって結局
普通の民間就職さ。
そりゃ出来れば自分の学んだことを生かして農業関連のところに就職したいとも、
思うんだけど、なんにせよあんまりそういうところって少ないんだよね。
公務員かJAかぐらい。
そりゃ公務員にもJAにもいろいろあるけどさ。
俺みたいな結局民間に行く農経学生は沢山いるよー。
ま、一応農協関係は一通り受けるけどね。
日本の農業をなんとかしたいと思ってわざわざ数学VCまでやって国立理系の
農学部に入ったのになんかなぁ。
ただこのスレには僕と同じように農業をほんとに大切だと思ってくれる方が多くてうれしいです。


186 :日出づる処の名無し:04/01/22 04:40 ID:1FPcDtR3
ども。
自分ちは、代々農家をやっているんだよね。(米作がメイン)
いずれ土地、まぁ田んぼや畑が自分のものになるんだけど、
自分は今、東京で農業とはまったく関係ない仕事をしてる。
そういう地方出身者って、結構いると思うんだ。
実家の事、いずれ継がねば考えてはいるけど、やっていけるのかとか、
そういう心配をしている人の事ね。
もちろん自分もそうで、色々考えているところ。
このスレの話はとても参考になるよ。

農業従事者だけでなく、逆にその作物を買う方々の話をもっと聞きたい。
自分達がこういう内容だったら、スーパーで手に取るとかさ?
あと、旧帝大の農経の人が書き込んでいたけど、今の農業の流れが
大学・企業の研究レベルでどのへんまで行われているのかとか聞きたいね。

今二十代だけど、自分達の世代が農業においてブレイクスルーを
おこさなければならないのではないかとも考えてる。
そう簡単にいくものではないのはわかっているけどね。
長文ゴメンね。

187 :日出づる処の名無し:04/01/22 15:31 ID:pLTIUXT7
>>186
> 農業従事者だけでなく、逆にその作物を買う方々の話をもっと聞きたい。
> 自分達がこういう内容だったら、スーパーで手に取るとかさ?

形が良くて、美味なもの。
それでいて、無農薬有機栽培が良い。
もちろん、価格は安くしてね。
全て相反する要素で、実現不能です。(w
結局、判りやすい見た目と価格を良くして、誇大広告にならない程度のイメージ戦略を付加。


> あと、旧帝大の農経の人が書き込んでいたけど、今の農業の流れが
> 大学・企業の研究レベルでどのへんまで行われているのかとか聞きたいね。

研究室の実情はわからないけど、一般の大学は想像以上に泥臭いレベルだよ。
肥料や飼料の配合を変えて、代謝や育ち具合の変化を比べてみるとか。
微量元素の欠乏が与える影響は、素人が思っている以上に甚大な結果をもたらすから、馬鹿にできない研究だけどね。

遺伝子改良に取り組むのは、ごく一部。
植物の細胞融合程度なら、高校生にもできる技術なんだけど、副作用が怖いから厳重な制約が必要な技術です。
なにしろ食品を作るわけだから、食べた人がアレルギーでショック死でもしようものなら、遺伝子工学自体に致命的な悪影響を与えてしまいます。
隔離された施設を作って、影響を見極めながら慎重に研究する必要があります。

結果を知ろうとしたら、育てる必要がある訳で、稲とか野菜で半年〜1年、果物なら接木をしても2,3年。
動物なら成獣になるのを待つ事になります。
革新的な改良を加えた場合、食物としての適性を調べるなら、動物実験などで5〜10年程度は覚悟する必要があるでしょう。

そのような事情がありますので、劇的な成果は期待できません。
進化を10倍に促進しても、数千、数万年単位で積み上げてきた先人の実績を越すには数百、数千年の年月が必要です。
100年後にはもっと効率よく改良できるようになってるとは思うけどね。


188 :日出づる処の名無し:04/01/22 16:04 ID:pLTIUXT7
稲作を例に取れば、品種改良で栽培北限が広がったというのは、大きな要素なのですが、田植え機の発明や、
農薬、肥料の化学合成技術のほうが、より大きな貢献をしてます。

作物の改良で潜在能力を100から110に上げるより、40%の効率から80%の効率にするほうが、役に立ちます。
通常の3倍の能力を持つ種を買っても、育てる人が下手糞なら、能力を生かせません。
大学の先生は、学校の周辺の研究農場しか見てませんので、実際の農場でのノウハウを全て知ってるわけじゃないんです。
病害虫の発生条件を教えることはできますけど、予防、駆除は農家の中の人の腕に掛かってます。

189 :日出づる処の名無し:04/01/22 16:32 ID:tFoTM90X
農業従事者自身がかなり物知りになる必要があると。

190 :日出づる処の名無し:04/01/22 20:37 ID:8PLSIcao
1年程前にこういうスレが立っていたが
ttp://tmp.2ch.net/test/r./asia/1048986321/
>日本より無断に持ち出された種苗が、ある国で栽培されている。
>トチオトメ等日本の種苗として登録されている。
>日本では、種苗法http://www.maff.go.jp/soshiki/nousan/syubyou/syubyouhou-new.htm
>で保護された知的財産の1つである。
>しかし、ある国では、この法律は日本とは大きく異なる。ある国からの輸入が
>大きな農業問題である。

韓国の種苗法にあたる種子産業法で、イチゴが今年から保護対象作物なり、国内のイチゴ育成者が
登録申請を準備中である。登録されれば韓国での無断栽培や日本への輸出に規制がかけられる。
韓国では「レッドパール」「章姫」「とちおとめ」「さちのか」などが、全体の7割ほどの面積で無断栽培
されていて、日本への輸入実績もあるという。
登録されれば育成者権を得られ、日本に輸出しないことを条件に許諾契約を締結したり、
これまで得られなかった許諾料を徴収できる。
2009年以降全作物を対象にいれて法整備中らしい。既に韓国内に定着してしまった品種についても
権利保護期間は短くなるが申請を受け付けられる。韓国で日本品種が無断で広まったことに対し、
当局に「負い目」があるためと思われる。
海外からの登録には1品種あたり300万円以上の費用がかかるという。
手順は
申請人(韓国在住者か代理人)→出願→方式審査(記載事項をチェック)→出願広告
→特性審査(⇔栽培試験)→登録or拒絶
                       ソース日本農業新聞2004、01、06
記載事項や審査にいちゃもんつけられて登録拒否、申請費のみとられるに変造500ウォン。



191 :日出づる処の名無し:04/01/22 21:20 ID:BPQXRRMf

♪   ∧ ∧ ♪   よ〜く考えよ〜 ♪
    (,・∀・).  ♪   食料は大事だよ〜 ♪
     |つ[|lllll]).      う〜う、う〜う、ううう〜 ♪
   〜|  |
    U U


192 :同期の桜@極東 ◆DoukiJieKQ :04/01/22 23:05 ID:I33AqJl7
見てくれが悪くても別に構わんけどなぁ。
物がしっかりしてれば売ってほしいもんだな。
商品価値なしとかみなされるみたいだけど。

193 :日出づる処の名無し:04/01/22 23:07 ID:JBS0m+/o
>>188
なるほど通常の3倍の速度のザクでも赤く塗装されていないとダメって事か。



                            え?違うって?

194 :日沈む処の名無し:04/01/24 14:50 ID:I83EJnJk
>>191ワラタヨ。


195 :日出づる処の名無し:04/01/24 23:48 ID:apJC1t9r
BSEネタにまつわる怖い話を一つ。
基本的に、安い肉(年をとって潰した乳牛)は危ない。

日に何十リットルも乳を搾るには、高カロリーの食餌と、豊富なカルシウム投与が必須だから。
BSEの原因物質として知られる肉骨粉は、高カロリーでカルシウムたっぷり。その割に安価。
日本国内でも、規制される前は大量に使われていた。特に、乳牛用飼料では。
他にも、感染してから時間が立つほど症状が酷くなるので、年を取ってから潰される乳牛の危険は大きくなる。

ちなみに、国内に関しては、今では騒動後の乳牛しか生きていないから、基本的に大丈夫だと思う。
肉骨粉は魚粉で代用しているから。
コスト対策で、鶏や豚用のものを違法に流用していたら、危険。マジでヤバイ。

あと、環境ホルモンの蓄積問題などもあるし、魚粉が本当に安全かどうかは不明。


んで、今回のアメリカの騒動での動きは、アメリカ政府の発言は全然信用できない。
牛の年齢に関する情報の錯誤(意図的?に若く発表)とか、カナダに責任があるとする一方的な態度。
問題の牛がへたり牛(BSE症状が発症している)だったかどうかの意見も、生産者と政府で食い違っているみたいだし。
問題を軽く見せようとして、必死になっている。

全頭検査に関して日本政府が妥協しそうになったら、大声を出して反対する事を推奨するよ。
安全性は無視。牛丼とマックは安い方がいいってなら、反対する必要はないけどね。


196 :日出づる処の名無し:04/01/25 18:00 ID:BqqkznI+
>>195
マックの牛肉は全量豪州産じゃなかったっけ。

197 :日出づる処の名無し:04/01/25 22:38 ID:9jzdySeJ
>>196
指摘どうもです。
確かに、豪州産ですね。

ただ、アメリカだけがBSEを全頭検査しなきゃならんのは納得できんと、ごねるのは間違いないから、
全く関係ないとは言い切れないと思います。

198 :日出づる処の名無し:04/01/27 07:37 ID:sQb87yYB
かつてカリフォルニアの排ガス規制で日本の4輪・2輪メーカー
は大打撃を受けたけど、その規制をクリアした事で今の日本メーカー
の地位がある。

今回日本はお客さんな訳だから、顧客のニーズに応えられない米国が
食肉を日本に輸出すべきではないし、日本が輸入する必要もない。
ここで圧力に屈してはならない。

大げさな言い方をすれば、ここで妥協したら独立国家でなくなってしまう。

199 :日沈む処の名無し:04/01/27 09:13 ID:jhTP0vI4
サラリーマンの小宇宙、五分間の至福の時は、アメリカの手によって見事に
ブラックッホールへ吸いこまれたな。

200 :日出づる処の名無し:04/01/27 21:25 ID:m64LRaWt
こういうのが出ましたが。

モスバーガー「ニッポンのバーガー 匠味(たくみ)レタス」を発売

モスバーガー」を展開するモスフードサービスは20日、
パンの代わりに約90グラムのレタスの葉で大型の牛肉パティをくるんだ
健康志向の高級バーガー「ニッポンのバーガー 匠味(たくみ)レタス」(580円)を、
30日から全国の410店舗で発売すると発表した。

昨年8月に投入した高級バーガーのシリーズ第2弾で、低カロリーを実現するためパンを不使用。
レタスのほかトマト、タマネギを合わせ計150グラムの野菜を使用し、
牛肉パティは通常の1・8倍だが、340キロカロリーに抑えた。

レタスは契約農家が減農薬で育て、生産者名を書いたカードがついている。
好みに応じて、野菜用ドレッシング、牛肉用のソースをかけて味付けできる。
同時発売の「匠味(たくみ)レタスチーズ」(640円)、現在発売中のシリーズ第1弾の2品と合わせ、
1日1店舗当たり計20食の限定発売。

http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1074594570/

ちと高いね。取り組みはいいが。



201 :日出づる処の名無し:04/01/27 21:41 ID:dflgc3nR
モスは常時うまいけど。
つーか安全な食物が高いって悲しいなぁ・・・

いくら安くても、金払って毒買う気はないけどね

202 :日出づる処の名無し:04/01/28 00:57 ID:vCQH8vne
ライスバーガーつてまだあるの?

203 :日沈む処の名無し:04/01/29 12:07 ID:tA6WhNVg
語れ!


204 :日沈む処の名無し:04/01/29 15:24 ID:tA6WhNVg
↑騙るですた。

205 :日出づる処の名無し:04/01/29 17:12 ID:cwswA2Tb
>>201
安全だから高いのではなくて危険だから安いのであって
モスのあれは正常な値段のような気がします。


206 :日出づる処の名無し:04/01/29 17:18 ID:YFduiTIM
>>202
あるよ。

207 :日沈む処の名無し:04/01/29 18:21 ID:tA6WhNVg
そ〜言えば、モスの経営者が書いた本読んだとき、けっこ〜風評被害とか地回りのイヤガラセとか
イパーイ書いてあったな。

208 :日出づる処の名無し:04/01/30 12:52 ID:6Fnr4/Nl
BSEネタ続き。

日本向けの牛に限っても、全頭に対して検査を行えば、10億ドルの輸出に対して9億ドルの
検査費用がかかることになり、「経済的に意味がない」との試算を示した。

翻訳すると、日本向け牛タン(牛の舌)を採取している牛を全頭検査すると、日本向け市場の売上10億ドル
に対して9億ドル掛かると言う試算だね。(w
子供騙しと言うか…。コメントする気が失せる発表です。
米政府の本音を言えば、海外向けの全頭検査を実施すれば、国内向けも全頭検査せざるを得なくなるから
困る。なんだけどね。

日本はどう対応するんだろうね。
廃乳牛を食わなくて済むようになるから、30月齢以上の牛の禁輸ぐらいはして欲しい。
それか、全頭生体輸入して、検査は国内でやりますょぉ〜。(事実上の禁輸宣言)とか。(w

209 : ◆I8NA0FaViA :04/01/30 21:50 ID:bl2quBOJ
>>200
「とくダネ!」で、小倉氏以下の面々がバリバリ食っておりました。
好評の模様。

210 :日出づる処の名無し:04/01/31 00:55 ID:B+fk2QNq
昨日、NHKで大分の椎茸の事やってた(多分九州だけ)
大分産の椎茸に、中国産混ぜたりする業者が乱立して(混ぜないと屋っていけない状態なくらい)
ブランド価値が低下し、価格が低落したこと
品質の管理、監視を徹底させ、ここ数年また大幅に上がったこと等の内容だった


211 :日出づる処の名無し:04/01/31 03:41 ID:z8mrs8MQ
平成5年米不足=金に物言わせてタイ米かき集める
平成15年米国牛肉輸入停止=吉野家から牛丼が消える

20世紀は石油の時代といわれた。
だが、21世紀は食料の時代と言われている。
小金持ちの日本人には、まだピンと来ないかもしれない。
だが、飯がない時代はもうすぐやってくる。

世界の国の食料自給率:
欧米諸国は120%くらいか。特に仏米はもっと高い。
食料の世紀を予見して農業を重視した結果である。
日本は30%くらい。これは最貧国と同レベル。
中国は100%以上あったが、人口増加で一転して、
輸出国から輸入国へ転じた。
ちなみに韓国は、日本のモノマネ国家なので30%くらい。

食料がないということは、それにつけこまれて、
せびられるってことだ。
日本はが自動車と家電ばかり力入れて、小金稼いで、
ロケットすら飛ばせないのに技術立国気取って、
車家電の輸出のためにアホみたいにドル買って稼いだ金捨てて、
気がつけば得意の車家電で他に追いつかれ、
振り返れば食い物がない。おめでたいよ。




212 : :04/01/31 10:28 ID:zDVZpr6z
>>211
地獄の沙汰もカネ次第って言葉知ってるか?
日本が高値で食料を買うといったら自国民を飢えさせても売る国は
どれだけでもでてくるよ。
食料だって商品なんだから高く買うほうに物は流れる。
資本主義は「売る」より「買う」ほうが強い制度なの。
東西冷戦時代でさえアフガン新興があった時、アメリカはソ連に小麦を禁輸したが
結局国内業者の圧力で廃止せざるを得なかった。
残念ながらこの世はカネを持ってる奴が強い。
例としては観光がキムチを日本に輸出するために国内のキムチが足りなくなり、
安いキムチを中国から輸入せざるを得なくなった、というほうがわかりやすいかな?
韓国は量でいったらキムチの輸入国というワケワカラン状態になっとる。(w

213 : :04/01/31 10:30 ID:zDVZpr6z
>>212
ありゃ、アフガン新興→侵攻に訂正。

214 : :04/01/31 16:22 ID:8GNV/fB6
>>212
そりゃ正論だが、基本的に食糧というのはどこででも作れるもんではない。
だから「自国民を飢えさせても売る国」が
例え自国民を飢えさせたとしても、日本には適正な量の食糧は送れない可能性が高い。
しょせんその国は、
自国民を飢えさせる程度の食糧生産力しか持たないということなのだからね。

つか世界的な問題は食糧生産量というより、食糧生産力の不足にあるんだろ。
生産量だけが問題なら輸入すれば大丈夫なんだが、
生産力不足のほうは金のみでは解決できんからより深刻なんであってね。

215 :日出づる処の名無し:04/02/01 00:11 ID:uZlLWwvf
食糧を輸入に頼っている事で一番怖い点は、
今回の牛・鶏騒ぎのように、何らかの理由で輸入できなくなった時に、にっちもさっちも行かなくなる事。

全牛肉消費量の25%ぐらいを占めていた米国牛が全面禁輸になってこの騒ぎ。
仮に小麦や大豆が大不作やその他の理由で海外から日本に入ってこなくなったら、どうなるでしょうね。
食糧って自然界に大きく影響される、非常に不安定な商品である事を忘れてはいけない。

216 :十七試艦上戦闘機烈風 ◆A7M2.FMVoE :04/02/01 00:45 ID:xy9zYa1z
>>211>>212の半分ずつ同意だな。

俺も21世紀は食料の時代だと思ってる。
地球温暖化の影響だと思うが、地震・噴火の被害というのは以前とあまり変わらないが、
洪水だけが、右上がりで被害が拡大している。当然全世界規模でな。
穀物等の生産は極端に減ると言うことはないと思うが、地域格差と不安定要素が増大して
確実に採れる地域というのが分からなくなる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 
と言うことはいきなり価格が高騰したり、悪いときは物自体がなく売買できなくなると言うことだ。
当然穀物の供給が不安になれば食肉も連動してくる。
当座の金があれば多少は食っていけるが、それは気候次第運次第と言うことになる。

まぁ、日本の社会構造を「良い方向に」変えてくれれば、食糧不足でうろたえてもらうのもありかな、オレ的には。

217 :128:04/02/01 03:01 ID:kfVwXnU5
日本にとって食糧自給とは何か?という展開になってきたと思う。
蒸し返すようで悪いが、米不足でタイ米騒ぎが起こった時って、日本の食事の自給率についての
議論は巻き起こらなかったんだっけか?
俺は、宮路社長の印象がでかすぎて・・
あのころの事何か覚えてたり、感じた事があった人いたらそれも騙ってくれ。
後クレクレ君ばかりだと悪いので・・・
食糧の自給のためには「保管」の要素も大きな問題だと思う。とりあえず内の仕事場の大地主の
理事が言うには「米は精米した状態ではなくてモミを付けたまま保管すれば全然違うのだが・・」
と言っていた。なんだか、流通の関係で精米後に保存しなければならないんだと。
「食いモン確保」の面からみたら、随分無駄なんだってな。
あ、あと「玄米喰ってれば人間は生きていけるけど、玄米は不味いし、消化にも悪い」とも言っていたな。
腸の弱いヤツはすぐ腹を下すらしい。
別の話題では、食生活の変化から最近の日本人の腸の長さが変化したとかしないとか・・
・・・話題がふくらむと良いな・・・。

218 :日沈む処の名無し:04/02/01 07:01 ID:vN2U8p8m
漏れの記憶だとたすか、政府が減反政策を推し進める中、地方自治法か何かを楯にして
減反政策に真っ向から反対してお上に逆らったのが、青森県だったよ〜な…。
それも、現在では裏目に出たと言うか、南部と津軽の10ヘクタール辺りの収穫高(単価)が、
逆転したとか新聞に書いてあった。
根本的に冬の農業を意識し、早くからビニールハウスでの鉢植え栽培などに取り組んで来た所
と林檎栽培に拘り続けた所との違いが出始めた模様。
昨年の米の冷害と台風による林檎の被害で農家の実情はかなり厳しいみたい。
青森林檎のブランドを守ろうとするあまり、冬の農業への取り組みを怠って来たと言う事なのかな。

ち〜とばかし、ローカルですたか。

219 :日出づる処の名無し:04/02/01 07:10 ID:1Dbad/8y

農業も国際競争力と無縁ではない。
国際競争力がない産業が衰退するのは当たり前。
国際競争力を阻害する過剰な保護策を撤廃し、国際競争力をつける努力をせよ。


220 :212:04/02/01 22:47 ID:29TB1aOC
>>214
アフリカ諸国の飢餓問題というのは基本的に輸出して外貨を稼げる
商業作物の増産のために、食糧になる作物をおろそかにしてる点にある。
人災といわれる所以だな。農業で稼がなきゃ他にどうしようもないからね。
だからものすごくイヤな表現なんだけど、今の日本の購買力からすると
世界中が飢餓に陥っても食料を買い付けられるんだよ。
価格が倍、3倍になっても平気で買ってくる余裕があるわけ。
それで相場が暴騰して買えない国がたくさんでてくる羽目になる。
書いてて自分でも気分悪くなるような表現だが。

221 :日出づる処の名無し:04/02/02 01:43 ID:W7/y6Wtm
>>219
別に国際競争力が無くても、国内での競争力があれば問題ないかと。
別に食糧を輸出する必要はないんだし。

>>220
小麦の話をすれば、輸入の殆んどをアメリカ・カナダに頼っているし、
世界市場に出回っている小麦の半数が前述二国の小麦。
仮にこの二国の小麦の輸入が止まればどうなると思う?

食糧と言うのは工業製品のように容易に生産・増産の出来ないものだし、
天候条件やその他害虫・病気等で、生産量が大きく左右されてしまうもの。
BSE・鳥インフルエンザの小麦版みたいのが仮にアメリカ大陸で発生してしまったら、
平成米騒動以上のパニックが起きると思うよ。

222 :日出づる処の名無し:04/02/02 03:00 ID:/BXusEkt
>221
そうそう。小麦なんか典型的な例だけど、日本が農産物の輸入を増やしても
まず先進国が貿易摩擦解消のために輸入枠を持っていく。
発展途上国から買い上げる量が増えるわけじゃない。

>220
>今の日本の購買力からすると
>世界中が飢餓に陥っても食料を買い付けられるんだよ。
>価格が倍、3倍になっても平気で買ってくる余裕があるわけ。

例えば、北朝鮮から食糧を売ってもらうにはどうしたら良いか考えてみよう。
反日国家であることを差し引いても、相場の2倍3倍では済まないだろう。
下手に無駄な金を払って軍事費に回されたら、自国の安全にも影響する。
食糧自給率を上げるのが一番安全かつ経済的で確実だよ。

223 :日出づる処の名無し:04/02/02 09:54 ID:UOkXd713
>>220
日本の主食が小麦なら君の言ってることは正しいだろうね。
しかし、日本で一番大事な食料は米(日本米)。
栽培には大量に水が必要となり、ある程度温暖でなければならない...
これだけで栽培国が限られてしまうよね?
そしてその国がもし日本米を主食としていなかった場合、
その国の主食と日本米の両方を栽培してもらうことになってしまう。
これだけでも厳しい条件でしょ?

個人的な考えとしては、他国に譲れる部分はゆずったほうがいいと思う。
ただし多国間でのリスクマネジメント分散は必須条件とするけど。
そしてゆずれない部分はゆずらないほうがいいと考えてる。
食文化の柱である米、豆、海洋生産物(とその養殖)は自前で生産できたほうがいい。

224 :日出づる処の名無し:04/02/02 18:39 ID:W7/y6Wtm
>>223
現代の日本人の中で「食糧自給」を意識して食事している人間なんてほぼ皆無だよ。
それが出来るんだったら、コメの消費量が一貫して減少するわけがないし、
減反政策なんて愚かな政策もする必要がなかった。

小麦粉の消費量が伸び続けている事実を無視して、コメさえ作っておけばよいという考えは、
はっきり言って旧食糧管理法の体質そのもの。コメ産業が巨大利権化するだけ。

食糧自給率をあげるためには、日本は小麦をそれなりに自給できなくていけない。
小麦を100%自給する必要は流石にないと思うが、約10%しかない現状は打破すべき自体である。



あと、蛇足。
小麦=パンと思っているのかも知れんが、小麦を使う日本固有の食事もあわせていくらでもあるぞ。
代表格はうどん・そば。お好み焼き・もんじゃ焼きにも小麦粉使う。少量だけど、揚げ物にも小麦粉使う。
あと、お菓子に小麦粉を使うものもたくさんあるよね。
これらの業界を海外製品のみに依存させる経済学的リスクも忘れてはいけない。

225 :日出づる処の名無し:04/02/02 18:43 ID:N+ruPReL
この世の楽園改めアジアのジャガイモ王国w

金総書記「北朝鮮をジャガイモ王国に」




 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正日(キム・ジョンイル)総書記は
最大の悩みの一つである「食べること」の解決策を、ジャガイモ生産から見出そうとしている。

 2日、北朝鮮メディアによれば、金総書記は先軍政治を始めた1995年以降、
北朝鮮最大のジャガイモ産地である両江(ヤンガン)道・テホンダン郡を数回も訪れ、
「ジャガイモを生産してこそ、食べることを解決することができる」とし、「アジアのジャガイモ王国建設」という構想を打ち出した。

 また、1999年2月、北朝鮮軍指揮官らと面談した席でも、
「テホンダン郡をジャガイモ生産の見本にし、その経験を一般化して、
近い将来、わが国(北朝鮮)をジャガイモ王国にしようとするのが私の意図であり、決心」と強調した。

チョソン・ドットコム


226 :224:04/02/02 18:51 ID:W7/y6Wtm
>約10%しかない現状は打破すべき自体である。

誤)自体  正)事態    
失敬。

227 :日出づる処の名無し:04/02/02 19:01 ID:Fhracbik
>>225
それ日テレプラス1の北ネタでも見たな。
今こそジャガイモ革命をどうたらこうたらと言ってた。
しかし俺が呆れたのは
マンガ金正日で読んだのだが、あのオッサンはダチョウの養殖にも
力を入れてるんだそうな。なんでも経済難を打開する切り札だとか。
もう笑うしかねーべ・・・

228 :日出づる処の名無し:04/02/02 19:23 ID:QTaAFSQx
いまごろ北の農民は「頼むから余計なこといわんでくれ」って気分だろうな

229 :日沈む処の名無し:04/02/02 21:01 ID:g0s/mmj5
瀕死の北朝鮮経済は、豚キムがよけーな事してくれたお陰で
何時、破綻しても不思議ないし、今月中には再度の食料危機が危ぶまれている
状況下で、総連幹部の「見通しは付いた。」みたいな強気の姿勢って何考えてんだ?


230 :日出づる処の名無し:04/02/02 21:06 ID:Z4RHnZUo
宣伝にきますた^^
『個人で始める経済制裁』
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1068010969/l50

食品の安全性は日本の基準で外国で作られているとはいえない。
危険ですよね。自給自足が一番ですね^^
地方を応援する意味でも、純国産を推進したいですね^^

231 :日出づる処の名無し:04/02/02 21:58 ID:kqAsZRQY
えー、小麦の自給について話題になるとは珍しいですね。今、日本では約80万d
生産されているらしいんですが・・・・。 国際水準で見ればほとんど家畜用
レベルの品質でしてね・・・。 下手に、増産されると・・非常に困るんですが。
ああ、小麦の消費量は560万dぐらいみたいですね・・・食用小麦粉に換算して
350万dってとこかな? ちなみに、米は900万dくらいじゃないかな。
 所詮、小麦は少雨・寒冷地帯の作物ですから、日本のごとくモンスーン地帯
には合わない作物ですな。 飢餓状態になったら、食用も・飼料用も無いかな?


232 :日出づる処の名無し:04/02/02 22:34 ID:ZvtoU6EH
「食糧安保」

ッテ言葉聞こえて来ないネ。

233 :日出づる処の名無し:04/02/02 22:45 ID:LHU0LMRj
>>225
         \      DQNと言えば?         /ナンダコイツハ    コワイモナー     ヒイィィィッ
  ジャガイモ王国         ∧_∧ ∩ジョンイルだろ/ ∧_∧     ∧_∧      ∧_∧
 .    建設だって \      ( ・∀・)ノ______  /  ( ;・∀・)    (; ´Д`)    (´Д`; )
          ∧ ∧\    (入   ⌒\つ  /|. /  ⊂   ⊂ )    ( つ ⊂ )    ( ⊃   ⊃
         (゚Д゚ )_\    ヾヽ  /\⌒)/  |/     〉 〉\\   〉 〉 く く   //( (
     / ̄ ̄∪ ∪ /| .\  || ⌒| ̄ ̄ ̄|    /     (__) (_)  (_.)(_)  (_) (__)
   /∧_∧またですか・・・\    ∧∧∧∧ /             『金正日』
  / (;´∀` )_/       \  <王 ジ ま >朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の総書記。
 || ̄(     つ ||/         \<  ャ  > 国の最大の悩みの一つである「食べること」の解決策を、
 || (_○___)  ||            <国 ガ た >ジャガイモ生産から見出そうとしている。
――――――――――――――― <  イ  >―――――――――――――――――――――
         ∧_∧アジアの    .<か モ  >    ∧_∧プッ ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ( ;´∀`) ジャガイモ王国… ∨∨∨∨\   ( ´∀`)  (´∀` )< 北朝鮮人必死だな(藁
    _____(つ_ と)___       ./        \ (    )__(    )  \_______
 . / \        ___ \アヒャ  /  ∧_∧  金 ∧_∧   ∧_∧  ̄ ̄ ̄/.//|
 .<\※ \____.|i\___ヽ.アヒャ ./γ(⌒)・∀・ ) 正 \   ;) (     ;)   / ┃| |
  ヽ\ ※ ※ ※|i i|.====B|i.ヽ  /(YYて)ノ   ノ  日  \↑ ̄ ̄↑\)_/     |__|/
    \`ー──-.|\.|___|__◎_|_.i‐>/ \  ̄ ̄ ̄ ̄\め    北朝鮮人  | | ┃

234 :日出づる処の名無し:04/02/02 22:46 ID:LHU0LMRj
>>225
         \      両江道と言えば?       /ナンダコイツハ    コワイモナー     ヒイィィィッ
 北チョンが    \        ∧_∧ ∩ ポテトだろ! /  ∧_∧     ∧_∧      ∧_∧
ジャガイモ王国  \      ( ・∀・)ノ______  /  ( ;・∀・)    (; ´Д`)    (´Д`; )
     だって ∧_∧\    (入   ⌒\つ  /|. /  ⊂   ⊂ )    ( つ ⊂ )    ( ⊃   ⊃
         (゚Д゚ )_\    ヾヽ  /\⌒)/  |/     〉 〉\\   〉 〉 く く   //( (
     / ̄ ̄∪ ∪ /| .\  || ⌒| ̄ ̄ ̄|    /     (__) (_)  (_.)(_)  (_) (__)
   /∧_∧またですか・・・\    ∧∧∧∧ /      『朝鮮民主主義人民共和国』
  / (;´∀` )_/       \  < 王 ま > 何の因果かジャガイモ王国として決められた国。総書記は金正日。
 || ̄(     つ ||/         \< 国 た>スポーツマンでも拉致できる拉致の国だが、そんな事知ってる人は日本以外の国では少ない。
 || (_○___)  ||            < か ジ> 「アジアのジャガイモ王国建設」は、金正日史上に残る名言として知られている。
――――――――――――――― .<    ャ >―――――――――――――――――――――

235 :日出づる処の名無し:04/02/02 22:47 ID:LHU0LMRj
          ,__            <   ガ>
          B■∧            <   イ>     ∧_∧プッ  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          (*゚Д゚)  イキタイ・・・    <  モ>\   ( ´∀`)  (´∀` )< 朝鮮民必死だな(藁
    _______( つと)___       .∨∨∨∨  \ (    )__(    ) \_______
 . / \        ___ \近い将来 ∧_∧  金 ∧_∧   ∧_∧  ̄ ̄ ̄/.//|
 .<\※ \____.|i\__わが国をジry(⌒)・∀・ ) 正 \   ;) (     ;)   / ┃| |
  ヽ\ ※ ※ ※|i i|.====B|i.ヽ  /(YYて)ノ   ノ 日   \↑ ̄ ̄↑\)_/    |__|/
    \`ー──-.|\.|___|__◎_|_.i‐>/ \  ̄ ̄ ̄ ̄\め   ジョンイル&イルソン | |   ┃

182 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)